カード遊びで対策

我が家の第一志望校では、毎年よく理科的常識が出題されます。
もっとも洛南のように星座の問題まではさすがに出題されませんが、そうですね・・・生き物とか果物、野菜に関する問題が中心です。
恐らく幼児なら興味を持ってほしい分野として出題するのではないかと思います。
できるだけ、野菜や果物を使って実験しましたっけね。
水に浮くものや沈むもの。
娘に包丁で切らせて、断面がどうなっているかとか。
土の中にできる野菜や土の上にできる野菜は近所の畑に連れて行って見せたこともありました。
その一方で、タブレットの画像や図鑑を活用することもありました。
あと、「ぐりとぐら」シリーズも活用しましたね。

生き物の誕生について今一つピンとこない娘のためにこんなのものを作ってみました。

ネットから画像を拾って、プリントアウトして、パウチしたものです。
要するに絵合わせカードですね。
カブトムシのカードを見て、カブトムシの赤ちゃんと卵はどれ?てな感じで。
この自作の絵合わせカードのおかげで、生き物の赤ちゃんに関する問題はバッチリです。

そうそう
小学校受験では季節に関する問題が定番ですが、季節が苦手というお子さんは意外に多いそうです。
実は、娘も長い間、季節に関する問題が苦手でした。
家庭でも季節の行事はこまめにしていたつもりでしたが、これまた今一つピンときてなかったんでしょうね。
ところが、年長さんに進級した途端に季節に関する問題がパーフェクトになったのです(!)
何故!?どうして!?
成長と共にようやくピンときたのかも知れませんが、季節カードで遊ぶようになったこともパーフェクトになった理由なのかも知れません。

結論:
理科的常識は実際に体験プラス視覚プラスカード遊びが身につきやすい・・・かも。

0