「合格の理由・不合格の原因」あとがき。

ここ一か月前くらいから、こちらのエントリーの閲覧数が増えているっぽい。

http://blog.yodoya.net/aki_yodoya/2016/12/22/%e5%90%88%e6%a0%bc%e3%81%ae%e7%90%86%e7%94%b1%e3%83%bb%e4%b8%8d%e5%90%88%e6%a0%bc%e3%81%ae%e5%8e%9f%e5%9b%a0/

このエントリーをご覧の方の中には、

「何故、他人をdisるような記事をわざわざ書くのか?」
「他人のことなんて放っておけばいいのに」
「他人の不合格をあげつらうなんて底意地が悪い」

などと思われる方もいらっしゃることでしょう。至極ごもっともなご意見ですので反論するつもりは毛頭ございません。

さて・・・

残念な結果となった保護者の中には「どうせ記念受験だし」「今後の糧になるでしょう」とあっけらかんとしている方がおられますが、保護者はそれでいいでしょう。
しかし、お子さんの気持ちはどうなるのですか?
お子さんのショックは大人が思っているより大きいですし、最悪の場合、自己評価が低くなる遠因になりかねません。
小学校受験も中学校受験も不合格のショックは想像以上なのです。
それをまざまざと見せつけたのが、先述のXちゃんでした。
Xちゃんが他人の保護者である私に八つ当たりしたのは、私に気持ちを受け止めてほしかったのではないかと今になって思います。
しかし、Xちゃんの気持ちを受け止めるのは私ではなく、Xママです。
失礼ですが、お子さんの気持ちに向き合えない保護者ほど丁半博打感覚でお受験をしたがるというのが私の印象です。

最後に・・・

私はただの末端ブロガーです。
ですから私の書く記事には何の影響力もありません。
何の影響力もない記事ですが、こうしてネット上に一般公開している以上、誰かが必ず見ていますし、特に当該のエントリーは閲覧数が徐々に増えてきています。
だからこそ声を大にして言いたいです。
保護者はあっけらかんとしていても子どものショックは大きいということを。

【参考リンク】

  1. 記念受験と言う考え方
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です