「勉強が好きだからお受験をさせる」?

何とも好戦的なタイトルで恐縮ですが、それを承知の上で書かせていただきますね。

お子さんを小学校受験させるママさんの中には、「子どもが勉強好きだから小学校を受験させるの」とおっしゃる方が時々おられます。
そう言えば娘が通っていた幼稚園にもそのようなことを仰るママさんがおられました。
そもそも小学校受験ってお勉強好きなお子さんが合格できるものでしょうか?
私の周辺に限ったことかもしれませんが、「子どもが勉強好きだから小学校を受験させるの」などと仰るご家庭ほど残念な結果で終わってます。
それ以前に「子どもが勉強好きだから小学校を受験させるの」などと仰るご家庭のお子さんが合格したという話を一度も聞いたことがありません。

「子どもが勉強好きだから小学校を受験させるの」などと仰るご家庭のお子さんが合格できないのは何故でしょう?

その前に小学校受験における選抜基準についてお話したいと思います。

ペーパー試験を行う理由は、学校の授業についていけるかどうかの判断基準と聞きました。
言ってみれば学校別の知能検査ということではないでしょうか。
しかし、水準を満たしていても態度の悪いお子さんや指示が聞けないお子さん、家庭の躾に問題のあるお子さんを入学させるわけにはいきませんので、そこは行動観察や口頭試問、運動考査などで見極めます。
そして、面接考査でどんなご家庭かを見極めます。
考査や面接の結果を総合して合否が決まる・・・それが小学校受験ではないでしょうか。
更に申し上げると、学校のカラーに合わないお子さんやご家庭は、たとえ水準を満たしていてもご縁がいただけないのが現状です。
考査だけではありません。
日ごろからどれだけ学校の説明会や見学会に参加しているか?(いわゆる「お名前残し」ですね)
家族に学校関係者がいるか?
などが加点対象となることが多々あります。
以上が小学校受験における選抜基準です。
これらの点からおわかりいただけたように、どの私国立小も「お勉強好き」や秀才が欲しくて入学試験で選抜しているわけではありません。

では、ここからようやく本題に入りたいと思います。

「子どもが勉強好きだから小学校を受験させるの」などと仰るご家庭のお子さんが合格できない理由・・・
「子どもが勉強好きだから小学校を受験させるの」などと仰るご家庭ほど、性格や資質上の難点を克服することや年齢相応の躾などの取り組みが後回しになったまま受験されるからではないかと私は思います。
いくら「お勉強が好き」でも面接で聞き取れないほどの小さな声で答えたり終始無言のお子さんは合格できませんし、「お勉強が好き」でも考査での態度が悪いお子さんは合格できません。
以上が「お勉強が好き」なお子さんが合格できない原因ではないかと考えます。
何度も申し上げているように、どの私立小にも学校のカラーや教育方針がありますので、そのカラーや教育方針に一致するお子さん学校の方針がリンクするご家庭が欲しいから考査を行うのです。

お子さんがお勉強好きだから小学校受験をさせると仰る親御さんは今一度小学校受験について振り返ってみてはいかがでしょう。
お勉強以前にもっと大切にするべきことがあるはずだと思います。
今年に考査を控えているご家庭の方もまだ十分に間に合いますから。

年齢相応に躾が身についているはこの本一冊でチェックできます。

じぶんでできるかな? 生活点検ノート

新品価格
¥648から
(2018/2/14 10:58時点)

行動観察や口頭試問、面接対策はこの本を是非ご一読ください!

小学校お受験合格バイブル-第一希望合格率91.6%の実績-

中古価格
¥655から
(2018/2/14 10:59時点)

ご家庭で面接対策をされる方は是非一家に一冊どうですか!

こどもめんせつれんしゅう (点検ノート)

新品価格
¥300から
(2018/2/14 11:01時点)

【参考リンク】
品のある子が受かる!

【こちらも併せてご覧いただけると幸いです】
「特に準備は必要ありません」の真意とは!?
【厳しい話】小学校受験で敬遠されやすい子どもの条件

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です