3年生に向けての学習準備と教材についてのお話。

0

早いものでもう冬休み。そして間もなく三年生に進級。時間が経つのって早いなぁ・・・しみじみ。
そういえば小学生になってから時間が経つのがやたらと早いような気がしなくもありません。
学期末と言えば通知表。
手前みそで恐縮ですが、我が娘はうれしいことに算数が三段階評価中「3」でした(!)。
娘よ!あんたはエライ!!
今学期も本当によく頑張ってましたからね!(←スミマセン!バカ親でw)

で、通知表の話が出たところでここからが本題。

早いもので、もうすぐ三年生になるわけですが・・・
三年生になって戦々恐々としているのが五段階評価の通知表先取り授業
ヒー!!コワイヨコワイヨ((((;゚Д゚))))
まず通知表
娘の学校では三年生以降は五段階評価になります。
「目指せ!オール5!!」とは言わないけど、「大半が3・ところどころ4」だったらそれで十分と考えてますが・・・ダメ?甘い?
何しろ娘の学校では内部進学の必須条件が通知表3以上なので尚更怖いやら心配やら。
通知表と同じくらい戦々恐々としているのが、少しずつ始まる先取り授業
洛南のように極端に学年を超えた先取りはしないにせよ、どれくらいのペースで先取り授業をするのか読めないので、三学期半ば頃から徐々に三年生に向けての準備を始める予定です。
このブログでも何度か話題にしては二転三転しましたが、次の教材で対策することに決めました。

現在、これの二年生版に取り組んでいますが間もなく終了!
実はコレ、娘が最も気に入っている教材だったりします。
基礎を取りこぼさずに済んだのはこの教材のお陰なので、今では基礎強化に欠かせません。

3年生の学習 国語・算数・理科・社会 (学研おうちゼミ)

新品価格
¥3,672から
(2018/12/18 10:39時点)

こちらの二年生版に取り組んでますが、もうすぐ終了。
特に娘は読解力問題につまづきやすい上に読解力の得手不得手が大きいのでこのドリルが役立ちました。
六年生の学習が終わるまでずっと使い続けることに決めました。
音読大事!

小3/特訓ドリル 読解力: ワンランク上の学力をつける!

新品価格
¥778から
(2018/12/18 10:41時点)

二年生では同じシリーズの「チャレンジテスト」が基礎を仕上げるのに役立ちましたが、三年生からはこちらに変更。
直接書き込めるみたいですけど、ノートを使って繰り返し使いたいなぁ。

算数3年 (小学標準問題集)

新品価格
¥972から
(2019/2/26 10:35時点)

国語3年 (小学標準問題集)

新品価格
¥972から
(2019/2/26 10:36時点)

今年もやります「ハイレベ100」!
昨年同様、夏休みから着手する予定です。
特に「国語」が娘にとって相性が合うみたいで、3年生になっても続けたいとのことでした。
算数ではどうしても解けない問題が散見されましたが、後回しにしちゃっても学年をまたいでも全然大丈夫!
時間がかかってもいいから少しずつ歳月をかけてクリアしていけばそれでOK!
以前購入した「ハイクラス」もいいんですけど、やっぱり行き着く先はハイレベ100になっちゃいます。

ハイレベ100小学3年国語

新品価格
¥864から
(2019/4/14 16:28時点)

ハイレベ100小学3年算数

新品価格
¥864から
(2019/4/14 16:29時点)

例によって「うんこ漢字ドリル」。
もう既に取り掛かってます。
漢検対策はこのドリルと過去問だけで十分でした。
ちなみに三年生の一学期中に8級を受験予定。

日本一楽しい漢字ドリル うんこ漢字ドリル 小学3年生

新品価格
¥1,058から
(2018/12/23 11:18時点)

ご存じ!西村先生の「つまづきをなくす」シリーズ。
1080円で三年生まで使えるというコスパ的に申し分なしの問題集です。
二年生の算数では大活躍しましたので、三年生に進級しても引き続き活用します。

つまずきをなくす 小1・2・3 算数 平面図形

新品価格
¥1,080から
(2018/12/19 10:34時点)

四年生~六年生版もあるでよ。

つまずきをなくす 小4・5・6 算数 平面図形

新品価格
¥1,080から
(2019/2/6 10:00時点)

つまずきをなくす 小4・5・6 算数 立体図形

新品価格
¥1,080から
(2019/2/6 10:00時点)

・・・ところで

今回から「教科書ワーク」「教科書ぴったりテスト」は購入しないことにしました。

理由はコレ!



2019年3月から全家研ポピー始めることにしました。
お試し教材を取り寄せましたが、娘との相性が良かったみたいなので早速契約してきました。
まだスタートしていないので何とも言えないですが、まずは半年間様子を見て、継続の可否を決めたいですね。

そもそも何故、全家研ポピーなのか?
外部受験するかもしれないのに何故Z会四谷大塚じゃないのか?
全家研ポピーを選んだ理由は次のとおりです。

  1. お試し教材を見て基礎強化に活用できると思ったから。
  2. 塾と併用しても負担にならないと判断したから。
  3. 教科書準拠版なだけでなく、授業の進度に合わせて教材を用意してくれる上に先取り授業にも対応可能だから。
  4. 娘の学校の副本とテストが「新学社」のものだから。
    要するにポピーを作ってる会社のことね。
  5. ポピー会員の中には私国立小に通うお子さんも多数。
    全家研ポピー=公立小というイメージがありますが、実は意外に私国立小に通うお子さんが多いそうで、特に国立小に通うお子さんが多いとのこと。
    ちなみにポピー会員の中には娘の学校の生徒さんも多数だとか。
  6. 教材に対応した動画授業サービスが使えるから。
  7. 料金が安い!実はこれが一番の理由だったりしてw

私が基礎にこだわる理由は基礎なくして応用はあり得ないと考えているからで、基礎がキチンとできていないことには話にならないんじゃないかなってね。
だったらその基礎をとことんまで強化しようって考えに至ったんですよ。
基礎の強化に最適だと判断したのが全家研ポピーでした。

さて、料金についてですが・・・

ポピーの年間総額が37200円。
「教科書ぴったりテスト」と「教科書ワーク」を国算理社フルセットで購入してら10192円。
どう見ても後者の方が安いですよね。
値段だけでみるとポピーの方が割高に感じられますが、実は割高であって割高ではありません
これだけ教材が充実している上に動画授業は利用できるわ家庭での指導方法についてサポートしてくれるフリーダイヤルがあるわでコスパ的にもお得だと思うんですよ。
まぁ、正直言うと「こころの文庫」はいらないかなw
ただ、前述でも書いたようにまだスタートすらしていませんし、一学期末の成果で継続の可否を決めたいと考えてますので現時点では何とも言えません。
そんなわけで一学期末の成果についてのレポートを書きたいと思いますので乞うご期待(←誰も待ってないってw)。

【参考リンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です