お正月の過ごし方=厄払い・・・かもね

2016年元旦。
小学校受験を目前に控えたお正月は、こんなカンジでした。

玄関にはしめ縄とミニサイズと言えど門松、そして鏡餅。
お雑煮には今まで入れたことがなかったクワイをプラス。ただし、夫と娘から不評だったため最初で最後のクワイでした。
着物を着て近所の神社まで初詣。
お正月を過ぎると、地元のとんどに参加。

ね?お正月らしいでしょ?
ちなみに2017年元旦も同じような過ごし方でした。

こうして今までお正月らしいお正月を過ごしていたというのに・・・

2018年元旦・・・それはそれはヒドイお正月でした。

玄関にはなにもなし。鏡餅すらなし。
お雑煮はどうにか作ったけど、金時ニンジンとお正月大根のみという質素さ。
初詣は行かず。

ね?ヒドイでしょ?

その結果、この年一年は天中殺かってくらい不運の連続でした。いや、ホントに。
お正月をだらしなく過ごしたから歳神様が怒ったのかもしれません。歳神様、本当にごめんなさい!
あれだけ杜撰なお正月の過ごし方をしていれば、そりゃ歳神様も怒るってもんです。

そして心を入れ替えた2019年元旦・・・

玄関には小さいながらもしめ縄を飾ることができましたが、諸事情でミニ門松や鏡餅は飾ることができませんでした。
来年は必ず飾りますから許してください・・・と歳神様にお詫びしました。
お雑煮は金時ニンジンとお正月大根にレンコンをプラス。
久々に着物を着て、とある有名神社に初詣。

どうにかお正月らしいお正月を過ごすことができました。
これで歳神様は許してくださるのだろうか・・・!?

お正月の過ごし方で一年の過ごし方が決まると言えば大袈裟かもしれませんが、何らかの形で左右されることはあるかも知れません。
それを思うとお正月の過ごし方って侮ることはできませんよね。

結論:
お正月は豪華じゃなくてもいいから、ちゃんとお正月らしいお正月を過ごしましょう!
そして初詣には必ず行きましょう。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です