春休みは防災を学ぼう!

春休みなんてとっくに終わってるのにね(笑
というわけで今更ながら春休みをどうすごしたか!?というお話をさせてください。

思い起こせば2年前・・・

卒園から入学式までの期間が本当に長く感じました。
何せ春休みが一ヶ月もありましたからね。
私立小の入学式って割と遅いみたいで、京阪神の私立小の大半が4月10日以降でした。
その間、どう過ごしていたかハッキリ言ってあまり憶えていません(苦笑

そして今・・・

気がつけば中学年に突入し、来年からは遂に中受モードに入ります。ヒ~!コワイヨコワイヨ((;゚Д゚)
しかし、ここで怯えていても仕方ないんでしょうけどね・・・。
てなわけで、春休みは割とチョコマカとお出掛けしたり体験学習めいたことをして過ごしました。

まずは体験学習。

以前から防災教育がしたいと考えていたので、春休みを機会に防災センターに行ってきました。
ここでは様々な災害を体験できるのが特徴ですが、地震体験室に真っ先に行きました。
係員のお姉さんに揺れの調節について確認されたので東日本大震災と同じレベルの揺れをお願いしたところ、「結構揺れがキツイですけど大丈夫ですか?」と念を押されました。
この地震体験室では震度の調節が最高が震度7とのことで、当初は阪神淡路大震災と同じレベルの揺れをお願いしようとしましたが、装置が対応していない上に強い縦揺れを再現することは難しいそうです。
実際に体験してみて感じたことは、こんな揺れが関西に来たらシミュレーションのように上手くできるのか・・・ということでした。
このシミュレーションでは、揺れが起こった直後にすべきことを改めて学ぶことができました。

すぐにテーブルの下に潜る
暖房類のスイッチをすぐに切る
ガスの元栓をすぐ閉じる
出口を確保する

これだけで助かる可能性が一気に上がるのかもしれません。

次に体験したのは台風。
昨年の台風24号は怖かったですよね!
我が家は、網戸がどこかに吹き飛んで行方不明状態になったことと室外機が倒れたことを除いては無事でした。
室外機が倒れるほどですから、どれほどの強さだったことか・・・この時初めて台風が怖いと思いました。
その台風24号と同等レベルの強さを体験してきましたが、レンガや看板が飛んできてもおかしくない上に、それ以上にまともに目を開けられないほどの強さでした。
この体験で得たことは、台風警報のある日は絶対に外に出てはいけないことと、室外機はガチガチに固定することでした。

この次が避難体験コーナー。
もしも宿泊しているホテルで火災が起こったら?
もしも事前に非常口の場所を確認していなかったら?
こんな怖い「もしも」を再現した映像を観てから体験がスタートします。
このコーナーを担当されている方は元消防士とのことで、火災で最も恐ろしいのは黒煙であるとお話されてました。
お話の中で担当者の男性が「昔、大きなホテル火災があってね。防災管理もろくにしないひどいところだった。あいつだけは許せないね」とお話されていたときに、すぐにホテルニュージャパンのことだとわかりました。
「あいつ」とは横井某のことでしょうね。
そう、蝶ネクタイの「あいつ」です。
このコーナーでは、黒煙の中から非常口を探して避難することが体験できますが、娘にはあらかじめハンカチで鼻と口を押さえるように話していました。
このコーナーでは通路が複雑になっていたのでホテルニュージャパンを意識しているのかも知れません。
このコーナーを出た後、娘が「これからは絶対に非常口を真っ先に見つける!」と意気込んでいましたので意義のある体験だったと改めて思いました。
その後、娘は本当に非常口を意識するようになりましたのでこの体験は成功です!

最後に体験したのが4D映像で体験する大雨の地下浸水シミュレーション。
地下街で買い物や外食を楽しんでいる最中に大雨洪水警報が発令。
やがて大量の雨水が地下街を襲う・・・ことを想定した内容でした。
京阪神では昨年の大雨で大打撃を受けましたよね。
多くの学校では休校を余儀なくされましたが、我が家も同じくこの大雨で4日くらい休校を余儀なくされました。
こんな大雨の中、もしも地下街にいたらと思うとゾッとします。

大阪には阪急三番街にホワイティ、なんばウォーク。特に梅田の地下街はラビリンスそのものですからね。
京都にはアバンティにポルタ。
神戸にはさんちか

京阪神にはこんなに地下街がありますので、私を含め京阪神にお住いの方は決して他人事ではありません!
この体験シミュレーションで得たことは、大雨の日にやむを得ず地下街にいた場合、警報が発令された時点で即地上に出ること。

防災センターを出た後の帰り道、娘と防災について話し合うことができましたので、つくづく行ってきてよかったと思いました。
娘によると「また行きたい」とのこと。

このブログをご覧の皆様も是非防災センターに行かれることをお勧めします!
ここでは多くの防災知識を学ぶことができる上、防災教育におおいに役立つこと間違いなしです。

・・・といったところで今日はここまで☆
お出掛けネタは次回ということで(←読みたい人、いるの!?)

【参考リンク】

  1. 京都市民防災センター
    今回行ってきたところです。皆様も是非!
  2. あべのタスカル
    次回はこちらに行く予定です。
    こちらの最大の特徴は津波体験ができることではないでしょうか。
  3. 人と防災未来センター
    こちらは夏休みに行く予定です。

ホテルニュージャパンの火災はこちらの漫画が最もわかりやすいと思います。
横井某の人でなしっぷりがよくわかる内容でしたね・・・。
作画はかの篠原とおる先生(!)

コミック版 プロジェクトX挑戦者たち―炎上 男たちは飛び込んだ

中古価格
¥5から
(2019/4/24 10:02時点)

こちらは小学生向け。
ちなみに私が持っているのもコチラ。

ジュニア版まんがプロジェクトX挑戦者たち〈9〉炎上 男たちは飛び込んだ―「ホテル・ニュージャパン」伝説の消防士たち

中古価格
¥1,241から
(2019/4/24 10:02時点)

0