やる気グッズ・・・我が家の場合。

元ネタは「出すぎた杭は打たれない」の打たれる様

やる気グッズがあれば勉強する気になる?

いつもパクってばかりですみません(´Д⊂ヽ
どうかお許しください。

巷には様々な「やる気グッズ」が売られています。
中にはモチベーションを維持するためのアプリもあるのかな。
・・・こうしていろんな「やる気グッズ」が次から次へと考えだされては売られているわけですが、打たれる様も仰るようにやる気を出すのもモチベーションを上げるのも結局は本人次第ということでしょうか。
よくありがちなのが、やる気グッズやら有料のモチベーション維持アプリなんかを購入して、当初はやる気に満ちているんですけど、そのうちやる気グッズが放置状態・・・。
グッズやアプリを購入しただけで勉強した気分になれる心理状態は通信教育に通ずるものがありますよね。
あれですよ。
「○○を買ったら××ができるようなった気がした」ってやつね。
これ、何となく分かる気がします。うんうん。
でもね、本来の課題に向き合わないことには、やる気グッズも無用の長物になりかねませんので、やる気グッズは必要最小限にとどめたいところですよね。

さて・・・

我が家のやる気グッズはこんなカンジです。

3年生の学習 国語・算数・理科・社会 (学研おうちゼミ)

新品価格
¥3,672から
(2019/9/18 13:32時点)


やる気グッズというよりは、家庭学習用ワークですけど・・・。
娘にとってのやる気グッズは、この教材についてくるアプリです。
このアプリ、なかなかよくできてるんですよ。

  • このアプリの目玉!単元毎の解説動画を繰り返し観ることができる。咄嗟にイメージすることが苦手なお子さんには絶対にお勧めです。
  • 一ページを学習する度に時間を計測できる。
  • アプリの問題に正解できたらお世話しているキャラクターにおやつをあげられる。
  • 学習回数に応じてお世話しているキャラクターの部屋がグレードアップされる。
  • これまた学習回数に応じてキャラクターからシュールな内容のお手紙がくる。
  • やはり学習回数に応じて称号が与えられる。
  • またまた学習回数に応じてアプリ限定ドリルをゲットできる。
  • 特別収録として影山先生のアドバイス動画付!
  • 我が家にとっては最高峰のやる気グッズです。

    次にこちら。

    画像が暗くて面目ありません(´・ω・`)
    このシールは娘にとって何よりのモチベーション維持になっています。
    小学校受験のペーパー対策をしていた頃からこうしたシールを活用していましたが、シールを活用したモチベーション維持は今も続いています。
    ちなみに画像のシールですが、イナズマイレブンは現在も購入可能ですが、シンカリオンは品薄状態とのこと。

    ・・・以上、こんなカンジです☆

    やる気グッズって、お子さんの性格や資質、好きなものに応じて選べばOKかなって思うんですよ。
    「これがあるから頑張れる」と思えるものがひとつあればそれで十分ってことで☆

    0

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です