JETの結果が返ってきた

先日、漢検の結果報告と併せてJETを受験したお話を書いたわけですが・・・

漢検の結果が返ってきた

昨日、結果が戻ってきましたがお陰様で無事合格!
ワー☆パチパチ☆
今回合格したのは10級でしたので年明けには9級にチャレンジすることが決まってます。
本来ならそのまま8-7級を受験できなくはないのでしょうが、9級にチャレンジすることでしっかりおさらいして語彙を増やしてから万全の体制で8-7級にチャレンジしたいと考えました。

・・・さて

実を言うと「まさかの」合格というのが本音でした。

娘は今年4月にインター系学童に入りました。
この学童では理解度をチェックするためにJETの受検を推奨し、いずれ娘にも受検してほしいと考えてました・・・が、この時点で娘は英語どころかアルファベットの読み書きも全くできない状態。
余談ですが、娘は幼稚園の英語教室に通っていたことがあり、学校でも週に一度英語の時間があるにはありますが、3年生までは英語を体感することをめあてとしているためか英語遊びが中心。
なので実質身についているようで身についていないのです。
学童そのものは楽しいようで喜んで通っていましたが、肝心の英語は全くと言っていいほど身についていません。
そこで先生にご相談させていただいたところ、まずは三か月間、アルファベットの読み書きを繰り返すことをアドバイスされました。
アドバイスされた翌日から早速実行に移し、まずは書き取りからスタート。
その時のテキストがコレです。

小学英語 レッスンワーク1

新品価格
¥990から
(2019/12/14 08:25時点)


使わなくなったipod(二世代!)に付録の音声データをDLして現在も活用し続けています。
次に活用したのが「あいうえおフォニックス」という動画。
こちらは先生の勧めもあり娘に見せたところ、今ではすっかり気に入ったのか毎日観ています。

先生によるとJETの対策は耳で聞いてしっかり語彙を増やすこと・・・これに尽きるそうです。
英検と違って過去問を繰り返すだけでは対策できず、出題範囲が読めないため語彙を増やすしかないとお話しされてました。
またJETは英検と違って音声を聴いてマークシートに解答する形式ですので耳で聞く力が重要視されるともお話されてました。

こうしてアルファベットの読み書きを繰り返しつつ動画を繰り返し見続けた結果・・・

インター学童に入ってから半年ほどで語彙が増え、アルファベットもカンゼンカンペキ。
そんな時にJETの受検を勧められ、先月受検してきました。
そんな状態で受検しましたので私にとって「まさかの」合格だったというわけです。
先生によると「レプトン」で一年間学習してようやくJET10-9級という小学生が多いだけに半年足らずで合格したのには驚いたとのこと。
いや~うれしかったですね(´∀`*)ウフフ

最後に・・・

これからの目標ですが・・・

年明け→JET9級合格
4年生の1学期中→JET8-7級合格
4年生の2学期中→JET6-5級または英検5級合格
4年生の3学期中→JET6-5級・英検5級共に合格

さてどうなる!?

以上、お後がよろしいようで☆

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です