入塾テスト・・・その後

前回のエントリーの続き。

入塾の勧誘があったことに一安心したものの、結局は入塾を見送ることにしました。
その理由は、やはり娘は集団塾に不向きだと判断したこと。これに尽きます。
中受を目指すなら集団塾とは言いますが、やはり向き不向きがあると思うんです。
特に集団塾は次から次へと授業が進みますし、塾のカリキュラムを拝見させていただきましたが、驚くほどのスピードで授業が進んでいることがわかります。
そうなると立ち止まって復習する時間をいつ確保すればいいのか迷うほどで、特に娘の場合は「予習しながら復習する」というスタンスなので尚更の事。
何よりも娘は一度で理解できることとそうでないことのふり幅があるという資質なので集団塾が向いているとは思えません。
以上のような理由で入塾を見送ることにしました。

現在、通っている個別指導塾の先生も担当の先生も同意見でしたので、これでよかったのかも知れません。

そして、これから先・・・

5年生以降は個別塾に通う回数が増える予定ですが、こちらについては最初からわかっていたことですし娘も理解してますので特に気に留めていません。
一方で集団塾の季節講習会にのみ参加することにしました。
これは現在の塾の先生方の提案でもありますし、私も異存はありません。
これってハイブリッドと言えばハイブリッドになるのかな。

我が家の姿勢は見る人が見れば呑気に見えることでしょう。
確かに呑気かも知れません。
着実にしっかり力をつけて結果を出したいと考えてますので、呑気に映るであろう方法で取り組みたいというのが今の考え方です。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です