bookmark_border私がはがき職人だった頃のお話

タイトルにもあるように私は遥か昔、イラスト投稿を趣味としていた所謂はがき職人でした。
ありがたいことに通算10回以上採用してもらえましたが、採用してもらえるまでの数年間はなかなかイラストが採用されませんでした。
張り切ってイラストを描いてはいろんな雑誌に投稿するも全くかすりもせず、進研ゼミの読者コーナーにも全く採用されませんでした。
自分の身の程を思い知らされ、イラスト投稿にあえなく挫折。
「もうどれだけ投稿しても私のイラストなど採用されない」と、もはや完全に諦めの境地でした。

挫折から一年・・・

ある日、書店で「夢幻紳士」のタイトルに惹かれて「月刊少年キャプテン」という雑誌を思わず手に取りました。
ふと読者投稿コーナーを見ると掲載されているイラストはどれもレベルが高いものばかりでしたが、そこで何を思ったのか、またイラスト投稿にチャレンジしたいという気持ちが湧きはじめました。
載ればめっけもんくらいの軽い気持ちでイラストを投稿してみたその結果・・・

まさかの採用でした(!)

「どうして私のイラストが載ってるの!?」という気持ちが先で、頭の中は「?」マークだらけでしたね。
でも掲載されているイラストは紛れもなく私が描いたものでしたから、嬉しいというよりはワケがわからなない状態でした。

イラスト投稿を開始してから苦節数年・・・やっと私の夢が叶った瞬間でした。

ちなみに「月刊少年キャプテン」にイラストが採用されたのは一度きり。
その「月刊少年キャプテン」も初採用から9年後に廃刊になりました。

初掲載から2ヵ月後・・・

今度は「週刊プロレス」の読者コーナーに私のイラストが採用されました。
この読者コーナー、「にわのまこと先生」などのプロの漫画家さんや今は亡き「ジャンプ放送局」の常連投稿者のイラストが掲載されているためか意外にイラストのレベルが高いんですよ。
だから採用されればめっけもん感覚で投稿しましたが、三度目の正直でようやく採用されました。
その後、何度かイラストを投稿し、気がつけばちょっとしたはがき職人状態となりました。
こうしてはがき職人となりましたが、実は結構不採用にもなってるんですよ。
「これはイケる!」と自信満々で投稿したものの、日の目をみないまま没・・・なんてザラにありましたもの。
イラスト投稿なんてそんなものです。
採用してもらえるだけでもありがたいことなんですから、没になることくらいありますって。

その後、プライベート上の事情でイラストを描くことをやめてしまい、イラスト投稿への熱意もいつの間にか醒めてしまいました。
一時期、デジ絵にチャレンジしようとしたことがありましたが、チャレンジ直後にペン入れの段階で挫折。

イラストを描かなくなって四半世紀・・・

その後は親子遊びの一環で落書きをする程度にとどめていました。

娘の小学校受験が大団円のうちに幕をおろし、制服の採寸を終えた頃でしょうか。
秋野さと様の漫画とイラストに偶然出会ったことがきっかけで「またイラストが描きたい!」という気持ちが次第に強くなり、再チャレンジに火がつきました。
そして現在に至ります。
特に今はデジ絵が楽しくて楽しくて。
上手い下手はさておき、楽しいという気持ちが今の私の原動力です。

このはがき職人の経験から学んだことは、次のことでした。

  1. 実らないことをいつまでも続けるくらいなら、いっそ挫折しちゃえ。
    挫折というよりはリセットかもね。
    そこでまた再チャレンジの意欲がわけば、それはご縁だと思うんですよ。
    「挫折した時は時期尚早だったけど今なら大丈夫」というメッセージかもしれません。
  2. めっけもん感覚で始めたことは案外上手くいく
    妙にがつがつしていて必死な人ほど縁が逃げていくんじゃないかなって思います。
    自分のペースを乱さず楽しむことに徹していれば自ずとご縁を引き寄せてくれるんじゃないかな。
    めっけもん感覚とは言ったものの、それなりの努力が必要なのは言うまでもありません。
  3. 楽しいという気持ちを大切に
    どこかで楽しいという気持ちがあれば案外上手く行くと思ってます。
    楽しむ気持ちっていろんな意味で得かもね。
0

bookmark_borderGWの恒例行事(!?)

令和元日に娘と「新婚旅行ハリケーン」に行ってきました。
そう言えば昨年の今頃は「拉麺大乱」に行ってきたっけ。
令和元日ということもあってなのか映画館は満員御礼状態でしたが、隣のスクリーンで上映していたコナンはもっとでしたのでコナン人気恐るべし。

・・・で、「新婚旅行ハリケーン」ですが

今回の映画はもしかすると大人向けかも知れません。
テーマは「夫婦」じゃないかなって思うほど「夫婦とは何か?」を主軸にした内容でしたけど、映画クレしんってこんなカンジで大人向けな内容のテーマがあるから好きなんですよね~☆
「あっぱれ戦国」や「オトナ帝国」なんてまさに大人向けですよね。
ちなみに「オトナ帝国」は特に好きな映画で、余りにも好きすぎてDVDを買うほどです。
それから映画クレしんと言えばヒロイン。
昨年は蘭ちゃんでしたが、今年はインディ・ジュンコというトレジャーハンター。
私の中で好きなヒロインは断トツで段々原さんですが、インディ・ジュンコは二番目に好きなヒロインとなりました。

でもって、映画クレしんを観た後はきまってヒロインのイラストが描きたくなるので早速描いてみました。


特にここ最近はイラストが描きたくてしょうがない状態ですので、とりかかりが早いこと早いことw
今回からsai2で描いてみましたが、これが便利なんですよ。
以前のバージョン以上にとっつきがよくて、グラデーションや定規などの機能がいくつか搭載されていました・・・が、まだまだ開発段階のようで言わばプロトタイプ状態みたいです。
あと、保存時の拡張子が変わったみたいでsai2で作成したファイルを旧バージョンで開くことができませんでした。
旧バージョンが使いこなせているのかすら怪しいっていうのにsai2を使いたがるってどうよ!?
それと、ペンタブがワイヤレスになってからというもの今ではフル稼働状態で、ワイヤレス効果なのかどうかはわかりませんが、ようやくペンタブだけで下絵が描けるようになりました。

Wacom ペンタブレットオプション ワイヤレスキット ACK-40401

新品価格
¥1,840から

 

0

bookmark_border洋裁についてのいろいろなお話

昨年の12月早々に真冬用の生地を買いました。
それがコレ

この生地を使ってボトムとスカートを作りましたが、ボトムは一日で完成させたもののスカートだけは作りかけのまま一カ月以上放置状態が続いてましたw
このままでは春が来る!マズい!!・・・と先週あたりから重い腰を上げようやく完成させることができたものの、それでもまだまだ生地が余っていてどうしたものか・・・。
そんな感じで今では手持ちのボトムの大半が自作で占めている状態で、ベーシックなデザインであれば作った方が安上がりという考え方です。
不思議と自分で作った服って上手い下手はともかくとして愛着がわくんですよね、これが。
去年、濃紺のポンチ生地で作ったスカートとボトムも絶賛愛用中。
特に個人懇談などの学校行事に着用しています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【カット50cm単位】ポリエステル/レーヨンストレッチポンチ【布・生地・手作り】
価格:810円(税込、送料別) (2019/2/27時点)

楽天で購入

ポンチ生地って真夏以外は大概の季節に使えるので重宝してますが、生地が毛羽立ち安いのが難点かな。
っていうか濃紺ってあたりがお受験母を未だに引きずってますねw
余所行きの服は大概この生地で済ましてたりしてw

ボトム類を作るときはいつもこの本を参考にしています。

大人のパンツとスカート (Heart Warming Life Series)

中古価格
¥1から
(2019/2/27 10:20時点)


パターンデザイナーさん複数名による本。
この本のポイントは凝ったデザインがほとんどない上に紹介されている服は全てゴムウエストという点。
その上、サイズが豊富で作りやすく用途や生地の組み合わせなど汎用性の高いデザインばかりなのもポイント☆
中には型紙なしで作れるスカートもありますので手縫いで作れちゃうかもね。
ただし、切り替えデザインのある服は体系によってはデブに見えてしまうので要注意。

スカート・ア・ラ・カルト

中古価格
¥183から
(2019/2/27 10:21時点)


この本の何が好きかってベーシックすぎるくらいベーシックなデザインしか紹介されていないところ!
紹介されている服は全部ファスナーorボタン付きですが、少しアレンジしたらゴムウエストにできなくもないです。
裏地を使わないので作りやすいですが、透け感のある生地を使わないようご注意ください。
ちなみに私は作者買いするほど茅木真知子さんの大ファンです。

茅木さんと言えばこちらの本もお勧め!
茅木さんの本は大半が大人向けですが、唯一発行された女児向けの本。
デザインがシンプルでアレンジしやすいパターンばかりですので洋裁初心者の方でもとっつきがいいと思います。
残念ながら現在は絶版となり古本でしか入手できませんので、マーケットプレイスでご購入の際にはパターンが付いているかをよくご確認ください。

ホームクチュール 女の子の服

中古価格
¥1から
(2019/3/28 07:33時点)

そろそろ欲しいトルソー・・・。

0

bookmark_border冬休み・・・何か忘れているような・・・

表題は冬休みですが、もうとっくに新学期は始まっております。

冬休みの終わりが近づくにつれ、ふと何かを忘れていることに気づきました。

何だっけ?
何でしたっけ?
何だっぺ?

あ・・・思い出した。

毎年恒例だった「妖怪ウォッチ」の映画をそういえば観ていませんでした。
思えば2015年のお正月明け・・・娘にせがまれ観に行ったらこれが思った以上に面白く、以来、欠かさず観に行っては次回作を心待ちにしていました。
映画のDVDも欠かさず購入してました。
「空飛ぶクジラと・・・」は個人的には駄作だったので、映画「妖怪ウォッチ」はこれが最後と思っていたら娘が「シャドウサイド」をどうしても観たいというので観に行くと、これが予想に反して面白かったんですよ。

で・・・昨年暮れ

最新作のCMを観ても娘は知らん顔。
娘によると、「イナズマイレブン」と「シンカリオン」「クレヨンしんちゃん」だったら観たいとのことで、娘にとって昨年の「シャドウサイド」が最後の映画「妖怪ウォッチ」となったわけです。
そういえば、一年生の半ばから徐々に妖怪ウォッチに興味を示さなくなりました。
よく遊んでいた「妖怪ブラスター」と「エンマブレード」「妖怪pad」も、気がつけば放置状態。
娘に同意を得た上で粗大ゴミに出すことになりましたが、娘の返事は「うん、いいよ」とあっさりしたものでした。
「妖怪ウォッチ零式」「Uプロトタイプ」「妖怪ウォッチドリーム」も気がつけば全て電池切れのまま放置。
「妖怪ウォッチ零式」は滅多におねだりをしない娘が唯一おねだりしたおもちゃという思い出がありますので捨てることができません。
「妖怪ウォッチドリーム」は小学校受験に合格したら買ってあげると約束していました。合格通知が届いたその日にAmazonで注文した思い出がありますので、やはり処分することができません。
それほど大きいものではないので、成長の記録のひとつとして保管することにしました。
膨大な数の妖怪メダルはどうしようか・・・これも一部を除いて処分かな。

幼稚園の年少から夢中だった「妖怪ウォッチ」とはこれでお別れ。
寂しい気もするけど、成長の節目というやつですね。

0

bookmark_borderコピックとの遭遇

以前から仕事部屋に置いてあるコピックが気になる我が娘。
そこで娘にコピックを使わせてみたところ、思った以上に上手く使いこなせていて、今では手持ちの水性ペンには目もくれず私のコピックばかりを使いたがるようになりました。
さすがにカラーレスブランダは使い方がわからないようですが、おいおい使わせてみることにしようか。
コピックってプロのイラストレーターや漫画家のための画材だと思われがちですが、決してそんなことはないと思っています。
プロのように使いこなせなくても使っていて楽しいと思えたらそれだけで十分じゃないかな・・・ってお前が言うなって話かw
聞けば、コピックを欲しがる小学生が多いようでこんなアイテムが売られているほどです。

コピックチャオ コピックデビューセット 12503037

新品価格
¥3,888から
(2018/10/22 08:52時点)

Too コピック チャオ スタート 12色セット

新品価格
¥3,299から
(2018/10/22 08:52時点)

勉強も大事だけど、コピックをきっかけに幅広くいろんなことに興味を持つことはもっと大事だと思うんですよね。

0

bookmark_border18年目のペンタブ

SNSなどにちょくちょくデジタルイラストを開き直って晒していますが・・・お目汚しをしてしまい面目ありません。

で・・・今回はその趣味のデジタルイラストについてのお話しってことで。

ここ一年ほど前から、デジタルイラストを趣味として楽しめるようになりましたが、実はデジタルイラストに一度挫折したことがあります。
今から18年ほど昔・・・Windows98がリリースされたばかりで、回線はもっぱらテレホ頼りのダイヤルアップという時代の話です。
あるイラストレーターに感化されてデジタルイラスト(当時はCGイラストと呼ばれていましたっけ)にチャレンジしました。
早速ペンタブとソフトを購入しましたが、ペンのタッチを調節したり、思い通りの線を描くことが全くできず、あえなく挫折。
ペン入れで挫折した私は、デジタルイラストをすっかり諦めてしまい折角買ったペンタブもソフトもそれっきり放置。

・・・やがて月日が経ち、気が付けば2017年。

時期的には、娘の小学校受験が大団円のうちに終了し、制服の採寸も終えた頃でしょうか。

秋野さと様の漫画に偶然出会ったことがきっかけで、デジタルイラストに再チャレンジしたいという気持ちが出始め、やはり偶然出会った秋野様の忍たまのイラストを見てチャレンジしたい気持ちが強くなりました。
もっと言えば、娘とよくお絵かき遊びをしていた時に漠然とイラストを描いてみたい気持ちがありましたが、秋野様の作品に出会えたことで行動に移す気になれたんだと思います。
秋野様のようなレベルには遠く及ばずですが、今度は挫折しない自信がありました。

そして再チャレンジから一年・・・

デジタルイラストと呼べる代物ではないかも知れませんが、描いていて楽しいと思えるほどになりました。
気分屋ゆえ、気が向いた時にしか取り掛かりませんが、でもやっぱり楽しいです。
ボケ防止の趣味ってことでこれからもちょくちょくデジタルイラストを楽しみたいですね。

などとデジタルイラストのトーシローが偉そうに語ってみましたとさ。

これが当時購入したペンタブです。
ろくに使いこなせないまま放置した後、処分しましたけどね・・・。
今にして思えば処分は早まったかなって気もします。
アスキーに当時の記事が掲載されてますので、ご興味ある方はぜひどうぞ☆
このペンタブですが、既にサポートが終了し、且つWindows7以降のOSでは使用できませんので、ご購入の際はくれぐれもご注意ください。
ちなみにソフトはペイントショップを使ってましたが、こちらも全く使いこなせずあえなく挫折。
何故、ペイントショップかと言うと、学割で一番安く買えたのがこのソフトだったからですw
まだあるのかな・・・と思っていたらまだまだ健在なソフトでした。
今はsaiを使ってますが、まだまだ使いこなせていない機能はあるものの、とっつきのいいソフトでしたのでこれからも使い続けたいですね・・・と言いつつクリスタに乗り換えたりしてw

ワコム ペンタブレット FAVO ET-0405-U F400U

中古価格
¥3,500から
(2018/9/3 08:50時点)

こちらが現在愛用中のペンタブです。
ゆくゆくは娘におさがりとして譲ろうと思ってますが「いらない」って言われたりしてw
そろそろペン先がすり減ってきたので買い替えようかな。

ワコム Intuos Draw【旧モデル】ペン入力専用 お絵描き入門モデル Sサイズ ミントブルー CTL-490/B0

新品価格
¥5,980から
(2018/9/3 08:53時点)

Wacom ペンタブレットオプション 替え芯 Cintiq/Intuos/Bamboo/DTx用 標準芯 ブラック 5本入り ACK-20001

新品価格
¥650から
(2018/9/8 07:56時点)

最後に・・・
よくイラストを描いては嬉しがってpixivに投稿しています。
「いいね」や「ブックマーク登録」には無縁だと思っているだけに評価して下さる方がいらっしゃるのでこれは本当に嬉しいです!

0

bookmark_border拉麺大乱

・・・をGWに観に行ってきました。
GWの話を今頃するとかってどうよw
この映画、予告編にもあったように主役はマサオくんという、ちょっと意外な内容です。
カスカベのはずれにある中華街・アイヤータウンまで足しげくぷにぷに拳なるカンフーの拳法を習いに通うマサオくん。
マサオくんの後を追って、マサオくんと一緒にぷにぷに拳を習い始める防衛隊メンバー。
先輩風を吹かすマサオくんですが、防衛隊メンバーに次々先を越されてしまい、マサオくんは卑屈になってしまいます。
一方、カスカベ市民はブラックパンダラーメンの中毒で暴徒と化し、町は大混乱。
防衛隊メンバーと共にぷにぷに拳の特訓に励む老師の一番弟子にして養女の蘭ちゃん。
蘭ちゃんの活躍の甲斐あってブラックパンダラーメンパニックは終息しますが、蘭ちゃんの正義感の強さが暴走し、再びカスカベは混乱します。
卑屈になっていたマサオくんでしたが、老師と生活を共にするうちに「何か」に気が付きます。
その「何か」とは!?・・・それは映画を見てからのお楽しみってことで☆
余談ですが、映画のヒロイン・蘭ちゃんの声を聞いた娘の一言が「あっ!チャップだ!!」でした。

 

この「拉麺大乱」を見ているうちに無性に南京町に行ってみたくなりました。
夏休みに行ってみるとするか。
そういや、南京町でこの「拉麺大乱」のコラボキャンペーンをやってるらしいですが、今は行けそうにないなorz

 

ところで・・・

 

仕事が休みなのと、気が向いたのもあってイラストを描いてみました。
それがコレ


蘭ちゃんのつもりです・・・。
似てねー!
とか
体のバランスがおかしい
とか言わないでチョンマゲ☆
早速、ピクシブに投稿する嬉しがりです。

 

で、例によって頼まれもしないのに作成の過程。
少しずつではありますが、saiの制御点ツールがようやく使いこなせつつあります。
この機能が使えると髪の毛の細かい部分が作れたり、簡単に線やバランスの修正ができたりとホントに便利です。
実は私が知らないだけで他にももっと便利な機能があるのかも知れません。

 

このペンタブを愛用しております。
私のようなトーシローにはこれが一番使いやすいです。
ゆくゆくは娘に譲ろうかと思ってますが、いらないって言われりして(苦笑

ワコム Intuos Comic 【旧モデル】ペン&タッチ マンガ・イラスト制作用モデル Sサイズ ミントブルー CTH-490/B1

新品価格
¥8,980から

購入を検討中。
ワイヤレスでペンタブが使えたら便利だと思ったので・・・。

Wacom ペンタブレットオプション ワイヤレスキット ACK-40401

新品価格
¥5,980から

0

bookmark_border久々のお絵かきはシンデレラ隊長。

洋裁もアクセサリー作りもデジタルイラストも趣味を自称している割には、気分が乗らないと実行に移せないという自堕落っぷり。
そういや、裁断したまま放置している服とか作りかけのピアスとかあったっけな・・・。
デジタルイラストも然り。
ところが、突然、イラストを描きたい衝動にかられてヤル気を出すんですね。これが。
で、そんなこんなで描きたい衝動にかられて描いてみたのがコレ。


これでも一応、「シンデレラ隊長@スナックワールド」のつもりです。
迷彩柄は適当に描きました。
イラストの出来がおかんアートなのはいつものことなので☆


手がどうみてもおかしいので、自分の手をモデルに描き直してそれっぽく修正。
ペンタブで直に下書きされる方がいらっしゃいますが、いつも「スゲー!!」って思います。
私もペンタブで直に下書きしてみましたが・・・全然、できませんでした。紙ベースで描いてスキャンするというやり方が一番合っていたみたいです。
やりやすさ重視ってことで☆
こんなトーシローの私ですが、どうにかペン入れのコツが掴めた・・・ような気がします。
ペンタブデビュー当初に比べると極々僅かではありますが、少しはマシになったと自画自賛してたりして(笑
ですが、肝心のイラストはまだまだ練習の余地があります。
これまで描いたイラストをこっそり修正したり削除しちゃおっかなwww

ところで・・・

最近、すっかり「スナックワールド」に夢中な我が娘ですが、今では私も面白がって観ています。
一言でいうと、「スナックワールド」って超高速スナック感覚CGアニメといったところでしょうか。
先週登場したデアファルコンが見た目も声もモロにフリーザ様だしw

そう言えば娘から「潮江文次郎はまだ?」とせがまれてますが、下書きすらできていないや・・・orz
せめて年内には完成させないとね。
そう言えば、潮江文次郎の目って手塚治虫の漫画に出てくる丸首ブーンに似ている気がしなくもないかな。

以上、お後がよろしいようで。

0

bookmark_border楽しみがまたひとつ増えた!・・・というお話

秋野様の一ファンに過ぎない市井のブロガーがなにを偉そうに書いているのかと思われるかも知れませんが、どうかその点はお許し下さい。

 

以前から秋野様のTwitterを時々拝見させて頂いてましたが、いつの間にかブログとpixivが復活している(!)
しかも嬉しいことにpixivには忍たまのイラストが再びアップされてるし(!!)
急に楽しみが増えたってカンジで、これはメチャメチャ嬉しいです!!
もう一つ、何が嬉しいって秋野様がロウアーな輩に屈しなかったということです。
これが何よりも嬉しいことでした。
ロウアーな輩は「羨ましい」「先を越された」「なんであいつが」という気持ちをこじらせた挙句に性根が歪んでしまったので、気に食わない人を引き摺り降ろさずにはいられない哀れな人間なのです。

 

秋野様を中傷していた輩に言いたい。

 

いっぺん、鏡を見てみ?

 

「ウルトラマンタロウ」に出てくる怪獣みたいだわよ。
「ウルトラマンタロウ」に出てくる怪獣ってビジュアルが醜悪なことで有名だからね。
案外「コンドールマン」に出てくるモンスター一族にクリソツだったりしてw

 

この手の輩の正体はズバリ「負けず嫌いの努力嫌い」

 

実力も才能もないくせに自尊心だけは一人前に高く、あまつさえ論点のズレた屁理屈を展開して得意気になるという質の悪さ。
そんな人に限って誰かに先を越されることが許せないとくる。
しかし、サシで討論する度量を持ち合わせていない小心者なので、安全圏から攻撃せずにはいられないのです。
ついでに言えば、この手の輩ほどみじめったらしい私生活を送っていると断言します。
本当に私生活が充実していれば、誰かを攻撃するなど絶対にあり得ないことですから。
蒸し返すようで申し訳ございませんが、以前に秋野様が障碍者差別をしているなどと中傷されていたことがありました。
実は、当該のエントリーを隅々まで拝読させていただきましたが、どこをどう読んだら障碍者差別に繋がるのか全くもって理解不能でした。
よっぽど秋野様を中傷したくて仕方がないのか一部分だけを拾い読みして騒いでるだけなのがバレバレでしたけどね・・・っていうか木を見て森を見ず?
「私は読解力の欠片もないバカです」と自己紹介してどうするの?
自らバカさ加減を晒すようなことはおやめなさい。

 

秋野様がご主人を貶していると中傷している馬鹿もいましたっけ。
どうみても結婚生活が長いごく普通の夫婦にしかみえませんでしたけどね。
あ・・・そっか、結婚生活を経験したことないからわかるわけねぇかw
こら失礼www
てなわけで「私は誰からも相手にされず、みじめったらしい生活をしてます」とか「不自由で冷え切った家庭生活を送っています」って自己紹介してるようなもんだから秋野様ご夫妻の中傷はだめよ~♪

やっぱり秋野様はこんなロウアーな輩に負けてはいけません。
どうかこれからも毅然とした姿勢で作品を公開し続けてほしいですし、ブログで様々なことを発信しつづけてほしいと願うばかりです。

 

結論:
中傷は自己紹介。

 

最後に・・・

 

このブログにイラストをちょくちょくアップするようになったのもデジ絵にチャレンジしてみたくなったのも、実は少なからず秋野様の影響を受けています。

娘と一緒にお絵かき遊びをしていたことがスタートでしたが、秋野様の漫画やイラストに出会ったのをきっかけに、もっとイラストを描いてみたい気持ちが強くなりました。
当初は紙ベースでしたが、イラストを描いているうちにコピックやデジ絵にチャレンジしてみたくなり、思い立ったが何とやらでsaiとペンタブを早速購入。
saiやペンタブは相変わらず使いこなせていないけど、今ではデジ絵が新たな趣味となりました。
まぁ、アレですよ。
所謂おかんアートってやつです。
でもって目指せ!器用貧乏多芸多才ってことでw

秋野様の作品やイラストに出会えたことがデジ絵の楽しさに触れるきっかけにもなりました。
以上、秋野様の一ファンが私情を書き綴ってみましたとさ。

 

ペンタブはこちらを使用しております。
何分、トーシローなもんで。

ワコム ペンタブレット Intuos Draw ペン入力専用 お絵描き入門モデル Sサイズ ホワイト CTL-490/W0

新品価格
¥8,606から
(2017/6/18 10:35時点)

私にとってのsaiマニュアル

デジ絵を簡単マスター ペイントツールSAI スーパーテクニック

新品価格
¥2,678から
(2017/6/18 10:36時点)

紙ベースで下書きしたものをスキャナーで取り込んでからペン入れやら色塗りやらしております。
で、下書きの際に欠かせないのがコレ。

Too コピック マルチライナー 4本組 ブラック Aセット

新品価格
¥782から
(2017/6/18 10:37時点)

これさえあれば大概のコピックの色調節ができて便利です。

Too コピック カラーレスブレンダー (200ml) No.0

新品価格
¥1,620から
(2017/6/18 10:39時点)

0

bookmark_borderペンタブ、始めました。その弐

・・・さて

前回のエントリーこんなお話を書きましたが・・・。

ペンタブ始めました。


当初はgimpでイラストを描こうとしていましたが、設定に難航しまくってそのうち使うのが嫌になるという有様w
gimpは挫折したけどペンタブは使いたし。
以前に「SAIを使ってイラストを描きたい」などと嘯きましたが、一方で「私のようなトーシローがそんな大それたソフトを使ってもいいのか!?」などと迷ったりもしました。
しかし、今使わなくていつ使う!?ってわけで遂にsaiを導入する決心がついたのです。
まだまだ使いこなせていない機能が多く、勉強の余地はあるものの、ペンタブの設定がgimpよりも遥かに楽だわ~♪
PCでお絵かきってこんなに楽しかったのね~♪ってカンジです。いや、ホントに。

で、早速ペンタブとsaiで描いてみたのがコレ


以前、紙ベースで描いたものをトレースして色塗りみました。
ちなみにイラストは立花仙蔵・・・のつもり。
娘が一発で言い当ててくれたのでうれしかったです。
これからも調子にのってあれこれ描いてはブログに晒しあげ投稿しようかと思います。
誰得とか言いっこなしねw

ワコム Intuos Comic 【旧モデル】ペン&タッチ マンガ・イラスト制作用モデル Sサイズ ミントブルー CTH-490/B1

新品価格
¥8,980から

saiはこれを使って勉強中。
これなら私にも真似できそう・・・な気がする。多分。

デジ絵を簡単マスター ペイントツールSAI スーパーテクニック

新品価格
¥2,728から


0