bookmark_border将棋に夢中

0

政府の要請もあり、我が娘の学校も今月から遂に閉鎖を余儀なくされました。
コロナウイルスから身を守るためにも仕方がないのかもしれませんが、何もそこまでしなくても・・・という気がしなくもありません。
京橋のライブハウスで感染者が3名確認されたのでそうも言ってられないかな。
学校が閉鎖になってからというもの自堕落な日々を過ごしているわけですが、ある日のこと、娘に「イナズマイレブンACがしたい」とせがまれ近所のスーパーにあるゲームコーナーに行ってみたらまさかの閉鎖。
コロナウイルスの余波はここまで来ていたのか・・・。

殺菌作用のあるハンドソープでしっかり手を洗う
こまめに換気する
人の多いところに行かない。やむを得ず行くときはマスク装着。

今のところ、これが精いっぱいの防御策かな。

さて・・・

自宅でどう過ごそうか・・・

昨日見たニュースによるとおさらいドリルがよく売れているそうな。
我が家も買おうと思ったんですが、今のところ全家研ポピーがありますし、まだ終わってない標準問題集があるので今回は見送ろうと思ってます。
おさらいって本っ当に大事なんです!
とりこぼしがあると進級後に学力面で難航する恐れがありますし、応用面で躓く恐れもありますのでおさらいを甘く見てはいけません!
たかがおさらい
されどおさらい
ちなみに標準問題集が終わってまだ時間があったらこちらを買おうかと思ってます。

小学3年 全科の復習テスト

新品価格
¥1,320から
(2020/3/4 07:46時点)

・・・と、ここからが本題。

ここ最近、急に将棋にはまりだした我が娘。
特にこれと言ったきっかけもなく、誰かに影響されたでもなく本当に突然ハマりだしました。
いや・・・きっかけはなくもないかな。
昨年の夏休みに「何かにチャレンジしよう!」と思い立ち将棋セットを買ったはいいけど、私が全然理解できずそれっきり放置状態になってました。
放置状態が半年以上が経過した頃・・・ふと将棋セットの解説書を読み直してみたくなり、最初から読み直してみたところ、どうにか私にも理解できた気がしたので将棋盤にコマを並べて一人将棋を始めてみました。
それを見ていた娘が、私のやっていたことが面白そうに見えたのでしょうか、いつの間にか将棋に加わってました。

そして今・・・

ルールはまだまだ勉強中ではあるものの、今ではなりきり棋士状態w
娘にとっては中毒性のあるゲームと化したようですが、それにしても将棋がこんなに面白いとは思わなかった(!)

こうしてハマり出した将棋ですが、これをきっかけにちょっとした思考力トレーニングになったみたいです。
「こうすればこうなる。だからこうする」などといった先を読んだり、「いきなり王将を狙うと相手にバレるから、王将をゲットするために何を狙えばいいのか?」「相手はこんな手に出るだろう。だったら、この方法で迎え撃つ」などといった戦略を立てるトレーニングといったところでしょうか。

我が家ではこの将棋盤を使ってます。

くもんのNEWスタディ将棋 WS-32

新品価格
¥2,970から
(2020/3/4 07:25時点)


箱から取り出した瞬間、ほんのり木の香りがするんですよね♪
でもって、コマに直接動かし方が書かれているので私や娘のような初心者にも理解できるのが魅力!
聞けば、かの藤井聡七段もこの「スタディ将棋」を使っていたそうですよ!

退屈しのぎにスタディ将棋、どうですか!?

【参考リンク】

  • くもんの将棋(スタディ将棋)は10年経っても使える知育玩具でした
  • 未来の藤井聡太プロ棋士も夢じゃない!? 「NEWスタディ将棋」を小学生の息子と試してみた!
  • くもん出版の将棋シリーズ
  • bookmark_border国立小でいじめが起こる原因を考察してみた

    0

    このブログをご覧の皆様なら既にご存じかと思いますが、改めてこちらをご覧ください。

    ———————————>ここから

    三重大付属小に通う兄妹にいじめ、駅で殴られ蹴られ不登校に
    2020年2月14日 09:19
    読売新聞オンライン

     三重大教育学部付属小学校(津市)に通う4年生の兄と3年生の妹が暴行などのいじめに遭って昨年6月から不登校となり、学校側がいじめ防止対策推進法に基づく「重大事態」に認定していたことがわかった。きょうだいの両親が13日、記者会見で明らかにし、学校側も認めた。三重大は内部調査を行い、学校側が組織的に対応できていなかったことを指摘したという。

     学校側によると、きょうだいへのいじめはそれぞれの入学直後に始まり、昨年の1学期まで続いた。

     兄は同学年の4、5人から〈1〉登下校時に駅のホームで蹴られた〈2〉突き飛ばされて転び、手にけがをした〈3〉ランドセルと背中の間に石を入れられた――など、妹も複数児童に駅で腹を殴られたり、突き飛ばされて膝にけがをしたりした。いじめについて家庭で聞いた母親は学級担任や校長に相談。学校側はその都度、いじめた児童らに注意したが、いじめは断続的に続き、2人は昨年6月、学校に行けなくなったという。

     三重大は昨年7月、両親からの訴えを受けて副学部長や弁護士らからなる内部の調査部会を設置。「学年が変わる際、担任間で情報が十分引き継がれなかった」などとし、学校側の対応が法や国の基本方針に沿っていなかったと指摘した。

     両親は「調査はいじめた側の意見しか聞いておらず、不十分だ」として、学校側に対して第三者委員会による再調査を求めたという。

     会見にはきょうだいも同席し、「学校に行きたいけれど、いじめられるから行けない。いじめを止めてほしい」と訴えた。同小の松浦均校長は取材に「2人に申し訳なく思う。このような事態が二度と起きないよう取り組む」と話した。

    ———————————>ここまで

    この記事をご覧になり怒り心頭になった方もおられることでしょう。
    もちろん私もそのひとりです。
    この不祥事が起こる7年前にも奈良教育大付属小でいじめの不祥事がありました。
    私の偏見かも知れませんが、どうも国立小はいじめの対応が甘い印象が強いんですよね。
    もちろん然るべき措置をとっている学校があることも重々承知の上ですが、国立小でのいじめの話をあまりにもよく耳にしますのでつい先入観を持ってしまいがちです。

    さて・・・

    何故国立小でいじめが起こるのでしょう?

    その前に国立小について少しお話したいと思います。
    プレジデントファミリー増刊号「小学校受験大百科2015」によると次のようなことが書かれています。

    ———————————>ここから

    私立小は、各校の教育理念に基づいて設置されていますが、国立小は教育理論や授業手法を研究する「教育研究校」という大前提があります。
    例えば、東京学芸大学には四つの付属小学校がありますが、いずれもその使命を
    1:教育実習校である
    2:実証研究を行う学校である
    3:公教育を行う学校である
    とうたっていますし、筑波大学付属小学校は、説明会用の資料に「中学受験のための特別な準備をする学校ではありません」と明記しています。
    教育研究校という位置づけは、国立小のメリットにもデメリットにもなります。
    メリットとは、安い学費で、質の高い教師のもと、最新の教育を受けられることです。
    いじめ問題の研究もされていますから、陰湿ないじめの心配はありません。
    その一方、研究授業や教育実習などによって通常授業が滞ることも多く、教科書の遅れを自宅自習で補わなければならないケースが出てきます。
    また、中・高・大と進学を考えた場合、各家庭で補わなければならないことが予想以上に多いのも、国立小の盲点です。
    国立小の場合、中学校、高校と進むにつれ内部進学の割合が激減していき、大学は基本的に一般受験と同条件です。
    以下略

    ———————————>ここまで

    ざっくり言うと「教師の教師による教師のための学校」、それが国立小ってことかな。
    言っちゃ悪いけど子どもたちは実験台ってことだね。

    以上の点からお分かりいただけるように国立小はあくまで研究機関であり、私立小のような手厚さやサポートは期待できないと断言できるでしょう。
    以前もこのブログに書いたことがありましたが、国立小を受験される親御さん・・・特に記念受験をされる親御さんの中には「国立小=廉価な私立小」と誤解されている方が散見されますが、全くの勘違いであると申し上げます。

    以上が国立小の概要ですが、では国立小といじめはどういう関係があるのか?
    国立小では授業が遅れがちになることや中受対策はしていないため家庭での努力が必要不可欠であることや内部進学が困難なことは前述にも書いたとおりです。
    そうなると通塾を余儀なくされますが、教育熱心で意識が高い保護者が多い国立小では低学年のうちからサピックスや浜学園などに通わせているご家庭が多いと聞きます。
    中にはトップにこだわる親や成績至上主義な親もいますので、ストレスを溜めた子どもがいじめを引き起こすことは容易に想像できます。

    では、なぜ被害者は小学一年生のころからいじめの被害に遭っていたのか?
    その妹まで被害に遭ったのはなぜ?

    報道記事を見て次の点を考察してみました。

    1. 日ごろから勉強漬けでストレスが溜まっている。
      これは前述にも書いたとおりです。
    2. 家庭環境に問題がある。
      いじめ加害者の100%は家庭環境に問題があるのは周知の事実ですが、その中でも多いのは、日ごろから親から条件付き愛情しか与えてもらえていないケースです。
      条件付き愛情とは、「よいこ」で「優秀」な一面しか愛してもらえないってことね。
      勉強漬けの環境下に置かれている上に保護者との関係に問題ありだったら間違いなく問題を引き起こすことでしょう。
    3. 土地柄
      民度が低いとされる地域や詳しくは書けませんがとある特定の地域ではいじめや学級崩壊などは日常茶飯事。
      以前も同じことを書きましたが、特に公立小中は地域の民度によって家庭の層や学校の質が左右されるので、土地柄もいじめが起こる一因ではないでしょうか。
      今回の事件の場合は、三重県という土地柄そのものが原因である可能も考えられます。
      三重県を含む地方の場合、地域の権力者が幅を利かせていることが多く、そのためコネや忖度がはびこっていますので。
      ちなみに問題の国立小の場合、地域の権力者の子どもが在籍している可能性が高いですが・・・あとは分かるよね?
      いわゆる「田舎の闇」ってやつです。
    4. 加害児童の保護者が被害児童の保護者を何らかの理由で嫌っている
      【2】とリンクします。
      可能性として極めて高いと思ってますし、被害児童またはその保護者を妬んでいる可能性もあります。
      保護者の個人的感情を加害児童である我が子に吹き込んでいるのではないかと疑ってます。
      被害児童の妹までいじめられているのはなぜでしょう?
      それはやはり保護者が我が子に個人的感情を吹き込んでいるからではないですか?

    以上が考察してみた点ですが、こうしてみると三重大付属小に限ったことではないかも知れません。

    子どもを見ると家庭環境がわかると言われているように加害児童の保護者に問題がある可能性が極めて高いと断言します。
    学校の対応も確かに問題がありましたが、それ以上に問題があるのは加害児童の保護者です。
    その点を忘れてはいけないと思います。

    【参考リンク】

    小学校受験大百科2015完全保存版 (プレジデントムック プレジデントFamily)

    中古価格
    ¥1から
    (2020/2/16 17:27時点)

    bookmark_borderエスカレーター式で内部進学!?

    0

    今回は内部進学についてのお話でも。

    関連エントリー

    進学できないのはだれのせい!?

    世間では、大学付属校や総合学園と聞けば「無条件で進学できる」「完全エスカレーター」と連想しがちですが、はたして本当に無条件で進学できるのでしょうか?
    例えば立命館小の場合。
    立命館小と言えば、今や京阪神で人気ナンバー1のブランド校なのは皆さまもご存じかと思います。
    何しろ2017年度のプライマリー入試の際には募集定員100名に対し170名以上が受験していることから人気の高さが伺えますし、娘が当時通っていた幼児教室も半数近くが立命館を志願するほどです。
    立命館を目指すお母様の中には「立命館でのびのび過ごさせたい」とお考えの方がしばしばおられますが、立命館小にひとたび入学すれば大学まで完全エスカレーターなのかと言えば、答えはNO。
    ソースは例によって娘が当時通っていた幼児教室の先生と、現在通っている塾の先生。

    以前、塾の面談で先生がこんな話をしておられました。

    立命館小の内部進学の基準は意外に厳しいとのことで、一定の成績をキープし、かつ特別推薦がないと内部進学ができない・・・とのこと。
    遡ること4年前、娘が当時通っていた幼児教室の先生も「立命館はエスカレーターじゃないよ」と異口同音でしたので、恐らく事実かと思われます。
    こちらも併せて御覧ください。

  • 立命館小のサイト
  • お受験じょうほう
  • 立命館だけではありません。
    多くの私立小では、無条件で内部進学ができない場合が多く、娘の学校を含め無条件で内部進学させてくれる私立小はほぼ皆無なのかもしれません。

    こうして内部進学の話がでたところで、ここからは少し怖い話をしたいと思います。
    これからするお話は今から30年近くも前の出来事なので、時代にそぐわない部分が多々ありますことを予めご了承ください。

    【内部進学できないとどうなるか?】

    私の幼馴染み(Tちゃん・仮名)は5年生からコツコツ頑張った甲斐あって無事A女子学園中に合格することができました。
    Tちゃんのあの時の喜びようは今でもよく憶えています。
    入学式を目前に控えた頃、Tちゃんはこんな話をしていました。
    Tちゃんの家の近所にA女子学園小から内部進学した女の子(Sさん・仮名)が住んでいるらしく、Tちゃんは「これからはSさんと一緒に学校に行ってSさんにいろいろ学校の事を教えてもらうの!」と嬉しそうに話してくれました。
    入学後も度々Tちゃんに会いましたが、学校の話をしている時のTちゃんの表情は笑顔溢れていて本当に学校が楽しくて仕方ないんだなと思いましたね。
    文化祭に招待された時もTちゃんは嬉しそうに校内を案内してくれました。

    色とりどりの看板がいっぱいの模擬店舗
    重厚な歴史ある校舎
    青々とした芝生が敷き詰められた中庭
    まるで宮殿のような噴水
    Tちゃんのように学校が楽しくて仕方がないという表情の生徒たち
    外国人の先生と楽しげに語らう生徒たち

    私が通っている公立中とは雲泥の差だ・・・つくづくそう思いましたが、Tちゃんは一生懸命頑張ったのだから報われて当然です。
    灰色の公立中学生活を送る私にとってTちゃんが羨ましくも眩しく映ってなりませんでした。

    ある頃からTちゃんは、少しずつ学校の現実的な部分について話してくれるようになりました。

    Tちゃんの通うA女学園中は当時、一学年あたり4クラスあったそうです。
    二年生からは成績毎にクラスが割り当てられ、それは露骨なまでの成績格差と言ってもいいほどの分け方でした。
    Tちゃんによると、こんな分け方だったようです。

    A組→学年トップクラス。国公立または医歯薬理工系に確実に合格できそうなクラス。
    B組→トップクラスとまではいかないが、割と成績の良いクラス。
    C組→まぁまぁまずまず。至って平均的な成績のクラス。
    D組→成績が危険水域クラス。退学フラグが立ち始めている生徒が散見される少人数クラス。

    A~C組までは内部進学・・・つまり高等部への進学はできるが、D組になると内部進学も危ういと話してました。
    ちなみにTちゃんはB組だったそうです。

    そんな話をしているうちにふとSさんのことを思い出しました。
    前述にも書いたようにSさんは付属小から内部進学してきたTちゃんのご近所。
    そういえば文化祭に招待された時もSさんと一緒にいる様子がありませんでしたし、ここ暫くめっきり名前が出てこなくなりました。

    思い切ってTちゃんにSさんについて尋ねた途端、にこやかな表情が一変。
    露骨に嫌そうな顔をしたTちゃんはこう言いました。

    「私、Sさん嫌いやねん」

    そこから堰を切ったようにTちゃんの口から次々とSさんの悪口が出てきました。
    Tちゃんの話はこうでした。

    確かに当初はSさんと仲良く登下校していましたし、一年生の頃に同じクラスになったので仲良くしていたとも話してました。
    Sさんは付属小から内部進学してきましたが、どうも学力面が付属小時代から芳しくないみたいで、小学校での学力面で躓いたまま内部進学してしまったようです。
    当時のA女子学園は付属小から付属中へはほぼ無条件で内部進学できたそうですので、Sさんもまた内部進学できてしまった模様。
    学力に問題がある上に所謂「暗くてどんくさい子」だったSさんはたちまちクラスでも浮いた存在になったようです。
    当初はSさんと仲良くしていたTちゃんでしたが、次第にSさんを疎ましく感じるようになったとTちゃんは話してました。
    二年生に進級したSさんのクラスは前述のD組だったそうです。

    中三の冬頃のこと・・・

    私の通う公立中に転校生がやってきました。
    何故、高校受験の慌ただしい時期に転校生がやってきたのか不思議に思いましたが、驚くことにその転校生はSさんでした。
    私が通う公立中の制服を身にまとったSさんは肩身が狭かったのかいつも背中を丸くしていたのをよく憶えています。
    そしてどこで聞きつけたのかA女子学園中から転校してきたことが学年内で噂になり、中には何故転校してきたのかを詮索する者までいました。
    Tちゃんに話すと既に知っていたようで、案の定辛辣にSさんを貶してました。
    学校から追い出すにしても中三の二学期半ばって・・・学校も酷なことするなぁ。
    そんな話を聞きながらも、心のどこかでSさんに憐憫の気持ちを持っていた私でしたが、たちまち憐憫の気持ちはどこかに吹き飛びました。

    だってSさん、学校のDQN女に媚びを売ってすり寄ってたから。

    このDQN女、よく嫌いな女子生徒にちょっかいをかけたり聞こえるような悪口を言う暇なオバカさんなんだけど、SさんもDQN女と一緒になって女子生徒に嫌がらせしてるんだよね。
    しかもSさん、転校してきたばかりで嫌がらせを受けている女子生徒のことなんて知りもしないのに。
    この様を見て、SさんがA女子学園から追い出された理由がよく理解できた気がしました。

    その後、Sさんは底辺女子高に進学しましたが、その後の行方は杳として知れません。

    そして今・・・

    ふとSさんのことを思い出したのでこうして記事に書きましたが、内部進学できないとどうなるのか?という反面教師ではないかという気がします。
    この出来事から30年近く経過していますが、その間にも時代が大きく変化し、現在は廃止された制度や大幅改革されている制度も多々あります。
    ちなみにA女子学園のその後ですが、Tちゃんが卒業後も暫くは地域で一番の学校でしたが、その後関関同立系の学校が相次いで開校したことが影響し、定員割れが続くようになります。
    このままでは学校存続にかかわるのか、校名変更や男女共学など大幅改革を余儀なくされました。
    また、付属小からの内部進学制度も選抜制に変更されたという情報もありますので、成績が芳しくない生徒は水際でシャットアウトされるということでしょうか。
    そしてTちゃん。
    20代いっぱいまではTちゃんとの関係はなんだかんだで続いていましたが、Tちゃんの結婚や渡航を境にもう長い間会っていません。
    ただ、Tちゃんが我が家の教育におけるロールモデルの一部になったことだけは確かです。

    【参考リンク先】

  • 中高一貫校でも内部進学できない!成績不振や高校から転校する時
  • 進級・進学できない方の特徴
  • bookmark_borderゲーム中毒になるということ

    0

    さて・・・

    突然ではありますが、我が家ではオンラインゲームは一切禁止してます。

    たとえそれが娘の好きな「イナズマイレブン」であろうが「シンカリオン」であろうが禁止ですし、我が家では私を含め誰一人オンラインゲームはしていません。
    こうしてオンラインゲームは一切禁止してますが、代わりにアーケードゲームは良しとしています。

    なんでオンラインゲームはダメでアーケードゲームはいいのかって?

    もちろん、ちゃんと理由があります。

    我が娘は、「イナズマイレブンアーケード」が好きでしてデータカードをせっせと集めています。
    買い物がてらゲームをすることもあって私が傍についていますし、「イナズマイレブンアーケード」以外のゲームに興味がないのもアーケードゲームに緩い理由かもしれませんが、加えて申し上げるなら次の点でしょうか。

    • 「イナズマイレブンアーケード」は100円を投入しないと遊べないけど、オンラインゲームはネット環境がある限り時間を気にせず遊び続けることができる点。
    • 「イナズマイレブンアーケード」は必ず「手に取ってみることができる」データカードがもらえるが、オンラインゲームのアイテムは手に取ることはできない。
      同じお金を払ってゲームアイテムを買うなら手に取れるほうが買った実感がわくのでは?という考え方。
    • 「イナズマイレブンアーケード」は設置されている場所に行かないと遊べないけど、オンラインゲームはどこでも時間無制限で遊べる。
    • 「イナズマイレブンアーケード」はオンラインで誰かと対戦するゲームではないが、オンラインゲームはオンラインで不特定多数と楽しむタイプが大半。
  • 以上が理由です。

    また、nintendoSwitchも禁止はしていませんが、娘が欲しがらないので今のところ持っていません。
    娘曰く「「イナズマイレブン」のゲームが発売されたらSwitchが欲しい」とのことですが、どうも開発が進んでいないみたいなので発売されないような気がしてますけどね。
    イナズマイレブンのゲームが発売されなかったとしてもSwitchを買うつもりではいますが、その時は私の個人所有として購入するつもりですので娘とは共同で遊ぶことになるでしょう。
    それだけでもゲームのし過ぎは防ぐことができると思ってますし、それにSwitchにはこんなアプリがあるみたいなのでこれもゲームのし過ぎを防止できるんじゃないかな。

    ・・・さて、ここからが本題

    いつだったか、あるオンラインゲームの開発者が「自分の子には絶対に自社のゲームはやらせない」と話してました。
    オンラインゲームを制作配信している会社はゲーム中毒者で成り立っているということがうかがい知れる一言ですし、いくら中毒者で成り立っている会社の開発者でも我が子を中毒者にしたくないという本音がでているのがよくわかります。
    ゲーム中毒は一種の精神疾患としてWHOでも認定されているほど深刻な病ですが、精神を蝕んでまでゲームにのめりこむ理由は次の二点に尽きるのではないでしょうか。

    ランカーになるとパーティーから一目置かれる
    課金アイテムが多くなるほど強くなり、やはりパーティーから一目置かれる

    よく考えてみてください。

    ランカーになったら何かいいことがあるんですか?
    ランカーになったらゲーム業界に就職できる見返りでもあるんですか?
    ランカーになったら賞金がもらえるんですか?
    ランカーになったらどこでも好きな学校に進学できるんですか?
    ランカーになったら順風満帆な人生が送れるんですか?

    課金アイテムにしてもそう。

    その課金アイテム、手に取ってみることができませんよね?
    その課金アイテム、そのゲームの中でだけしか使えないんですよね?
    その課金アイテム、ゲームの配信サービスが終了したらどうするんですか?
    その課金アイテムを買うお金で何が買えるか考えたことがありますか?
    課金アイテムの多さ=自分の価値だと勘違いしてませんか?

    それらの点をよく考えてほしいです。

    オンラインゲームは所詮空虚な遊びでしかないと思ってますし、ほどほどにたしなむ程度で遊べる人や遊びと割り切れる人じゃないと遊んじゃダメだとも思ってます。
    ですが、残念ながら中毒になってもなおやめられない人の方が多いのが現状。
    では、なぜそこまで中毒になってもやめられないのでしょう。
    私はこう思います。

  • 悩みや苦しみから逃げるため。
    学校や職場での人間関係に苦しんでいる人、家庭の問題に悩まされている人の逃げ場になってるんじゃないかな。
    あと、学業に躓いて苦しんでいる子たちの逃げ場になっているのかも知れません。
  • 自己肯定感が低い。
    自己肯定感が低い原因は家庭にあると精神科医の片田珠美先生が多くの著書でお話されているように、家庭で認められた経験や褒められた経験が少ない人ほど陥りやすいと思います。
    自己肯定感が低いからこそゲームの世界で一目置かれたると居心地がよくなってやめられなくなるんでしょうね。
  • 自己管理ができない。
    特に小中学生にありがち。
    計画性が未熟なのは仕方がないとして、優先順位を考えられない子たちが陥りやすいと考えてます。
    また、切り替えが苦手な子も同じじゃないかな。
  • 家庭の責任。
    これについては後述にて。
  • 逃げ場や居場所がゲームになっているんだとしたら当人にも同情できる部分があります。
    しかし、これが家庭の責任であったとしたら?

    昨年、娘と近所のお祭りに行ったときのこと。
    多くの露店で賑わっている中、小学生男児がお祭り会場の隅に座り込んでゲームに興じているのを見かけました。
    お祭りに来てまでなぜゲーム?
    そうまでしてゲームがしたいのか?
    思わず怪訝な表情で男児を見てしまいましたが、これは家庭の責任だと思わずにはいられませんでした。

    ゲームを与えっぱなしでろくに管理もしていないのでは?
    家族とのコミュニケーションが不足しているのでは?
    もしかして幼少期から既にゲームを与えられていたのでは?

    こんな怖い話があります。
    幼少期からゲームを与えると、ゲームの動画や音声が未熟な脳を刺激し、ゲームより面白いものはないと刷り込ませてしまうそうです。
    その結果、博物館に行こうが大自然に触れようが何も感じないそうです。
    いわゆるゲーム脳ですね。
    この男児もひょっとしてゲーム脳ではないかと疑いました。
    だからお祭り会場でもゲーム優先になるのでしょうね。きっと。

    最後になりますが・・・

    私は確かにオンラインゲームが嫌いですが、オンラインゲームを否定するつもりはありません。
    どうしてもゲームを与えるなら特に小学生の場合は保護者主体で管理すべきではないかと考えてますが、中学生だと反抗期もありますのでそう簡単にはいかないかも知れません。
    できるだけ多くの人に相談するなど家庭で抱え込むのは避けたいですね。

    家庭での管理不行き届き
    払拭できずに抱え続けている悩みや問題

    これらがゲーム中毒の条件ではないでしょうか。

    ゲーム依存からわが子を守る本 正しい理解と予防・克服の方法 (心のお医者さんに聞いてみよう)

    新品価格
    ¥1,430から
    (2020/2/2 11:24時点)


    【参考リンク】

  • ゲームのやりすぎは依存症に!?「ゲーム障害」になる前に実践したい4つの事
  • インターネットゲーム依存症を知る
  • 「ゲーム依存」は小学生から。オンライン、より刺激的に-専門医が警鐘
  • bookmark_border四年生に向けての教材あれこれ

    0

    早いものでもう三学期。
    娘の学校では、三学期中に四年生の先取り授業が始まるので今から戦々恐々としてます((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

    ・・・が

    しかし

    先取り授業は間もなくやってくるので戦々恐々としたって仕方がないってもの。
    だったら家庭と塾の両方で対策するしかありません。
    まず家庭学習ですが、例によってコレを使います。

    4年生の学習 国語・算数・理科・社会 (学研おうちゼミ)

    新品価格
    ¥3,740から
    (2020/1/14 09:54時点)


    我が家の家庭学習では必要不可欠な「おうちゼミ」。
    我が娘からも「早く買ってほしい」とせがまれているほどで、基礎固めはこれがなくては始まりません。
    ある程度、基礎ができてきたら次は「標準問題集」。
    三年生から使い始めましたが、今年も継続することにしました。
    この問題集は基礎の確かめから応用問題まで段階を踏んで学習できるので何かと重宝してます。
    何よりも無理なく効率よく利用できるので助かります。

    小学 標準問題集 算数4年:3ステップで実力アップ! (小学標準問題集)

    新品価格
    ¥990から
    (2020/1/14 09:58時点)

    小学 標準問題集 国語4年:3ステップで実力アップ! (小学標準問題集)

    新品価格
    ¥990から
    (2020/1/14 09:59時点)

    さて、全家研ポピーについてですが・・・

    学校の授業対策に最適で自主的に家庭学習に取り組めるという点からポピーもまた欠かせない教材ですが、実を言うと退会を検討していたことがありました。
    ポピーには学校の進度に合わせた教材を用意してくれるサービスがありますが、学習指導要領に伴う改定などもあり現時点では先取りに向けた教材の用意は難しいとのこと。
    もともとは予習を目的に始めたポピーでしたが、先取りに向けて教材の用意が難しいとなると退会するしかないか・・・そんなことを思っていましたが、塾の先生より「予習にこだわらず復習教材としてポピーを活用する方法もあるのではないか」というアドバイスをいただき、また夫からも同じ意見が出たことや娘からも「続けたい」と言われていました。

    で、今後の全家研ポピーですが、結論としては・・・

    継続することに決めました。

    これも今だから言えますが、一時は「Z会」や「四谷大塚」も検討したことがありましたが、塾の先生から待ったが入りました。
    先生によると、「前述の教材は難関校を受験するお子さんの補助教材であり、難関校を目指さないお子さんにとってはしんどいかもしれない」とのこと。
    確かに娘の資質を考慮すればしんどくなる教材かも知れません。
    更に先生は続けて「同じ始めるなら6年生の一年間だけにしてみては?」と仰ってました。
    いずれにせよポピーは6年生に進級する前後に一旦休止を余儀なくされるだろうと思いますので、休止中にどんな教材を使うかは塾と相談ってとこかな。


    あとは、次の教材を購入する予定です。

    小学3年 全科の復習テスト

    新品価格
    ¥1,320から
    (2020/1/17 13:16時点)


    復習ほど大事なものはありません。
    前学年を取りこぼすと後々大変なことになりかねませんので、復習は念入りに。

    つまずきをなくす 小4・5・6 算数 平面図形

    新品価格
    ¥1,100から
    (2020/1/15 09:19時点)

    つまずきをなくす 小4・5・6 算数 立体図形

    新品価格
    ¥1,100から
    (2020/1/15 09:20時点)


    今すぐ購入予定はないけど、今後の図形対策としてこれも買う予定です。
    一年生から三年生までこのシリーズを使ってましたが、お陰様で図形関係は無事クリアできました。
    基礎トレーニングからスタートできるので無理なく効率的に学習できますし、四年生以降の図形対策にどうかな・・・と思いまして。
    何よりもこのテキスト、六年生まで使えるというコスパの良さ(!)

    てなわけで四年生の先取り対策が吉とでますように。鶴亀鶴亀。

    bookmark_border2020年も順風満帆でありますように。

    0

    明けましておめでとうございます☆
    2016年に開始したこのブログ、気がつけば今年で5年目に突入しました。
    というわけで当ブログ共々どうか今年もよろしくお願いします。

    さて・・・

    一昨年はお正月をさぼったことを猛反省し、昨年からはこじんまりとしているもののちゃんとお正月らしいことをしたと書いたことがありました。
    今年のお正月も昨年同様、至ってこじんまりとした質素なお正月です。

    玄関扉に可愛い干支の人形がついた小さなしめ縄
    お雑煮には三種のお正月野菜
    テーブルには小さな鏡餅
    明日は初詣

    ・・・ね?質素でしょ?
    質素でもやらないよりはいいかなってね。
    これで年神様に怒られないかな!?
    願い事が多いのにお正月らしいことをしないとあっては年神様に怒られそうで。
    今年もお正月らしいことをちゃんとやったつもりなのでどうか願いをかなえていただけるとありがたいです。

    では、どうか今年も順風満帆な一年でありますように。鶴亀鶴亀。

    bookmark_border年に一回だからこそ!

    0

    先日、女性器がんのフル検査に行ってきました。
    子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がんはお陰さまで異常なし
    乳がん検査は結果待ちですが、異常なしでありますように。鶴亀鶴亀

    このブログをご覧の皆様も年に一回のことですからどうか必ず検診を受けてください。
    たかが検診と侮ると取り返しのつかないことになりかねませんし、何より検診を受けることで不安を取り除け心から安心することができます。
    そして自分の体を客観的に知ることができる何よりのチャンスですので、検診を受けられることを強くお勧めします!
    サブカル母様も書いておられましたが、本当に検診って大事なんです!

    検診は大事ですよ!と強調しまくったところで今日はこの辺で☆

    【参考リンク】

  • ピンクリボンフェスティバル
  • ワコールピンクリボン活動
  • bookmark_borderランキングのインセンティブに暗躍する狡い面々

    0

    今回のエントリーは、お受験や家庭学習に無関係の話題ですので何卒ご容赦ください。
    また、ところどころ不適切な表現が含まれる場合があります。

    このブログの御覧の皆様の中には私がpixivにイラストを投稿していることをご存じの方もいらっしゃるかと思います。
    お世辞にも画力があるとも人気があるとも言い難いですが、イラストを描くことが楽しいという気持ちだけで地味にひっそり投稿を続け現在に至ります。
    少しでも画力を上げたいと思っているので自分の手をデッサンしたり、骨格や目に留まったグラビア写真をスケッチしたり、不定期ではあるもののドローイングも続けてつつも時にはプロ絵師の先生にご指導をお願いすることもあります。
    そんな私の描くイラストは二次創作が大半ですが、本当に好きなキャラクターしか描きません。
    そのキャラクターが好きな方がわざわざ私のイラストを選んでブックマーク登録(以下:ブクマ登録)してくださるのですから、そうした方にはただただ感謝しかありません。

    そのpixivですが・・・

    ここ最近になり三名のユーザをブロックしました。
    当初は私のイラストを好意的に思っていてくれるからと我慢してましたが、決して好意的ではないことに気づいたためです。
    うち一名は私がイラストを投稿する度にすかさずブクマ登録を繰り返す行為が嫌だったためであり、残る二名(以下、DとY)は悪質としか言いようのない人でしたし、すぐに気づけなかった自分にも腹がたちました。
    このDとYが悪質だと断言した理由は、無差別にブックマーク登録とフォロー登録を繰り返す常習犯であることが判明したためです。
    特にDは群を抜いて悪質。
    ジャンルやタイプなど関係なく手当たり次第にブックマーク登録を繰り返し、その数は50万以上。
    一日中pixivに張り付いてスパムのようにブクマ登録を繰り返しているという異常さです。
    私もこのDに目を付けられ、執拗なブクマ登録被害に遭いました。
    Yの場合は、ブクマ数こそ問題ありませんが、フォローの数が10万以上あり、フォローされたユーザのタイプを見ても節操なし。
    そして私もYからの無差別フォローの被害に遭いました。

    このDとYには面白いほどの共通点がありました。

    【共通点1・どうみても不自然なブクマ数】
    DもYも絵師を自称し、ブクマ数がゆうに200を超えるものばかりですが、とても200以上のブクマ数をはじきだすほどの画力があるとは思えないんですよね。
    私の妬みだって?
    いいえ、妬みではありません。本当にそうなんです。
    私が尊敬しているプロ絵師の皆様や指導を受けているプロ絵師の先生のイラストですら200超なんてないのに、どうしてあの程度のイラストがブクマ数200超なの?ってカンジでした。
    ブクマ数200超のからくりは無差別フォローや無差別ブクマにあったのです。

    【共通点2・努力するところを間違えている】
    DもYもプロ志望らしいです。
    プロ志望なのにろくに練習もしないで無差別フォロー/ブクマの数稼ぎに躍起になっている点からして努力するところを間違えてますよね。
    DもYも一日中pixivに張り付いて無差別フォロー/ブクマをする暇があるんだったら練習するなり研究すればいいのに。

    【共通点3・魂胆がミエミエ】
    このDとYが無差別フォロー/ブクマを繰り返す理由はpixivランキングが狙いだったのです。
    pixivランキングで上位になればゲーム会社や出版社などからスカウトされやすいなどのインセンティブがあります。
    DもYもプロになりたくて必死ですから狡い手を使ってでもランキング上位になりたいといったところでしょうね。

    【共通点4・物販狙い】
    pixivにはイラスト投稿のみならず、自分のイラストをグッズにしたり自分のショップを開設することができるサービスがあります。
    DとYもpixivのサービスでグッズを作って販売しています。
    もうお気づきですね?
    ランキング上位をもくろんでいる上にあわよくばグッズの売り上げももくろんでいるわけです。
    ここまでくるともはや乞食ですね。

    ハッキリいいますね。

    プロデビューなんて絶対にム~リ~!

    ろくに努力もしないで狡い手を使うような輩がプロになれるわけないでしょ。
    それにDもYも自分でわかってるんじゃないかな。
    努力嫌いな上に実力がないから無差別フォロー/ブクマで数を稼いでいるってことに。
    要するに「自分は努力嫌いで魅力のない狡い人間です」って自己紹介しているようなものなのよ。

    私が尊敬する絵師の皆様や指導を受けているプロ絵師の先生は並大抵じゃない努力をしています。
    美大やイラストの専門学校出身の方ばかりですし、すでにプロとしての活動実績もおありですが、それ以上に毎日欠かさず地道に練習されてますよ。
    こうした努力を怠らない方々は尊敬に値します。

    私?
    絵師には程遠いし、ましてやプロになろうだなんて一ミリも思っちゃいませんよ。
    私にとってイラストは洋裁やアクセサリー作りと同じ趣味のひとつ。
    だけどその趣味も全力で頑張りたいだけ。
    それに努力の過程って失敗や落ち込むこともあるけど、過ぎてしまえば結構楽しいよ。

    ここで少し話が変わりますが・・・

    今も昔もインセンティブのあるランキングには狡い輩は必ず暗躍していました。

    その昔、参加していた金融系SNSにもせこい輩がいましたっけ。
    そのSNSでアクセスランキングコンテストが開催されたんですが、ランキング1位には賞金10万円が進呈されるというものでした。
    無差別にメッセージを送りまくる輩がいましたっけね。
    当時はユーザ数がそれほど多くなかったこともありユーザ同士の横のつながりが強かったので、その輩はみんなから締め出されました。

    時を遡ること20年前にも狡い輩はいました。

    Windows98がリリースされたばかりでADSLがまだまだ普及していないダイヤルアップ全盛の頃。
    個人サイトの黄金時代だった当時はネットアイドルブームでした。
    ランキングサイトがたくさんあり、ランキングトップの常連は「週刊アスキー」や「InternetSt@rt」「あちゃら」などのPC雑誌に掲載されたりトレカになったり、モデルデビューやTV出演という特典がありました。
    そんな中、あるネットアイドル(A・仮名)がランキング初登場にして数多くのランキングサイトで連続1位になりました。
    しかしながらこのAさん、これまでランキングトップになったネットアイドル達とは明らかに異質な存在でした。
    これ以上のことを書くとビジュアルを論う内容になりそうなので差し控えますが、ただ言えることはランキングトップであることが不自然に映ったことです。
    またAさんには2ちゃんねる内で不正疑惑がまことしやかに囁かれていました。
    この疑惑は信ぴょう性があったようで、Aさんがランキング1位を獲得しているサイトは全てcookieを無効にしています。
    ようするに同じユーザが一日に何回も投票できるというわけです。
    cookieを有効にしているサイトではランキングは下位。
    わかりやすいまでの不正ですよね。
    不正疑惑がますます大きくなった頃、Aさんがサイト上で「荒らし行為をする人は全員ハックしてます」と宣言しはじめました。
    ハックと言っても、単なるアクセス解析のことです。
    ハックしていると言えば疑惑が沈静化すると思ったんでしょうが、裏を返せば「その疑惑は事実です」と暗に認めているのと同じなんですけどね。
    疑惑が明らかにされないまま、やがてネットアイドルブームは終焉を迎えることとなりました。

    あれほど多かったネットアイドルランキングサイトは軒並み閉鎖。
    ネットアイドルを紹介していたPC雑誌も軒並み廃刊。
    そしてネットアイドル達のサイトも軒並み閉鎖し、Aさんのサイトも多分に漏れず閉鎖。
    Aさんの消息がわからない今、不正疑惑も藪の中。

    最後に・・・

    インセンティブのあるランキングサイトには今も昔もずるいことをする輩が必ず存在します。
    しかし、悪の栄えたためしなし。
    そんな輩は成功することなくひっそり消え去ることでしょう。

    bookmark_border嫌いな人には露骨な態度を示してもよい・・・と断言します。

    0

    旧ブログで得意としていたメンタルネタを久々にこちらで書きたいと思います。
    今日のエントリーはタイトルのとおり「嫌いな人には露骨な態度を示しても全く構いません。」というお話。

    このブログをご覧の皆さんの中には嫌がらせをしてくる人や他人からの露骨な態度に悩まされている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
    その悩みから開放されるたったひとつだけの方法があります。
    それは「嫌いな人には露骨な態度を示してもOK」ということ。
    もうね、露骨に示しちゃって全然いいんです。
    いいんですけど、まずその前に次のチェックリストをご覧になり、いずれも該当しないことを確認してから行ってくださいね。

    • 当該の相手を嫌うことで仕事や生活に全く影響がないこと。
      万一影響がある場合は、その時は別の方法を模索してみましょう。
    • 一定期間、譲歩するなど現状を改善する努力をしていた。
    • 明らかに嫌がらせを受けていて、その証拠があること。(状況証拠でも可)
    • 今後一切関係が修復する見込みがないと断言できること。
    • 当該の相手から一切の恩義を受けていないこと。
    • 明らかにギブアンドテイクが成立していないこと。

    以上です。
    明らかに該当する項目がないと断言できるのであれば、嫌いな人には露骨な態度を示してもOKです。
    ただし、次のルールは必ず守ってくださいね。

    • 当該の相手を非難する話や悪口を絶対に触れ回らないこと。
      これ、ご法度です。絶対にしないでください。
      触れ回った分だけあなたの印象が悪くなります。
    • 露骨な態度を絶対に誰かに見られてはいけません。
      見られたら最後、あなたの印象が悪くなる恐れがありますので、見られないように気付かれないようにが鉄則です。
      一番いい方法は、相手の存在に全く気付いていないフリをし、視界に入れないことです。
      一瞬でも相手を見ないようご注意ください。
    • 露骨な態度を示していいのはひとりだけ
      露骨な態度を示す人を極力増やさない努力をしてください。
      それらの努力は人間関係を鍛える一助になると思います。
      露骨な態度を示す人が増えるほど四面楚歌になる恐れがありますので、よく考えてからお決めください。

    以上が確認できたら今日からでも是非お試しください。
    これであなたは嫌いな人や嫌がらせをしてくる相手に悩まされることはないでしょう。

    何故、嫌いな人や嫌がらせをしてくる人に露骨な態度をとってもいいのでしょう?
    それは、露骨な態度をとることで「いつまでも受身でいてたまるか」と相手に知らせるためです。
    じっと耐え忍び、受身でいるから相手はつけあがるのです。
    中には「波風をたてたくない」からと我慢する方もおられるでしょう。
    いやいやいや
    嫌がらせをしている時点で十分波風たちまくってるから露骨な態度をとってもいいんです!

    実は、私も既に実践済みです。
    娘の学年のある保護者ですが、それはもう相手にも伝わるほど敵意むき出しの態度ですよ。
    詳しいことは書けませんが、心底侮辱されても一年以上も我慢を重ねてきましたが、限界だったんでね・・・。
    夫によると当該保護者が視界に入ってくるだけで般若に豹変するから怖いと言われのでよっぽどだったんでしょうね。
    この当該保護者については、今の状態で書くと口汚く罵る内容になりかねないので、いつかまた別の機会にこのブログに書きたいと思います。

    最後に・・・

    こうした態度をとることで「大人の態度ではない」だの「大人げない」だのと非難する良識派さんがおられますが、相手にしなくていいですよ。
    その手の良識派さんほど「お前が言うな」な人たちばかりですから。

    bookmark_borderやる気グッズ・・・我が家の場合。

    0

    元ネタは「出すぎた杭は打たれない」の打たれる様

    やる気グッズがあれば勉強する気になる?

    いつもパクってばかりですみません(´Д⊂ヽ
    どうかお許しください。

    巷には様々な「やる気グッズ」が売られています。
    中にはモチベーションを維持するためのアプリもあるのかな。
    ・・・こうしていろんな「やる気グッズ」が次から次へと考えだされては売られているわけですが、打たれる様も仰るようにやる気を出すのもモチベーションを上げるのも結局は本人次第ということでしょうか。
    よくありがちなのが、やる気グッズやら有料のモチベーション維持アプリなんかを購入して、当初はやる気に満ちているんですけど、そのうちやる気グッズが放置状態・・・。
    グッズやアプリを購入しただけで勉強した気分になれる心理状態は通信教育に通ずるものがありますよね。
    あれですよ。
    「○○を買ったら××ができるようなった気がした」ってやつね。
    これ、何となく分かる気がします。うんうん。
    でもね、本来の課題に向き合わないことには、やる気グッズも無用の長物になりかねませんので、やる気グッズは必要最小限にとどめたいところですよね。

    さて・・・

    我が家のやる気グッズはこんなカンジです。

    3年生の学習 国語・算数・理科・社会 (学研おうちゼミ)

    新品価格
    ¥3,672から
    (2019/9/18 13:32時点)


    やる気グッズというよりは、家庭学習用ワークですけど・・・。
    娘にとってのやる気グッズは、この教材についてくるアプリです。
    このアプリ、なかなかよくできてるんですよ。

  • このアプリの目玉!単元毎の解説動画を繰り返し観ることができる。咄嗟にイメージすることが苦手なお子さんには絶対にお勧めです。
  • 一ページを学習する度に時間を計測できる。
  • アプリの問題に正解できたらお世話しているキャラクターにおやつをあげられる。
  • 学習回数に応じてお世話しているキャラクターの部屋がグレードアップされる。
  • これまた学習回数に応じてキャラクターからシュールな内容のお手紙がくる。
  • やはり学習回数に応じて称号が与えられる。
  • またまた学習回数に応じてアプリ限定ドリルをゲットできる。
  • 特別収録として影山先生のアドバイス動画付!
  • 我が家にとっては最高峰のやる気グッズです。

    次にこちら。

    画像が暗くて面目ありません(´・ω・`)
    このシールは娘にとって何よりのモチベーション維持になっています。
    小学校受験のペーパー対策をしていた頃からこうしたシールを活用していましたが、シールを活用したモチベーション維持は今も続いています。
    ちなみに画像のシールですが、イナズマイレブンは現在も購入可能ですが、シンカリオンは品薄状態とのこと。

    ・・・以上、こんなカンジです☆

    やる気グッズって、お子さんの性格や資質、好きなものに応じて選べばOKかなって思うんですよ。
    「これがあるから頑張れる」と思えるものがひとつあればそれで十分ってことで☆