bookmark_borderお受験に不向きであることに気づく時

0

偶々、こんなコラムを見つけました。
このコラムは、掲示板サイト「ママスタジアム」内に掲載されていたものですが、お受験を断念するに至るまでが書かれています。
今回のエントリーはこのコラムの一字一句キチンと読んだ上での感想を書かせていただきたいと思います。

・・・さて
ここで少し前フリに入ります。

小学校受験は、中学受験や高校受験などと違って考査の点数だけでは合格できず、あまつさえ合格基準が不透明ゆえに不安や疑問を抱くのはごく自然な感情です。
多くのお母様は戸惑いながらも懸命に前に進もうとされていますし、中には戸惑いや疑問に思われたことを直接幼児教室などに投げかける方もおられます。
でもそれでOK!
少しでも戸惑ったり疑問に思ったことはどんどん幼児教室に質問したり泣きついちゃえばいいんです!
家庭学習のみで対策されている方はスポット講習会やニチガクを始めとする(←当ブログいちおしのニチガク)模擬試験の主催者に直接質問するのも方法です。
少しでも戸惑いや疑問があれば少しずつ取り除いていきましょう!

・・・と言ったところでようやくここからが本題。

コラムの感想を率直に申し上げると、執筆されたママさんはあまりお受験を理解しておられないのではないか?という印象でした。
例えば、『受験で判断されるものは何か?』という疑問。
ちょっとキツイことを言っちゃうね。
これがわからないと小学校受験は厳しいと思うんですよ。
では、小学校受験で何を判断されるのか?
答えはひとつ。

校風に合うご家庭であるかを判断する。

ただこれだけです。
校風に合わない子はペーパーが満点でも面接で模範解答をしても合格できません。
私国立小では校風に合うご家庭がほしいので考査を行うわけです。
要するに

ペーパー+行動観察(個別考査や運動考査なども含む)+面接校風にあうご家庭であるか?

これらを全て満たしてこその合格ということです。
前述で小学校受験は合格基準が不透明と書きましたが、校風に合うかどうかで判定される点が不透明と言われる所以ではないでしょうか。

コラムには、幼稚園ではシングルタスクだったのに対し幼児教室ではマルチタスクが要求されていることへの戸惑いが書かれていますが、実は小学校受験を目指すお子さんの中にはシングルタスクなお子さんは少なからずいます。
発達面であったり早生まれであったり第一子であったりと個人差がどうしてもありますので、個人的な意見を申し上げるとあまり気にする必要はないと思います・・・と言いたいところですが、気になってしまいますよね。
多くの幼児教室では難関校に照準を当てているのでマルチタスクの指示をしがちですが、もしも志望校がゆったり校や中堅校であればシングルタスクの指示がキチンとできていれば心配しなくても大丈夫だと思います。

コラムには「白い線からはみ出たら”ぺけ”ですよ」という先生からの注意についてが書かれていましたが、この点についての感想を書かせていただきます。
コラムには、幼児教室の先生が「白い線からはみ出たら”ぺけ”ですよ」と注意したことに疑問を持ったと書かれていましたが、私に言わせるとかなり優しい幼児教室だと思いました。
娘の通っていた幼児教室では関西ならではの「アカンやろ」「アウトやで」「それダメ」でしたので、「ぺけ」で疑問に思われるのなら関西なんて軒並みアウトだわね。
ついでに言うと、白い線からはみ出さないこと・・・これにはちゃんと理由があります。

ルールをきちんと守れているか?
指示を守れているか?
周囲との統率がとれているか・・・即ち集団生活に問題はないか?

白い線からはみださないことでこれらの基準を判断しているのです。
追手門などの厳格な学校であれば白い線からはみでると減点される可能性がありますが、中には少しはみ出た程度なら大めに見てくれる学校もあります。
もっとも大きくはみ出るのは論外ですけどね。
前述にも書きましたが、多くの幼児教室は難関校や有名校に照準を当てて指導しますので、どうしても厳格になりがちです。
「白い線からはみ出したら”ぺけ”」という言い方に疑問があるというなら、どんな言い方なら納得できたのかな?

次の気になる点はアヒル歩きについて。
小学校受験ではよく動物になりきってゴールまで歩くという課題が課されますが、この課題にはちゃんと理由があります。
例えば国立小ではおなじみのクマ歩き。
あれは「動物さんになりきろう」系のスタンダードですね。
あのクマ歩きには体幹が整っているのかを確かめるという目的があるのをご存知でしょうか。
体幹が弱い子がクマ歩きをすると不安定な動きになるそうで、要するに体のバランスがよろしくない・・・ひいては基礎体力に問題アリということになるのかな。
基礎体力の有無を判断する目安としてクマ歩きが必要なんでしょうね。
・・・でアヒル歩き。
これも恐らく体幹チェックの目的もあるんだろうけど、他の目的もあると考えてます。

指示どおりの動きができるか?
想像したことをアウトプットできているか?
臨機応変さ
物怖じしない性格であるか?
などなど。

子役の養成所ではありませんので、完璧にアヒルになりきる必要はありませんが、アヒルになりきろうと努力することが評価対象ではないかと思ってます。
コラムによると筆者のお嬢さんは、あひるの水かきをどう表現していいのかわからなかったという理由からスタートラインから動けなかったそうです。
とてもステキな疑問ではありませんか(!)
ステキな発想だと思うんですけど、小学校受験ですので可視化されない発想は評価されない可能性が高いんですよね・・・。
ステキな発想を評価されないことに疑問を持つ気持ちはわかりますが、ここでどう割り切るか・・・という点が分岐点かな。
考査としては評価されないかもしれないけど、その分、家庭で盛大に褒めてあげたらいいと思えるならお受験は続けたほうがいいと思うし、評価されないことが納得できないようならお受験は諦めたほうがいいと思うし。

このコラムの筆者は小学校受験を断念するという選択をしますが、それもひとつの方法ですし勇気ある決断だとも思います。
ただ、この筆者に言わせていただくとするなら、私国立の子どもたちをやんわりDisるのはやめてほしかったかな。
特に最後の

「狭い範囲で子どもをジャッジされる」

「子どもの未来は狭き門だけがスタートではない」という一文。

特に「狭い範囲で子どもをジャッジされる」という一文は、小学校受験を理解していらっしゃらないと感じました。
考査で審査されるのは子どもではなく家庭です。
なぜなら子どもは家庭を映す鏡だから。
子どもを通じて家庭を見ているわけです。
その点がわからないようではやはり小学校受験は困難を極めたかもね。

次に「子どもの未来は狭き門だけがスタートではない」という一文。

そうかな?

小学校の6年間を甘く見ないほうがいいですよ。
特に公立小の良し悪しは校区に左右されますが、それがハズレ校区でも同じことが言えるかな?

ハズレ校区の小学校に通うと順風満帆な小学校生活は期待できないだろうし、ハズレ校区ほどハズレ教師の巣窟になっていることはご存知?
ハズレ教師が担任になると悲惨だけど、その覚悟はあるかな?
あと、公立小は校区に住民票さえあれば誰でも入学資格があります。

誰でもですよ?誰でも。

きちんとしたご家庭の良い子たちばかりならいいけど、中にはロクな躾をしていないご家庭や育児放棄気味なご家庭だってあります。
一般常識のないご家庭もあれば教育方針がいろいろおかしいご家庭も実際にあります。
中には貧困家庭だって紛れ込んでいるでしょう。

そんなご家庭ほど話が通じないけど乗り切る自信ある?

そうそう、公立小女子の同調圧力も甘く見ないほうがいいですよ。
公立小女子の本当にあったひどい話をご紹介しましょうか。

・TWICEに興味がない女子またはTWICEグッズをもっていない女子を仲間外れ
・女子小学生による熾烈なおしゃれ合戦。ブランド服を持たない女子はイケてないとみなして仲間外れかいじめの対象。
・卒業式で袴じゃないと影でヒソヒソ
・低学年にしてDQN丸出しの言葉遣い。「ウザイ」「消えろ」などなど。

それだけ育ちが悪い女子小学生が多いということです。
そしてそんな女子の保護者ほど躾や教育に無頓着ですし、「あの親にしてこの子あり」を地で行くひどさですけど、そんなご家庭と互角に渡り合える自信ある?
だから小学校の6年間を侮らないほうがいいと思いますよ。

あと、有名校に合格した子がその後、壁にぶつかることがザラにあると書かれてますが、これもやんわりDisってね?
私立の子はあまちゃんだから壁にぶつかると言わんばかりだわね。

じゃあ公立だったら壁にぶつからないの?
っていうかそもそも壁にぶつからない子なんているの?

言わせてもらうと私国公立にかかわらず、どの子も必ず壁にぶつかります。

ただ、壁にぶつかった時にどう乗り越えるか?乗り越えるための処世術をどれだけ身に着けているのか?それが大切なんじゃないのかな。
勉強一辺倒の家庭なら乗り越えるのは難しいでしょうし、何かにつけて過保護な家庭も然り。
家庭で自己肯定感を育まれていない子も壁にぶつかった時に乗り越えるのは困難でしょう。
壁にぶつかって乗り越えることができるかかどうかは学校ではなく家庭次第ってことなんだわ。
壁を越えられないのを学校のせいにされちゃ困るね。

後半は恨み節めいた表現が散見されたように思えたのは私だけかな。
こうして恨み節が出てくるのって断念したことを正当化しているようにしか見えないんだわ。
筆者には恨み節のつもりはないかもしれないけど、私には恨み節にうつったのよ。ごめんなさいね。
断念したのなら、その行動に対して自信を持つしかないんじゃないのかな。
いかりや長介じゃないけど「次、行ってみよー!」でOKじゃないのかなって思うのよ。

最後に・・・

本来はどの子も小学校受験に向いているはずなんです。
向き不向きを決定づけるのは家庭の舵とりひとつじゃないかなって思うんですよ。

参考リンク:
くま歩きの重要性

めくるめく驚愕ワールド お受験ちゃん(^v^)

中古価格
¥379から
(2019/8/9 07:30時点)



このブログで度々ご紹介させていただいてます。
副題のとおり「すべっちゃった体験記」ですが、お受験版・しくじり先生だと思ってます。
筆者からは一切恨み言めいた表現が出てこなかった上にお受験で頑張るご家庭にエールを送っているその姿勢はただただ素晴らしいの一言に尽きます。

bookmark_borderでしゃばりな子どもはお受験に向いているのか?

0

以前、こんなエントリーを書きました。

【厳しい話】小学校受験で敬遠されやすい子どもの条件


このエントリーにて、「でしゃばりな子どもは、学校によっては利発な子と看做される場合もある」と書きましたが、果たして「でしゃばりな子ども」はお受験に向いているのでしょうか?
大半の学校では敬遠されるのでしょうか?
今回はその「でしゃばりな子ども」について書きたいと思います。

その前に・・・

上記のエントリーや今回のエントリーをご覧の皆様は「このブロガー(淀屋橋アキ)はでしゃばりな子どもが嫌いなんじゃないか?」とお思いになるでしょう。
率直に申し上げますが、私は「でしゃばりな子ども」は嫌いです。
というワケで嫌いという前提で書かせていただきます。
でしゃばりな子どもが嫌いな理由?
そらあんた・・・でしゃばりな子どもって可愛くないし鼻持ちならないもの。
それ以上にでしゃばりな子どもの親って「あの親にしてこの子あり」なのか、英才教育自慢や「うちの子はしっかり者」自慢をしたがる割には注意しなきゃいけないところをスルーしたりとズレてんだよね。
そういえば以前、こんなエントリーを書いたことがありましたっけ。

お受験を甘く見てはいけない


このエントリーに登場する女児は典型的な「でしゃばりな子ども」でした。

さて・・・

今から3年前の春の出来事です。
娘と夫の三人で第一志望校の学校説明会に参加したときのことです。
この時期になると考査まで半年を切っていることもありどの保護者も緊張の色が隠せなくなります。
この日は、説明会のイベントとして英語の体験教室が開催されていました。
娘を含め参加したお子さんは静かに先生のお話を聞いていましたが、その中にひとりだけ雰囲気をぶち壊す女児がいました。

先生のお話を遮っては「わたし、それ知ってるー!」
他の子の発表を遮って「わたし、それわかるー!」
事ある毎に「わたし、それ知ってるー!」「わたし、それできるー!」

「知ってるできる」うるせーよ!黙れクソガキ

保護者席から見ていた私の心の叫びです。

この当該女児、でしゃばりで負けず嫌いな振る舞いがとっても目立っていたので、静かに先生の話を聴いていた子どもたちの中で一際浮いた存在でした。

説明会が終わり、校長先生に個別に質問していたとき、この女児が突然話に割り込み、私を押しのけて校長先生に「自分はこんなことができる」自慢をまくしたてました。
女児の母親は、それを注意するでもなく遠巻きから眺めているだけ。
私の怒りは爆発寸前でしたが、校長先生の手前それを堪えるのに一苦労でした。
説明会の帰り道、夫に「あの子(当該女児)、嫌いなタイプでしょ?」と言われ、夫にはとっくにバレバレでした・・・。
その後、第一志望校では定期的に見学会や説明会が開催されましたが、あの時の説明会以来、当該女児を見かけることは二度とありませんでした。
この女児がその後どうなったのかは不明です。
多分・・・だけど、当該女児の親が気づいたんだろうね。自分の娘と学校の雰囲気が合っていないことに。
そりゃそうだよ。
だって、あれだけ浮いてりゃ雰囲気が合わないことくらいわかりそうなもんでしょ。
私が「嫌い」というバイアスがかかっているので悪いようにしか映らないだけかも知れませんが、当該女児は恐らく全滅したと思います。
それというのもこの女児、私が校長先生に個別質問をしている最中に割り込んできた時に娘が通う幼児教室のイベントに参加したことをまくし立てていたんですよね。
体験授業の際には娘のほかにも教室生が数名ほど参加していましたが、娘を含めどの子も静かに先生の話を聞いていましたので、これらの点からみても当該女児は教室生ではないだろうと思いました。
もしも教室生であれば授業中に他の子の発表や先生の話を遮ってでしゃばる行為は厳しく注意されるはずですし、でしゃばりな態度は行動観察の際にアウトになる可能性が高いから、ちゃんとした幼児教室だったら厳重注意すると思います。
でしゃばりが過ぎて浮いていた点から見ても恐らくどこの教室にも通っていないんじゃないかな。
でもって、当該女児の振る舞いを一切注意しない母親の態度からして、この当該女児って家庭でもでしゃばりな態度を注意されたことがないんだろうね。

では・・・ここで気を取り直して

前述の女児もそうですが、話に割り込みたがる子やでしゃばりな子はお受験以前に大人から嫌われやすい傾向にあります。
その理由は、

でしゃばりな子=人の話を聞けない
話に割り込む子=待つことができない。または自己中心的思考。

という烙印を押されやすいからだと私は考えてますが、もっと言うと不協和音を引き起こす要因にもなりかねないからではないでしょうか。
事ある毎に「私が私が」などとでしゃばる子が周囲の和を保てると思いますか?
他の子どもたちを押しのけて「私が私が」などとでしゃばる子に思いやりの心があると思いますか?
説明会の体験教室で先生の話を遮って「知ってる知ってる」とでしゃばるような子どもですから、考査や授業でやらかす可能性は十分にあり得ますし、そうなると授業妨害をしかねない子どもと判断されて不合格になる可能性が高くなるでしょう。
更に言うと、場の空気が読めない子は不合格のリスクが高いので、体験授業での一連の言動は「場の空気が読めない」と思わざるを得ません。
ペーパー重視校ならまだ誤魔化せるかもしれませんが、周囲の和を重んじる伝統校では嫌われやすいんじゃないかな。

・・・ところで

でしゃばりな子ってどうしてでしゃばりなんでしょう?

それはきっと寂しいからだと私は思います。
認めてほしくて褒められたくて必死なんじゃないかな。
もっとお話をたくさん聞いてほしいからじゃないかな。
家庭でいっぱい褒められていたら「私が私が」ってでしゃばる必要がありませんし、家庭でいっぱい話を聞いてもらっていたら先生の話を何度も遮ってでしゃばったりしないでしょ?
失敗も含めて存在を認められていれば他人の話に割り込んで「私は何でもできる」アピールなんてする必要がないでしょ?
どれも満たされていないからでしゃばることで承認要求を満たしてるんじゃないのかなって思うよ。
少ないとも私が知っているでしゃばりな子どもは皆、寂しい子ばかりでした。
このエントリーに登場する女児も然りで、詳しいことは書けませんが実は寂しい子だったことを知っています。

もっとこっちを見てほしい
もっと話を聞いてほしい
もっと褒めてほしい
もっと一緒に笑ってほしい
もっと認めてほしい

そんな気持ちが爆発した結果がでしゃばりな言動であり、でしゃばることでSOS信号を発していると私は思います。
言ってみれば出しゃばりな子どもって親の責任でもあるんですよね。
先ほど、出しゃばりな子は不合格のリスクが高いと書きましたが、小学校受験は親の受験でもありますので、コミュニケーション不足な家庭と判断されて不合格になる可能性もあり得ます。
小学校受験に大切なことは親子のコミュニケーションではないかという私の意見でもってこのエントリーを締めくくりたいと思います。

最後に・・・

親の愛情って何だろう?
その答えはこの本に書かれています。

あふれるまで愛をそそぐ6歳までの子育て―子どもの心にひびく愛ひびかない愛

新品価格
¥1,404から
(2019/3/24 11:37時点)

愛情で迷った時にはいつもこの本を読んで励みにしています。
この一冊がどれだけ心強いか・・・是非ご覧ください。

【参考リンク】

bookmark_border推薦状についてのお話

0

「熱意のお手紙」に何の効力もありませんよ。

幼稚園や幼児教室、果ては在校生の保護者などに推薦状を依頼される方が時々いらっしゃいますが、推薦状にどれほどの効力があるのでしょうか?

答えはほぼゼロ。

志望校に推薦状を出したところでかえって印象が悪くなる恐れがありますし、特に洛南・城星に至ってはコネが通用しないのに、ましてや推薦状など通用するわけがありません。
なになに?
その根拠はって?
根拠ならあるよ♪
洛南については、上記のリブログ参照ね。
城星については、縁あって知り合いになれた在校生のお母様にいろいろと事細かに教えていただきました。
ちなみにその方は兄弟そろって合格させた凄腕なんですよね、これが。

では洛南・城星以外ならどうか?
当ブログによく名前が挙がるニチガクのご担当者様によると印象が悪くなるだけなのでやめておきましょうとのことです。
ただし、学校によっては推薦状を考慮する場合もあります・・・が、あくまで判断基準のひとつに過ぎません。
推薦者として効力を発揮するとすれば、付属幼稚園の先生や保護者が卒業生であることを含む学校関係者。
学校と関係のある議員さん、学校とお得意さん関係にある幼児教室などでしょうから現実は厳しいかもね。

さて・・・

さきほどから「印象が悪くなる」という言葉が何度か出てきていますが、推薦状を出すと何故印象が悪くなるのでしょう?
では、推薦状をラブレターに置き換えて考えてみましょう。

ある日、Aくんからラブレターを受け取りました。
しかし、よく見るとラブレターを書いたのはAくんのクラスの担任の先生で、手紙の内容はAくんがいかに素晴らしい生徒であるかがとうとうと書かれてある上にAくんと交際することを強く薦める言葉で締めくくられています。
もしくは、Aくんからラブレターを受け取りましたが、ラブレターを書いたのはAくんではなくあなたの家のとなりに住むおばちゃんからでした。
手紙の内容はやはりAくんがいかに素晴らしい男性であるかがとうとうと書かれ、これまたやはりAくんと交際することを強く薦める言葉で締めくくられています。

さぁ、こんな手紙をもらったらどう思いますか?
もうドン引きですよね?
Aくん本人が書いたラブレターだったとしても、その内容が一方的な内容だったら嫌な気持ちになりませんか?

結局、推薦状もラブレターも根っこは同じで、推薦状を書いたところで推薦したご家庭が志望校に合わなければ合格できませんので、推薦状などなんの意味もないということなのです。
もっと言うと、本来なら面接や願書の志望動機欄に自身でアピールすべき事柄を推薦状を使って他人にアピールさせていることと同じなので、それらの点も印象が悪くなる理由の一つだと私は思います。
何よりも推薦状を書いたところで

志望校と家庭の雰囲気が合う
考査の基準を満たす

この二つが一致しないことには話にならないんじゃないのかな。

時々、推薦状や熱意のお手紙の書き方を指導すると称する幼児教室が散見されますが、少なくとも大手の幼児教室では絶対にありえないですし、そんな眉唾な指導をする幼児教室は早急に辞めたほうがいいかもね。

切羽詰まるお気持ちはよくわかりますし、藁をも掴みたいというお気持ちも痛いほどわかります。
3年前は我が家も同じ気持ちでしたから他人事ではありません。
ですが、お受験ってご縁なんですよ。
考査の基準を満たすことも大切ですが、それ以上に志望校の校風に合うご家庭でないと合格できないのが現実なんです。
確実に合格するためにも志望校を慎重に選び、しっかりと戦略を立てて準備をすることが一番ではないでしょうか。
そうした努力を志望校はきっと見ているはずです。

追伸)
ラブレターのたとえ話は、こちらのブログをパクリ・・・もとい参考にしました。
ことり様、すみません!

【参考リンク】

ニチガクと言えば模擬試験と「ウォッチャーズ」でおなじみですが、実はこちらの本も有名。
お受験本は数あれど、この本はお受験入門書としてはベストセラーではないでしょうか。

小学校受験入門 願書の書き方から面接まで

新品価格
¥2,700から
(2019/3/11 10:05時点)

お受験の歴史は意外に古い(!)
古いけど選考基準は今も昔も大差ないように思えます。
不透明と言われる小学校受験の選考基準ですが、選考基準について書かれている貴重な一冊です。

〈お受験〉の歴史学 選択される私立小学校 選抜される親と子 (講談社選書メチエ)

新品価格
¥1,872から
(2019/3/11 10:42時点)

bookmark_border恐るべし洛南

0

ここ関西・・・特に考査日が早い京都府ではそろそろA日程の結果が出始めています。
関西最難関の洛南小も既に考査が終了しましたが、例年どおり最難関校の噂に違わぬシビアな考査内容だったようです。
洛南の考査は兄弟枠やコネが全く通用せず、考査のスコア至上主義と言われている上に、両親に書かせる作文も考査の対象なのは周知の事実。
以前通っていた幼児教室の先生によると、両親に作文を書かせるねらいは、両親の知性と教養を試すためだというからから恐ろしいですね~。

さて・・・

ここからは当時通っていた幼児教室の先生と在校生のお母様から聞いたお話に基づいて書きたいと思います。
決して私の想像や憶測ではないということだけ申し上げます。

その前に・・・娘が非上位校に通っているのに何故に洛南の在校生のお母様から話が聞けたのかって?

詳しくは書けませんが、娘が「行きつけのある場所」で仲良くなった女の子が偶然にも洛南の在校生だったんですよ。
その縁でお母様からいろいろなお話を伺うことができたというわけです。

幼児教室の先生と在校生のお母様が口を揃えて仰っていたことですが、幼児教室内や模試で成績が常にトップクラスでないと洛南に合格できないそうです。
もっと言うと膨大な量のペーパーを苦にせず難なくこなすお子さんでないと合格できないと先生がよくお話されてましたっけ。
何故、トップクラスレベルでないと合格できないのか?
これも幼児教室の先生や在校生のお母様から直接聞いた話ですが、洛南では小1の時点でいきなり小6レベルの授業をする上に、あまつさえ膨大な量の宿題が毎日課されるため、そのレベルについていけるお子さんが欲しいというから恐ろしいですね~。

時々、安易な動機で洛南に行きたいと仰るママさんにお目にかかることがあります。
お子さんが洛南の恐ろしいまでのレベルについてこられる自信がありますか?
膨大な量のペーパーを難なくこなせる自信がありますか?
両親の知性と教養が作文考査で試されますけど、クリアできる自信がありますか?
このブログでも再三再四に渡って書いてますが、不合格になるご家庭ほどお子さんの資質や発達、性格を無視した学校選びやブランドで志望校を決めるご家庭ばかりですし、何よりも視野が狭いのか他の学校を見ようとしませんでした。
少なくとも私の周辺にいた不合格家庭はそんな方ばかりでした。

最後に・・・
その学校に通うのはママではなくお子さんです。
だからこそお子さんに本当に合った学校選びをするべきではないでしょうか。
ブランドに執着するのも結構ですが、そのブランド校が本当にお子さんに合っていると思いますか?
今一度再考されてみてはいかがでしょう。

・・・以上、洛南とは全く無関係な私、淀屋橋アキが居丈高に語ってみましたとさ。

bookmark_borderコネは羨ましいことなのか?

0

【注意】
今回のエントリーは個人を揶揄しているととれる内容です。
個人が特定できないようできるだけプライバシーや表現には配慮しましたが、お見苦しい表現が散見されますことをご容赦ください。
また、今回のエントリーは状況に応じて予告なく削除する場合がございます。
悪しからずご了承ください。

小学校受験の際には必ずと言ってもいいほどコネの噂がついて回りますが、小学校受験においてコネがあるかないかで言えばあると思います。
保護者が卒業生であったり、身内が学校関係者であった場合、合格できる可能性が高いと言われていますが、その理由は身元確かなご家庭のお子さんを合格させたいという学校側の考えがあるからではないでしょうか。
加えると学校関係者であれば学費は確実に払ってもらえるでしょうし、場合によっては寄付金もあり得ますので結果的に優先されやすいのでしょう。
この他にも、警察関係や法曹関係もお受験には有利と言われていますが、その理由は訴訟など万一のトラブルに備えられるからだと言われています。
四條畷学園小のように保護者が卒業生であった場合、ペーパーの際に加点することをはっきり説明しているところもあれば、洛南や城星のようにコネや兄弟枠が通用しないところもあるので、コネがあるかないかで言えば、あると断言したものの、学校によりけりと言うのが本当のところでしょうね。

さて・・・

喉から手が出るほどコネが欲しいとお考えの方に申し上げたいですが、コネってそんなに羨ましいことでしょうか?

コネで入学するとその後も安泰でしょうか?

私はそうは思いません。
何故なら、コネが必ずしもいいとは限らない実例を知っているからです。
私はこれまで明らかにコネとわかる合格をされたお子さんを二名知っていますが、入学後は決して安泰とは言い難いものがありました。

うち一人は娘と同じ幼稚園に通っていた女児(以下:Zちゃん)で、おっとりした可愛らしいお子さんでした。
Zちゃんの志望校は某名門校でしたが、早生まれ第一子な上にあまつさえ何事もスローペースなZちゃんが厳しいことで知られるあの学校を目指すには無理があるんじゃないか・・・余計なお世話かもしれませんが、内心そんなことを思っていました。
あれはZちゃんが年中さんの頃でしょうか・・・娘が通う幼児教室に体験で来た事がありましたが、場の雰囲気が合わなかったのかZちゃんは大泣きしてしまい入会を断念した経緯がありました。
結局、小規模な個人教室に通うことになったそうですが、その教室は難関校や上位校を目指すご家庭なら普通は選ばないところなんですよね。
だって得意分野が教室の近隣にある某中堅校だから。
そうですね・・・当該の名門校にどうしても行きたいご家庭であれば大手進学塾直営の幼児教室とか奨学社を選ぶかな。
考査直前に開催された模試の結果がボロボロだったとZママが嘆いていましたが、何故か志望校だった某名門校に合格。

実は、Zちゃんの身内に幹部クラスの学校関係者がいたんですよ、これが・・・。

そう言えばZママって、やたらお受験を予定していることをひけらかす一方で同じお受験ママたちを避けたがるところがありましたが、今になってみると何となく腑に落ちました。
このZちゃん、聞くところによると学校生活が大変らしく、授業についていくだけでも一苦労みたいですよ。

もう一人は娘の学校にいた女児(以下:Qちゃん)。
いた・・・?
はい、「いた」です。
だってQちゃんは昨年、学校を辞めてしまいましたから。
Qちゃんは年明けに受験しました。
年明けに開催される考査は主に、国立が残念だったご家庭や急遽受験を決めたご家庭を対象にしていますが、恐らくQちゃんのご家庭も急遽受験を決めたのかな。
ところが、同じ日に受験されたお母さまによると、このQちゃんの考査での態度が目に余る酷さだったそうです。

何しろ考査中に教室ででんぐり返しするわ
机の上に立って飛び跳ねるわ
ウロウロ教室内を歩き回るわ

その度に先生が止めに入ったそうですが、先生が離れた僅かなスキにまた・・・ってカンジ。

ところが、結果はまさかの合格。

Qちゃんが合格できた理由については、詳しいことは書けませんが縁故であるとだけ申し上げます。
なにぶん周知の事実ですので・・・。
さて、この考査でのひどすぎる態度はたちまち保護者間で噂になり、保護者の多くはQちゃんを快く思っていなかったみたいです。
このQちゃん、奇しくも娘と同じクラスになってしまいましたが、粗暴さなどはないもののとにかく落ち着きがなく、参観でもその様子が随所に見受けられました。
クラスのみんなは静かに先生の話を聞いているというのにひとりだけ椅子をガタガタ揺らすわ、大きな声で独り言を言いながらプリントを解くわと一人だけ違和感でしたが、Qちゃんの保護者はニコニコするだけで特に気に留めていないご様子。
担任の先生がうまく取りまとめていたから、どうにか学級崩壊に至らずに済みましたが、学童では一人だけ宿題もせず室内を喚きながら走り回っていました。
Qちゃんは決して悪い子ではなく、人懐っこくて可愛らしい、それでいてお勉強もよくできるお子さんだったんですけどね・・・。
そんなQちゃんでしたが、学期末で学校を辞めてしまいました。
表向きは家庭の事情ということになっていますが、本当は辞めさせられたんじゃないかという噂が保護者間でまことしやかに囁かれています。

ところがこのQちゃんには後日談があります。

Qちゃんは隣町の公立小に転校しました。
私立から一転して公立に転校しましたので、戸惑うところもあるだろうと思いましたが、戸惑うどころか学級崩壊の急先鋒になってました。
それまで穏やかだったクラスもQちゃんが転校してきた途端に学級崩壊。
あまつさえ転校早々、学校の制服とランドセル着用で登校していたというから驚きです。
今でも学校の制服とランドセル着用で登校しているそうですが、何故保護者が止めないんでしょうね。

・・・で、何故そんな話を知っているのかって?

ソースは、内部進学をされたお母様方。

聞けば、付属幼稚園のお母様方は卒園後もランチ会などで集まる機会が多んだって。
参加されていたお母様方の中にQちゃんの転校先に進学されたお子さんがいらっしゃったみたいで、Qちゃんの目に余る行動はランチ会の席で話題になったそうです。
ついでに言うと、Qちゃんの保護者はとある社会的地位の高い職業に就いておられますが、何故か他の保護者からは避けられがちでした。
Qちゃんの保護者が避けられていた理由ですが、入学式前にPTA役員に立候補しておきながら役員の仕事を全くしなかったからです。
会合は全て無断欠席。その上、電話にも一切出ないもんだから温厚な会長さんもさすがにキレたそうですよ。
そんな保護者ですから、転校先の公立小にいつまでも辞めた学校の制服を着て登校することを止めないのも納得かもね。

・・・最後に

コネで合格できたからと言って安泰とは限りません。
たとえコネでも、目に余る場合は退学勧告を受ける可能性がありますし、学校との相性が合わなかったり授業についていけないなどで苦労する可能性もあり得ます。
本当に学校の生徒像に合うご家庭であれば、コネがなくても合格できるはずです。
それ以上にコネなしで合格できたということは、それだけの努力をしたということになります。
努力をしてきているのでお子さんも自分に自信を持てると思いますし、堂々と学校生活を送ることができるはずです。

bookmark_border願書についてのお話

0

小学校受験の準備の中でも特に悩ましいのが願書作成。
恐らく多くのご家庭が願書作成に難儀しているのではないかと思いますが、実は我が家もそうでした。
今となってはいい思い出になりましたが、あの時はテンヤワンヤしましたよ。いや、ホントに。

振り返ること1年半ほど前・・・

6月の上旬に願書用の写真撮影を終えてから、願書作成に着手しました。
しかし、志望動機や特記事項を書く段になると何から書き始めたらいいのか・・・散々悩みましたが、ネタ帳の中からどうしても願書に書きたい点だけをまとめ、どうにか下書きを書くことができました。

後日、幼児教室の先生にチェックをお願いしたところ、次のような点を指摘されました。

  • 見学会や説明会のネタ帳をフル活用したい気持ちが強いあまり理詰めな志望動機になっている。
  • ネガティブな表現が散見される。
  • もっと言葉をコンパクトにシンプルにまとめましょう。

アドバイスされた内容に基づいて下書きを書き直し、再度先生にチェックをお願いしたところようやくOKが出て遂に清書開始。
清書は失敗が許されないので下書き以上に緊張しましたね。
手垢や修正液なんてご法度!

ちなみに志望動機を書く際には次のポイントを意識しました。

  • 志望校の教育方針と我が家の教育方針がリンクしている点を簡潔に書く。
  • パンフやwebに書かれていることは極力書かない。
  • 第一志望であることをさりげなく書くこと。
  • 第一志望校に通うことで我が子にどんな子になってほしいかを簡潔に書くこと。

特記事項についてですが・・・
幼児教室の先生によると「どうしても志望校に伝えるべき事柄がある場合」以外は特に空白でも問題ないとのことですが、特記事項欄に保護者が卒業生であることや付属幼稚園出身であることを書いた方を何名か知っています。
ちなみにその方たちは全員合格されましたよ。
ついでに言うと、特記事項欄に検定試験の級や入賞歴を書く方がおられるようですが、どの学校も殆どスルーするそうなので書かない方が無難です。
特記事項欄については、幼児教室や模擬試験主催会社などにご相談された方が間違いないと思いますよ。

願書を作成し、封筒に入れて後は郵便局に持って行くだけ・・・ってちょっと待った!

封筒に入れる前に願書のコピーを絶対にお忘れなく!!

多くの私国立小では願書の内容に基づいて面接をしますので、面接の内容が願書と一致しないとどうなるか・・・考えただけでも恐ろしいですよね。
この他にも願書のコピーを考査当日に用意するだけで面接の席でしどろもどろせずに済みますので、絶対に願書はコピーしてくださいね!

そして遂に郵便局に持って行きます。
我が家の場合、郵便局に持っていく際には次の点を意識しました。

  • 中央郵便局など大きな郵便局に行く。
    より確実により早く願書を発送できると考えたからです。
  • 午前中に持っていく。
    その日のうちに発送できるからです。
  • 願書受付開始初日に到着するように発送する。
    これは、ぶっちゃけ記念受験組対策でもあります。
    受験番号が後ろの方になるほど記念受験組と近くなるので、そのリスクを避けたかったからです。

ボツと緊張の連続だった願書作成でしたが、今となっては楽しい思い出のひとつです。
今年、考査を控える皆様にも「あの時は大変だったなぁ・・・」と笑顔で振り返れる日が必ずくるはず!
憚りながら応援しております!!

最後に・・・

志望校に「この学校にどうしても入りたい!」「この学校に入れなきゃ困る!」という気持ちを込めて、一文字一文字を丁寧に心をこめて書くように意識すれば、その気持ちはきっと伝わるはずです。
以心伝心は本当にありますからね。

願書作成はもちろん、書類作成やお手紙を書く時などでも十分使えるお勧めの水性ボールペン。
万年筆並の文字が書ける上に書き味も滑らか。
聞けば公式の場でも使う人多数だとか(!)

ゼブラ ジェルボールペン サラサクリップ 0.4 黒 10本 B-JJS15-BK

新品価格
¥556から
(2018/2/22 12:39時点)

いやいやいやいや、願書は万年筆で書くべきでしょ!って方にはこちら☆
私も10年以上前から愛用してますが、心なしか気持ちが凛として丁寧な字を書こうと意識します。

パイロット 万年筆 カヴァリエ FCA-3SR-L-F 細字 青軸

新品価格
¥2,150から
(2018/2/22 12:42時点)

当ブログでも度々推している「ニチガク」こと「日本学習図書」の本。
でもって小学校受験の願書といえばコレしかないでしょ!
この本のポイントは関東&関西の主要私立小別の願書フォーマットが紹介されている点。
もちろん主要私立小別願書対策もこの本に掲載されています。
願書の書き方にお悩みの方は是非いかがですか!?
・・・ただし、よく品薄になる本ですのでご購入はお早目に☆

小学校受験入門 願書の書き方から面接まで

新品価格
¥2,700から
(2018/9/19 10:53時点)

このブログで度々ご紹介させていただいてます。
首都圏・関西圏の全私立小を網羅しているばかりか、ドレスコードや願書作成の注意点についてもレクチャーされているお得な一冊です。
お受験の基礎マニュアル本はこれ一冊で十分かもしれません。

首都圏私立・国立小学校合格マニュアル〈2018年度入試用〉

新品価格
¥3,456から
(2018/2/22 12:46時点)

関西圏 私立・国立小学校合格マニュアル〈2018年度入試用〉

新品価格
¥3,024から
(2018/2/22 12:47時点)

【関連エントリー】
http://blog.yodoya.net/aki_yodoya/2018/02/19/%e5%ad%a6%e6%a0%a1%e8%a6%8b%e5%ad%a6%e3%81%a7%e3%81%af%e3%81%a9%e3%81%93%e3%82%92%e8%a6%8b%e3%82%8b%ef%bc%9f/
http://blog.yodoya.net/aki_yodoya/2016/10/05/%e3%83%8d%e3%82%bf%e5%b8%b3%e3%81%ae%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%81/

bookmark_border学校見学ではどこを見る?

0

さて・・・
そろそろ関西エリアでは学校見学会や学校説明会を解禁している私立小が少しずつ出始めています。
まだまだ寒さが厳しい時期ではありますが、できるだけ説明会や見学会に参加されることを強くお勧めします。
特に学校見学会は、是非行くべきだと強調したいです。
何故なら、見学会はパンフレットやwebサイトにはない面を発見できるチャンスですし、授業見学は生徒さんや先生の顔を見ることができるチャンスでもあるので、学校見学会に行かないなんて損ってもの!
私もお受験真っただ中だった頃、5校もの私立小の学校見学会に足を運んでは逐一メモをとってました。
後に第一志望となる学校に至っては娘が年少さんの頃から考査直前まで通算20回以上も見学させていただきました。

学校見学会に行ったものの、何をチェックしていいのかわからないと仰るそこのあなた!

無理もありません。
チェックするポイントが多すぎて何をチェックしていいのかわかりませんよね。
前述でも申し上げたように私もお受験中は何度も学校見学をさせていただきました。
当初は漠然と構内や授業風景を見ているだけでしたが、何度か足を運ぶうちに少しずつ気づいた点が増えはじめ、気づいた点が見つかる度に逐一メモに書き留めていました。
特に私がメモに書き留めていたのは次のポイントでした。

  1. 衛生面
    特にトイレと教室の床は都度チェックしていました。
    ほら?トイレをみれば一目瞭然ってよく言いますよね?
  2. 授業の様子
    特にチェックしたのは次の点。

    ・生徒さんの表情
    ・生徒さんの授業態度
    ・全体に行き渡るわかりやすい授業か?
    ・先生の第一印象
    ・ゆっくりなお子さんがおいてけぼりになっていないか?
    ・先生の生徒さんへの接し方

    何度か授業見学をさせていただくうちに、以上のチェック点を意識するようになり、自ずと娘に合う授業であるかを見極めることがでました。

  3. 生徒さんの層
    娘にそっくりの生徒さんがどれだけいるかが何よりのテーマでした。
    娘にそっくりの生徒さんが多ければ多いほど、その学校にご縁があると信じていたからです。
    すれ違う度に挨拶してくれる生徒さんが多い学校をなるべく選ぶようにしていました。
  4. 6年生
    今でも6年生を見れば、その学校の真の姿がわかると思っています。
    言ってみれば6年生はその学校の集大成ですからね。
  5. 保護者層
    これ、重要!!
    見学会に参加した保護者層はもちろんのこと、イベント見学の際には必ず保護者層はチェックさせていただきました。
    今だから言える話ですが、某私立小の入試説明会に参加させて頂いた際に100名以上の保護者が参加していましたが、先生の話を聞かずにLINEをいじる保護者がいたかと思えば、おしゃべりばかりする保護者がいたりとそれはカオスな現場でした。
    この当該の某私立小、保護者トラブルが絶えないということを後で知りました・・・。
    ついでに高学年の子どもたちの授業態度がすこぶる悪かったということも付け加えます。
    保護者層のチェックは悪いことばかりではありません。
    「3」で同じことを書きましたが、我が家の雰囲気に似た保護者が多ければ多いほどご縁があると確信していましたし、この他にも服装やヘアスタイルをパクらせて参考にさせていただいたりとファッションを参考にさせていただくチャンスの場でもありましたから。
  6. 魅力的に感じた点や感心した点
    生徒さんの挨拶が元気いっぱいだったり、先生が親身に対応してくださるなど「これはステキ!」と感じ取ったらすぐにメモに書き留めるようにしていました。

・・・以上が私が学校見学でチェックしていた点です。
知りたい内容によってチェックポイントは異なりますので、何度か見学を重ねるうちにご自身のチェックポイントを見出せるのではないかと思います。
そして、学校見学の際にはメモをとることを本っ当に強くお勧めします。
このメモが後に願書や面接の重要な資料になりますので、メモを取らないなんてとんでもない!
メモをとるなら下記のノートを個人的にお勧めします☆
このブログでもネタ帳として度々でてくるこのノート、お受験真っただ中の時には大活躍しました。
表紙がポケットになっているので、学校でいただいたチラシなどを直せるのがポイント☆
おひとつ、どうですか!

コクヨ ツインリングノート カラータグ Bi-COLOR セミB5 ブルー CTス-C20B

新品価格
¥269から
(2018/2/19 11:01時点)


http://blog.yodoya.net/aki_yodoya/2016/10/05/%e3%83%8d%e3%82%bf%e5%b8%b3%e3%81%ae%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%81/

学校見学の機会についてですが、多くの私立小ではwebサイトで学校見学会の告知を出していますが、中には一切告知を出さない学校もあります。
でも大丈夫!
個人的に見学させていただける場合がありますので、まずは学校にご相談くださいね。

最後に・・・
学校見学の回数が多ければ多いほど、考査の際に加点対象になることが多々あります。
いわゆる「お名前残し」ですね。
学校によっては、熱心枠という名目で合格できる可能性が高くなる場合がありますので学校見学は決して侮ることはできません。

このエントリーのまとめ

  • 学校見学会にはできるだけたくさん参加しましょう!
  • 学校見学の際には必ずメモを残しましょう。これが後に願書や面接の重要資料となります。
  • 見学の回数を重ねるうちに自然と学校見学のチェックポイントが増えてきますよ
  • 学校見学の回数が多ければ多いほど加点対象となる場合が多々あります。
  • このエントリーには書きませんでしたが、親子で濃紺スタイルは暗黙のドレスコードだよ☆

bookmark_border「勉強が好きだからお受験をさせる」?

0

何とも好戦的なタイトルで恐縮ですが、それを承知の上で書かせていただきますね。

お子さんを小学校受験させるママさんの中には、「子どもが勉強好きだから小学校を受験させるの」とおっしゃる方が時々おられます。
そう言えば娘が通っていた幼稚園にもそのようなことを仰るママさんがおられました。
そもそも小学校受験ってお勉強好きなお子さんが合格できるものでしょうか?
私の周辺に限ったことかもしれませんが、「子どもが勉強好きだから小学校を受験させるの」などと仰るご家庭ほど残念な結果で終わってます。
それ以前に「子どもが勉強好きだから小学校を受験させるの」などと仰るご家庭のお子さんが合格したという話を一度も聞いたことがありません。

「子どもが勉強好きだから小学校を受験させるの」などと仰るご家庭のお子さんが合格できないのは何故でしょう?

その前に小学校受験における選抜基準についてお話したいと思います。

ペーパー試験を行う理由は、学校の授業についていけるかどうかの判断基準と聞きました。
言ってみれば学校別の知能検査ということではないでしょうか。
しかし、水準を満たしていても態度の悪いお子さんや指示が聞けないお子さん、家庭の躾に問題のあるお子さんを入学させるわけにはいきませんので、そこは行動観察や口頭試問、運動考査などで見極めます。
そして、面接考査でどんなご家庭かを見極めます。
考査や面接の結果を総合して合否が決まる・・・それが小学校受験ではないでしょうか。
更に申し上げると、学校のカラーに合わないお子さんやご家庭は、たとえ水準を満たしていてもご縁がいただけないのが現状です。
考査だけではありません。
日ごろからどれだけ学校の説明会や見学会に参加しているか?(いわゆる「お名前残し」ですね)
家族に学校関係者がいるか?
などが加点対象となることが多々あります。
以上が小学校受験における選抜基準です。
これらの点からおわかりいただけたように、どの私国立小も「お勉強好き」や秀才が欲しくて入学試験で選抜しているわけではありません。

では、ここからようやく本題に入りたいと思います。

「子どもが勉強好きだから小学校を受験させるの」などと仰るご家庭のお子さんが合格できない理由・・・
「子どもが勉強好きだから小学校を受験させるの」などと仰るご家庭ほど、性格や資質上の難点を克服することや年齢相応の躾などの取り組みが後回しになったまま受験されるからではないかと私は思います。
いくら「お勉強が好き」でも面接で聞き取れないほどの小さな声で答えたり終始無言のお子さんは合格できませんし、「お勉強が好き」でも考査での態度が悪いお子さんは合格できません。
以上が「お勉強が好き」なお子さんが合格できない原因ではないかと考えます。
何度も申し上げているように、どの私立小にも学校のカラーや教育方針がありますので、そのカラーや教育方針に一致するお子さん学校の方針がリンクするご家庭が欲しいから考査を行うのです。

お子さんがお勉強好きだから小学校受験をさせると仰る親御さんは今一度小学校受験について振り返ってみてはいかがでしょう。
お勉強以前にもっと大切にするべきことがあるはずだと思います。
今年に考査を控えているご家庭の方もまだ十分に間に合いますから。

年齢相応に躾が身についているはこの本一冊でチェックできます。

じぶんでできるかな? 生活点検ノート

新品価格
¥648から
(2018/2/14 10:58時点)

行動観察や口頭試問、面接対策はこの本を是非ご一読ください!

小学校お受験合格バイブル-第一希望合格率91.6%の実績-

中古価格
¥655から
(2018/2/14 10:59時点)

ご家庭で面接対策をされる方は是非一家に一冊どうですか!

こどもめんせつれんしゅう (点検ノート)

新品価格
¥300から
(2018/2/14 11:01時点)

【参考リンク】
品のある子が受かる!

【こちらも併せてご覧いただけると幸いです】
「特に準備は必要ありません」の真意とは!?
【厳しい話】小学校受験で敬遠されやすい子どもの条件

bookmark_borderお受験の準備に時間がかかる理由

0

我が家の場合、3年ほど前からお受験のための準備をしていました。
目指す学校が非上位校なのに何故準備に3年もかかったの!?と思われることでしょう。
もちろん理由があります。
娘は成長がゆっくりな上に物事の理解に時間がかかるタイプでしたので時間をかける必要があると判断しました。
年少さん及び年中さんだった頃は本当に難航しましたが、こうした紆余曲折を経て年長さんになる頃にはようやく足並みが揃うようになりました。
資質上の難儀な点も徐々に克服し、考査当日は自信をもって受験できるほどにまでなりましたのでお受験の準備に時間をかけて正解だったとつくづく思います。
こうして振り返ってみると我が家のお受験は結果オーライなところが多いんですよね。いやはや。
それと確実に合格したいというねらいもありました。

では、ここからが本題。

よく世間では、お受験の準備に2年は必要と言われています。
「準備ったって、ペーパー学習と行動観察と面接対策だけでしょ?」と思われる方もいらっしゃるのではないかと思いますが、それが違うんだな。
確かにペーパーと行動観察、面接だけを対策する分には1年もかかりませんが、それだけを対策すればいいというものではありません。

例えばですよ?

考査当日、席に着くなり足をぶらぶらさせたり頬杖をつくなど態度が良くなかったとしたら?

先生が話をしているのに「あーっ!それ知ってる!」などと横槍を入れてきたとしたら?

行動観察の際にテンションがあがって、はっちゃけてふざけすぎたとしたら?

面接の席で急にしくしく泣き出したり、緊張のあまり固まってしまって何も話せなくなったとしたら?

考査当日、周囲の雰囲気に飲み込まれて力を発揮できなかったとしたら?

面接の席でふて腐った態度をとったとしたら?

・・・てなことがあったとしたらどうしますか?

いくら考査の成績が抜群でも明らかに印象が悪くなる態度や癖、人様に迷惑をかけかねないクセがあると不合格になる可能性が高くなるのがお受験。
子どもと言えど明らかに印象が悪くなる態度や仕草、性格上の難儀なクセを少しでも克服するための訓練がお受験には必要だと私は考えます。
くれぐれも誤解しないでほしいのは、子どもを完全無欠にするのではありません。
明らかに印象が悪くなる態度や癖、性格面に難儀なクセがあることはお受験のみならず、長い目で見るとお子さんにとって決して良いものではありません。
たとえばですよ?
思い通りにいかないと泣いたりふて腐る癖があるお子さんがいたとします。
そうした癖を見過ごすと、「泣いたり拗ねたりしたら何でも許してもらえる」と子どもは学習するかも知れません。
そうなると周囲から疎まれる恐れがありますので、それってお子さんにとって決して良いものではありませんよね?
お子さんにとって後々悪影響を及ぼす恐れのある癖は早い段階で克服しましょうってことなのかも知れません。
それに、「ローマは一日にして成らず」じゃないけど、克服するまでにはそれなりに時間がかかりますので、その目安が2年ではないでしょうか。
私の娘もそうでしたが、3年もの訓練の結果、親の私たちが驚くほど大きく成長しました。
そして、お受験をしたからこそ家庭での躾や過ごし方、教育方針を深く考えるチャンスがありましたし、親子のコミュニケーションを大切にすることができました。
こうして見るとお受験って本当に奥深いです。

結論:
お受験は一日にして成らず。
お受験の準備にはたっぷり時間をかけることを強く強くお勧めします!

じぶんでできるかな? 生活点検ノート

新品価格
¥648から
(2017/12/28 08:08時点)

じぶんでできるかな? 手先の巧緻性点検ノート

新品価格
¥648から
(2017/12/28 08:09時点)

じぶんでできるかな? 運動点検ノート

新品価格
¥648から
(2017/12/28 08:10時点)


ご存知、こぐま会の「じぶんでできるかな?」シリーズ。
年齢相応のしつけが身についているかや年齢相応の発達であるかをチェックできるスグレモノ。
たとえチェックがつかなかったからといって悲観する必要はないと思います。
チェックがつかなかった部分は強化できるチャンスではないでしょうか。

あふれるまで愛をそそぐ6歳までの子育て―子どもの心にひびく愛ひびかない愛

新品価格
¥1,404から
(2017/12/28 08:14時点)



子どもへの愛情って何だろう・・・迷ったときに救いになったのがこの一冊でした。

図解・子どもの性格を決める しつけの習慣

新品価格
¥864から
(2017/12/28 08:16時点)



「頭の体操」で有名な多湖輝先生の本。
我が家の教育方針や躾の方針を決めた際の参考書がこれでした。

bookmark_border家庭学習のみで合格できる条件

0

何度もこのブログに書いているように我が家は、お受験用の幼児教室に通っていましたが、つくづく通って正解だったと思います。
正直なことを申し上げると、我が家はお受験に無縁な上にお受験の知識ゼロからのスタートでしたから家庭学習のみで乗り切る自信など到底ありませんでした。
幼児教室に通っていたからこそ、お受験をする意味を見出せましたし、志望校選びの重要さを学ぶことができました。
それ以上に娘が大きく成長できたのは幼児教室あってこそ。
娘だけではなく、家族全員が幼児教室を通じて多くのことを学びました。

さて・・・ここからが本題。

非上位校やゆったり校を受験されたご家庭ほど家庭学習のみで合格された方が多いのではないでしょうか。
娘が通う学校も非上位校ですが、家庭学習のみで合格された方が大勢いらっしゃいますし、中には志望校別対策講座や志望校別模擬試験のみ参加されたという方もいらっしゃれば、過去問を入手し対策していた方もいらっしゃいます。
これらの点からお分かりいただけたように、非上位校やゆったり校と言えど対策は必要ということです。
更に言うと家庭学習のみで合格されたご家庭には次の共通点があると分析しました。

  1. 情報収集する努力を惜しまない
    幼児教室に通う最大のメリットは情報やノウハウを享受できるという点です。
    しかし、家庭学習のみで対策される場合、自分の力で情報収集しなくてはなりません。
    情報収集の手段はインターネットのみならずお受験本や説明会&見学会にも情報収集のチャンスがあります。
    デパートなどで開催しているフェアを活用するのもひとつの方法です。
    そして情報収集にはある程度の労力を使う必要がありますので、安易にインターエデュ掲示板サイトに質問するのは如何なものでしょう。
    労力を惜しむ時点でお受験には向かないと断言します。
  2. 熱心である
    家庭学習のみで合格された方の多くは説明会や見学会、行事に”欠かさず”参加しています。
    行事や説明会などに参加する際には必ず記名をしなくてはなりませんので、この「お名前残し」が考査の際に加点対象になるなど後に功を奏することが多々あります。
  3. 家庭の躾がしっかりしている
    いくらペーパーが満点でも行動観察や面接での態度や行儀が悪ければ問答無用で不合格になるのがお受験。
    家庭の躾に気を遣っていればいるほど合格できる可能性が高くなると思います。
  4. 習い事をしている
    家庭での対策を行う一方で習い事をしているという方も少なくありません。
    その中でも特に多いのが「公文or学研教室」「バレエ」「ピアノ」「スイミング」だそうです。
  5. 共働きであることを言い訳にしない
    共働きであるために幼児教室に通えないというご家庭も少なくありません。
    しかし、合格されたご家庭のほぼ100%は共働きを言い訳にしていませんでしたね。
    時間のやりくりをされる方や有休を使う方、義実家や実家からのサポートがある方など何らかの工夫をされていらっしゃいます。
  6. 志望校選びが正しかった
    それだけお子さんをよく観察していたということではないでしょうか。
  7. 親子のコミュニケーションがしっかりとれている
    キツいことを申し上げるようで恐縮ですが、絵本の読み聞かせも季節の行事を楽しむこともお受験のためにするなんてナンセンスというもの。
    絵本の読み聞かせも歳時記を愉しむのも大切な親子のコミュニケーションだと思いますし、何よりも親子で何かを楽しむことが大切ではないかと私は思います。
  8. もともと戦略家体質である
    こればかりは性格のものですからね。

以上のようなことを偉そうに申し上げて恐縮ですが、どれも家庭学習のみで対策される上で必要なことだと思います。

最後に・・・

家庭学習を検討されている方には次の本をお勧め致します。

プレジデントFamily 小学校受験大百科 2018完全保存版 (プレジデントムック)

新品価格
¥1,512から
(2017/11/27 09:52時点)



毎度おなじみのプレジデントファミリーです(笑
計画の立て方や対策の仕方、果てはドレスコードやお受験写真に至るまでお受験の基礎がひととおり書かれていますので、是非ご覧になることを強くお勧め致します。

小学校お受験合格バイブル-第一希望合格率91.6%の実績-

新品価格
¥1,620から
(2017/11/27 09:54時点)



お受験中は何度読み返したことでしょう・・・。
特に面接や行動観察対策ならこの本を是非ご覧下さい。
正しい自己アピールを学べる一冊です。

首都圏私立・国立小学校合格マニュアル〈2018年度入試用〉

新品価格
¥3,456から
(2017/11/27 09:55時点)



首都圏の全私国立小を網羅した完全版!
しかもドレスコードや面接待ちの注意点、家庭での対策方法にお受験にふさわしくない母親、更には願書の書き方まで網羅されているので、お受験するなら是非、買うべし!

関西圏 私立・国立小学校合格マニュアル〈2018年度入試用〉

新品価格
¥3,024から
(2017/11/27 09:56時点)



こちらは関西版。
関西エリアの全私立小(注)及び国立小が網羅されていますので、持っていないなんて損!

(注)
一部掲載されていない私立小あり。
どこの学校かは・・・ご想像にお任せします。

【参考リンク先】
小学校受験・自宅対策のススメ(←要熟読!)