bookmark_borderペーパー対策に便利なアイテム

新学期を迎えたかと思ったら、一か月後にはもう夏休み。
今年考査を控えるご家庭にとっては天王山とも言うべき夏になるかと思います。
我が家も二年前の夏は天王山でしたので夏休みは毎日が焦燥感やプレッシャーとの闘いでしたので、焦るお気持ちは痛いほどわかります。
ですが、大丈夫です!
夏休みにコツコツ努力を積み重ねて行けば必ず成果は現れるはずですから!!
特に幼児には夏休みの努力を重ねるうちに夏休み明けには大きく伸びるという黄金曲線がよく見られるそうです。
娘も夏休み明けには成果が現れましたので、黄金曲線はあながち嘘ではないと思ってます。

・・・さて

ご家庭でペーパー対策をされている方の中で、なかなか制限時間どおりに解けないことをお悩みのお母さまがいらっしゃるかと思います。
傍にキッチンタイマーを置いているのに、お子さんのペースが進まないという話は非常に多いそうです。
恐らく・・・ですが、小学校受験を控えているとは言ってもまだ幼児。時間間隔がまだまだ十分ではないお子さんは多いと聞きますので、傍にキッチンタイマーを置いても今一つピンと来ないのではないでしょうか。
そこで、我が家ではこれを用意しました。

シンワ測定 砂時計 1分計 70550

新品価格
¥304から
(2018/6/14 09:17時点)


はい、砂時計です。
しかも一分計。
ペーパー一問あたりの制限時間が一分という問題が多かったので、この一分計が大活躍しました。
砂時計を使うようになってから、どれだけ時間が進んでいるのかが視覚的に分かるのか徐々に制限時間内にできるようになりました。
おまけに集中力も身につくので一石二鳥。

ペーパーのペースでお悩みのそこのお母さま!
砂時計を使えば一発で解決しますよ!!
おひとつ、いかがですか!?

【関連エントリー】

志望校対策についてのお話

0

bookmark_border子どもの「できた!」はアテにならない。

模擬試験や考査当日の帰り道、こんな会話をされる親子が多いのではないでしょうか。

親御さん:「(試験の結果は)どうだった?」
お子さん:「うん、できたよ♪」

しかし、実際は落ち込みたくなる結果だったという話をよく耳にします。

お子さんはできなかったのに「できた」と嘘を言っているわけではなく、親御さんの喜ぶ顔見たさに「できた」と答えているだけだと思います。
または、お子さん自身が本当に「できた」と思い込んでいるかもしれません。
「子どもの『できた』はアテにならない」は今や定説ですが、試験や考査の結果を子どもの口から聞きたいと思う親御さんの気持ちは痛いほどわかります。

じゃあどうすればいいの!?

我が家の場合は、「どんな問題がでたのか?」を聞くようにしていました。
娘の場合、出題内容を具体的に説明できていれば大抵正解が取れていますが、説明が曖昧だった場合は大抵不正解というパターンを把握していたからです。
いわゆるオープンクエスチョンってやつですね。
オープンクエスチョンで質問することで、自分の言葉で答えようとしますから、結果的に言葉での表現やコミュニケーションを鍛えることになりますので、それが面接対策につながると考えました。
このオープンクエスチョンは受験が終わって1年以上が経過した今でも会話の中に組み込むように意識しています。
一方で「できた?」という質問はクローズドクエスチョンになります。
だって、質問の答えが「はい」「いいえ」で完結しちゃうから。
我が家のケースをドヤ顔で語るのも如何なものかと思いますが、是非オープンクエスチョンでお子さんに試験の結果を質問してみてください。
きっと思わぬ発見があるかも知れませんよ!

0

bookmark_borderお受験の準備に時間がかかる理由

我が家の場合、3年ほど前からお受験のための準備をしていました。
目指す学校が非上位校なのに何故準備に3年もかかったの!?と思われることでしょう。
もちろん理由があります。
娘は成長がゆっくりな上に物事の理解に時間がかかるタイプでしたので時間をかける必要があると判断しました。
年少さん及び年中さんだった頃は本当に難航しましたが、こうした紆余曲折を経て年長さんになる頃にはようやく足並みが揃うようになりました。
資質上の難儀な点も徐々に克服し、考査当日は自信をもって受験できるほどにまでなりましたのでお受験の準備に時間をかけて正解だったとつくづく思います。
こうして振り返ってみると我が家のお受験は結果オーライなところが多いんですよね。いやはや。
それと確実に合格したいというねらいもありました。

では、ここからが本題。

よく世間では、お受験の準備に2年は必要と言われています。
「準備ったって、ペーパー学習と行動観察と面接対策だけでしょ?」と思われる方もいらっしゃるのではないかと思いますが、それが違うんだな。
確かにペーパーと行動観察、面接だけを対策する分には1年もかかりませんが、それだけを対策すればいいというものではありません。

例えばですよ?

考査当日、席に着くなり足をぶらぶらさせたり頬杖をつくなど態度が良くなかったとしたら?

先生が話をしているのに「あーっ!それ知ってる!」などと横槍を入れてきたとしたら?

行動観察の際にテンションがあがって、はっちゃけてふざけすぎたとしたら?

面接の席で急にしくしく泣き出したり、緊張のあまり固まってしまって何も話せなくなったとしたら?

考査当日、周囲の雰囲気に飲み込まれて力を発揮できなかったとしたら?

面接の席でふて腐った態度をとったとしたら?

・・・てなことがあったとしたらどうしますか?

いくら考査の成績が抜群でも明らかに印象が悪くなる態度や癖、人様に迷惑をかけかねないクセがあると不合格になる可能性が高くなるのがお受験。
子どもと言えど明らかに印象が悪くなる態度や仕草、性格上の難儀なクセを少しでも克服するための訓練がお受験には必要だと私は考えます。
くれぐれも誤解しないでほしいのは、子どもを完全無欠にするのではありません。
明らかに印象が悪くなる態度や癖、性格面に難儀なクセがあることはお受験のみならず、長い目で見るとお子さんにとって決して良いものではありません。
たとえばですよ?
思い通りにいかないと泣いたりふて腐る癖があるお子さんがいたとします。
そうした癖を見過ごすと、「泣いたり拗ねたりしたら何でも許してもらえる」と子どもは学習するかも知れません。
そうなると周囲から疎まれる恐れがありますので、それってお子さんにとって決して良いものではありませんよね?
お子さんにとって後々悪影響を及ぼす恐れのある癖は早い段階で克服しましょうってことなのかも知れません。
それに、「ローマは一日にして成らず」じゃないけど、克服するまでにはそれなりに時間がかかりますので、その目安が2年ではないでしょうか。
私の娘もそうでしたが、3年もの訓練の結果、親の私たちが驚くほど大きく成長しました。
そして、お受験をしたからこそ家庭での躾や過ごし方、教育方針を深く考えるチャンスがありましたし、親子のコミュニケーションを大切にすることができました。
こうして見るとお受験って本当に奥深いです。

結論:
お受験は一日にして成らず。
お受験の準備にはたっぷり時間をかけることを強く強くお勧めします!

じぶんでできるかな? 生活点検ノート

新品価格
¥648から
(2017/12/28 08:08時点)

じぶんでできるかな? 手先の巧緻性点検ノート

新品価格
¥648から
(2017/12/28 08:09時点)

じぶんでできるかな? 運動点検ノート

新品価格
¥648から
(2017/12/28 08:10時点)


ご存知、こぐま会の「じぶんでできるかな?」シリーズ。
年齢相応のしつけが身についているかや年齢相応の発達であるかをチェックできるスグレモノ。
たとえチェックがつかなかったからといって悲観する必要はないと思います。
チェックがつかなかった部分は強化できるチャンスではないでしょうか。

あふれるまで愛をそそぐ6歳までの子育て―子どもの心にひびく愛ひびかない愛

新品価格
¥1,404から
(2017/12/28 08:14時点)



子どもへの愛情って何だろう・・・迷ったときに救いになったのがこの一冊でした。

図解・子どもの性格を決める しつけの習慣

新品価格
¥864から
(2017/12/28 08:16時点)



「頭の体操」で有名な多湖輝先生の本。
我が家の教育方針や躾の方針を決めた際の参考書がこれでした。

0

bookmark_borderそのお受験アイテムの処分、ちょっと待った!!

受験が終わって真っ先に始めたことは部屋の整理でした。
お受験が大団円のうちに幕を下ろし、ふと部屋を見渡すと部屋中が大変なことになってましたっけ。

うず高く積まれたペーパーの数々
そのペーパーを保存しているファイルの数々
本棚を占拠するお受験本&過去問を始めとする問題集に対策資料
etc

これまでの努力の証を簡単に捨ててしまってもいいのだろうか・・・迷いに迷いましたが、ここはひとつ思い切って取捨選択することにしました。
まず手始めにお受験本&過去問を始めとする問題集。
今後、読み返すことがないと判断したお受験本はヤフオクへ。
幼児教室で購入した問題集や「こぐま会」「理英会」の問題集は幼児教室へ寄付。
問題集はコピーをとってから使っていたため、真っ新な状態だったので寄付することができたのです。
ペーパーは幼児教室での最後の授業や志望校別講習会及び志望校別テスト以外はすべて処分しました。

そして手元に残しているのが・・・

志望校の過去問5年分
幼児教室での最後の授業で解いたペーパー
志望校別講習会で解いたたペーパー
志望校別テストの結果
幼児教室指定のレッスンバッグとお道具セット
これまで自作した娘のお受験服

これらを衣装ケースに入れ、クローゼットに保管することにしました。
特に幼児教室指定のレッスンバッグ&お道具セットは娘の努力と成長の証でもあるので、どうしても手元に残しておきたかったんですよね。

クローゼットにしまい込んでから一年が経過した頃・・・

算数の授業で図形を習い始めたことを娘から聞き、ふと幼児教室で使っていたプレートパズルのことを思い出したのです。
「もしかして、プレートパズルが役立つかも!?」
早速、クローゼットからお道具セットを引っ張り出し、こうしてプレートパズルは再び日の目を見ることとなりましたとさ。
やっぱり幼児教室で使っていたお道具セットは保管しておいてよかった。

最後に・・・

小学校受験が終了し、今まさにお受験アイテムを整理している真っ最中という方もいらっしゃるかと思いますが、幼児教室で使用していたお道具類は保管されることをお勧めします。
小学校に進学後、思いがけず活躍するかも知れませんよ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

プレートパズル 桐研教具 【本】
価格:972円(税込、送料別) (2017/11/15時点)

0

bookmark_border考査前の夏休みはどうすごす?~我が家の場合~

昨年の夏は娘にとってはまさに正念場でした。
講習会に次ぐ講習会に個別指導、模擬テストに模擬面接と毎日が過密スケジュールでしたが、夏休みが明ける頃には娘は大きく伸びました。
あのハードな夏をよくぞ頑張ってくれました!娘よ、あんたはエライ!!
そんなハードな夏と入学考査からまもなく一年・・・こうして思い出話のように振り返ることができるなんて昨年では考えられませんでした。
どんなにしんどくても辛くても最後まで頑張ったからこそ悲願が達成できたのだとつくづく思います。

さて・・・ここからが本題。

昨年の夏休み、我が家ではどう過ごしていたか・・・

【ペーパー対策】
ペーパー対策の所要時間は、午前と午後に分けて学習していましたのでトータルでだいたい一時間くらいでした。
ペーパーの量も午前と午後各6枚といったカンジで、一見すると少なく思えますが量より理解度を重要視していましたので(^^ゞ
苦手な単元は個別指導で対策していましたが、これが功を奏したようで、夏休みが明けるころには苦手単元が大幅に減っていました。
あれほどできなかった観覧車問題も夏休みを明ける頃には余裕でしたっけ。
ペーパーはこれを使ってました。

  1. 幼児教室から持ち帰るプリント
  2. こぐま会のひとりでとっくんシリーズ(苦手単元のみ)
  3. 理英会のばっちりくんドリルシリーズ(これまた苦手単元のみ)
  4. 志望校の過去問5年分

ちなみに日本学習図書のウォッチャーズシリーズも購入しましたが、こちらは個別指導専用教材として使うため教材まるごと先生に預けていました。

【家庭での取り組み】
ペーパー以上に大切にしていたのが多くの体験を重ねることでした。
夏休みこそ多くの体験を重ね、多くのものに触れる時間がいっぱいありますからね!

万博記念公園で汗だくになりながら遊びまわったり(特にソラードはお勧めですよ☆)
道具屋筋で食品サンプルを作ったり
近所の河川敷で川渡りをしたり
京都タワーの展望台に行ったり
妖怪ウォッチのプラネタリウムを”少なくとも3回は”観に行ったり
カブトムシやメダカのお世話をしたり
科学館に行ったり
あてもなく一日中電車に乗ったり
家事分担
週に2回くらいの銭湯通い
etc
・・・とまぁ、こんなカンジでした。
なんかこう、やりたいようにやってるってカンジであまり小学校受験は意識していませんよね(笑
これらの体験は小学校受験にとても役立ちましたが、小学校受験に限定しまうのはあまりにも勿体ない!というわけで現在も継続中です。

・・・ところで

「銭湯通い」と聞いて頭の中が?マークだらけになったそこのあなた!

銭湯通いって実はお受験対策・・・特に面接対策にピッタリってご存じでした!?
では、どれだけお受験対策に役立つか?
それは次のとおりです。

  1. 銭湯のマナーを守ることで公共心を守るという躾の一助となる
  2. 自分の桶や風呂椅子を自分で取ってきて使い終わったら自分で元の場所に戻すという定位置を守る躾に役立つ
  3. 自分で髪や体を洗う練習がしやすいので、自立心を身に着けるきっかけになる
  4. 良くも悪くもいろんな人がいるので社会勉強の一助となる
  5. 番台のおばちゃんや常連のおばちゃんとやりとりすることでよりコミュニケーションの練習になる
  6. 会計を任せることでこれまたコミュニケーションの練習になる

ちなみに銭湯は銭湯でもスーパー銭湯ではなくて昔ながらの町の銭湯ですよ。
もともと銭湯が大好きな娘でしたが、銭湯通いが結果的に面接対策に役立ったと思います。

お受験対策に銭湯はどうですか!?

【季節を意識した生活】
むしろ重要!
一年中取り組まれることがベストですが、夏休みは特に歳時記を楽しむのに最適ですので、積極的に取り組まれることを強くお勧め致します。
一方で季節カードを活用したり季節ポスターを貼るのもひとつの手ですよ!

・・・最後に

考査を控えた夏はスケジュールや家庭学習に追われたり、プレッシャーでストレスを抱えやすくなります。
万全の態勢で考査に挑むためにも、どうかご自身を労わってください。

エステに行くもよし
美容院でリフレッシュするもよし
前述のように銭湯で一汗かくもよし
回転ずし屋でビールを飲むもよし
夜、晩酌しながら好きなDVDを観るもよし

後悔のない夏を過ごせるように頑張って下さい!
憚りながら応援致します!

この夏を乗り切ればきっと合格できるハズ!
みんな、がんばれ!!

サクセスウォッチャーズ vol.12―指導に役立つアドバイス付き! 推理 実力アップ編 (ニチガクの小学校受験用問題集)

新品価格
¥2,376から
(2017/6/27 13:26時点)

サクセスウォッチャーズ vol.17―指導に役立つアドバイス付き! 複合 基礎必修編 (ニチガクの小学校受験用問題集)

新品価格
¥2,376から
(2017/6/27 13:26時点)

0

bookmark_border夏の講習会って受講したほうがいいの?

ここ京阪神では年々、考査の日程が前倒しとなっている状態です。
京阪神の私立小では、例年9月下旬から10月上旬に考査を実施していましたが、一昨年ごろから少しずつ考査の日程が前倒しとなりつつあります。
昨年・・・つまり娘が受験した年は8月下旬から10月上旬に考査が行われ、今年は更に前倒しの8月中旬から9月下旬に考査が行われます。
こうして考査の日程が前倒しとなっている背景には洛南小が少なからず影響しているのではないかと思います。
洛南小では開校当初から8月下旬に考査が行われていますので、他の私立小が生徒確保のために日程を前倒しにしていることは想像に難くありません。
もうひとつ言えば、立命館VS同志社の生徒争奪戦も多少影響しているのではないでしょうか。
立命館と同志社が同時期に考査の日程を発表することはほぼありません。
例えば、立命館が考査の日程を発表したのを見計らってから同志社が発表するといったように熾烈な生徒争奪戦が行われているほどですから、これぞまさに頂上決戦!?
この熾烈な争いが影響して考査の日程が前倒しになったのではと勝手に推測しております。

・・・と、前置きが長くなってしまって面目ありません。

では、ここからが本題。

今年、考査を控えるご家庭にとってこの夏はまさに天王山。
多くのご家庭が夏の講習会や志望校対策講習会に参加されるのではないでしょうか。
かく言う我が家も昨年は、夏休み返上状態でした。

志望校対策講習会
夏期講習会
入試直前授業
模擬面接
面接特訓
口頭試問特訓
志望校別模擬試験
行動観察対策講習会

・・・と言ったように講習会のフルコース状態でしたが、夏休みが明ける頃には娘は驚くほど大幅に伸びました(!)
本当に本当によく頑張ってたからね!
あのハードな夏からまもなく一年経つのかぁ・・・しみじみ。
今にして思えば受講しなくてもよかった講習会もあったんですけど、こうした経験は今後の中受に活かしたいです。

さて、結論から申し上げると・・・

今年、考査を控える皆様には夏の講習会を受講されることを強く強くお勧め致します!!
年長さんの夏こそが大きく伸びるチャンス。
これまで頑張ってきたお子さんや伸び悩んでいるお子さんは、夏の過密スケジュールを乗り切ることで自信がつき大きく成長できるハズです!
夏休みはたっぷり時間がありますので、じっくり取り組む時間が十分に確保できます。
この伸びしろを一層大きくするのが夏の講習会ではないかと思っています。
開催される講座すべてを受講するのは志望校の傾向やご家庭の判断となりますが、せめて志望校別対策講座と志望校別模擬試験だけでも参加されてみてはいかがでしょうか。
大手幼児教室が行っている志望校別対策講座は、大手ならではの情報量をフルに活かした内容となっているのがポイントです。
傾向と対策についてよく分析されていますし、家庭での対策も細かくアドバイスしてくれるので参加しない手はありませんよ!
万全の態勢で考査に挑むためにも是非、受講されてみてはいかがでしょうか。

早いものであと一か月で夏休み。
この夏休みに踏ん張れば、きっと良いご縁が待っているはず!
みんな頑張れ!!!

0

bookmark_border問題集は幅広く活用

我が家のペーパー対策は幼児教室から持ち帰るプリントがメインでした。
そうですね、何度もコピーしては使いまわしましたっけ・・・。あの時はコピー代がかさんだなぁ・・・。
この他にも幼児教室が発行している単元別の問題集や志望校別問題集を購入しました。
特に単元別問題集は、苦手な単元や志望校で頻繁に出題されている単元を中心に購入しましたが、時には箸休め感覚で迷路やらなぞなぞなんかも購入しました。
苦手な単元については、基礎編のみを購入し、しっかり基礎を固めることを意識。

こうして幼児教室から発行されている問題集と持ち帰りのプリントを使ってペーパー対策していましたが、ある時、日本学習図書の御担当者様から「できるだけ他社の問題集も並行して対策してください」というアドバイスを受けました。

その理由は、イラスト。

幼児教室から発行している問題集と持ち帰りのプリントってイラストが同じなんですよね。
同じイラストの問題集ばかりだと、絵柄が異なった途端に解答できなくなる・・・という落とし穴があるそうです。
さまざまな絵柄に目を慣らすためにも、できるだけ他社の問題集を活用するようにと御担当者様はお話されてました。
そこで我が家で購入した問題集は、家庭学習の定番・こぐま会の「ひとりでとっくん」シリーズと理英会の「ばっちりくんドリル」シリーズ
特に「ひとりでとっくん」シリーズは、本当によくできた問題集で、学研の「頭脳開発」シリーズのように一ページあたり一問なのでしっかり理解しながら学習できるスグレモノ。
「ばっちりくんドリル」シリーズは基礎と応用に分かれているので、苦手な単元対策には最適。
幼児教室の先生からは、志望校の過去問5年分にプラスして基本的な単元を幅広く解くように指導されていたので、「ひとりでとっくん」シリーズと「ばっちりくんドリル」シリーズを活用することで幅広い学習ができたと思います。

そして今・・・

娘の受験が終わって早3ヶ月。

気が付けば膨大な数の問題集が本棚を占拠していました。
逐一コピーをとっていたので、どの問題集も中古と言えど新品と大差がない状態。
大半の問題集は幼児教室に寄付しました。
幼児教室によると個別指導などに活用するとのこと。
どうか後輩たちのお役にたちますように。
志望校の問題集は、どうしても処分することができず大事に保管しています。

0

bookmark_border「しりとり」についてのお話

昔話と同じく「しりとり」もまた小学校受験においては定番中の定番。
言語に関する問題の中では「しりとり」は欠かせませんので、特に抑えておく必要があるのではないでしょうか。

何故、小学校受験において「しりとり」は大切なのか?

個人的見解で恐縮ですが、「しりとり」って親子遊びにぴったりだからじゃないかと思うんですよ。
いつでもどこでもできるのも「しりとり」遊びのメリット。
「しりとり」遊びって楽しむことが何よりの目的だから別に好きなアニメのキャラでもOKだと思うんです。
しかも「しりとり」遊びって遊びながら語彙力が鍛えられるのも魅力。
語彙力やコミュニケーション力を試す手段として「しりとり」が出題されるのではないかと思います。多分ね。

しかし、中には「しりとり」が苦手なお子さんもいらっしゃいます。
そんなお子さんには、こちらの絵本がお勧め☆

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ぶたたぬききつねねこ [ 馬場のぼる ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2016/10/31時点)

「11ぴきのねこ」で有名な馬場のぼるさんの絵本ですが、どこかシュールでそれでいてシンプルで、知らず知らずのうちに「しりとり」が得意になれる絵本です。
もちろん音読の練習にもお勧めの一冊です。

0

bookmark_border昔話についてのお話

昔話と言えばお受験対策において必須も必須。
娘が通う幼児教室でも昔話の読み聞かせは必ずするよう何度も言われ続けてきましたが、恐らくどの幼児教室でも同じではないでしょうか。
娘が年中クラスだった頃、昔話の読み聞かせをするよう指示されたので、早速幼稚園でこんなシリーズ(注)を定期購読したのです・・・が、「桃太郎」以外は見向きもしないorz
娘が1歳の頃から今に至るまで絵本の読み聞かせは欠かしたことがありませんが、数十年も続くロングセラー絵本をチョイスしたとは言え、大半がいわゆる創作絵本なんですよね。

(注)一年毎にラインナップが変わるそうです。

ちなみに娘は「11ぴきのねこ」シリーズの大ファンで、毎年欠かさず舞台を観に行くほどの熱の入れようです。

さて・・・話を元に戻してと・・・

前述のとおり「桃太郎」以外は見向きもしないので、思わず幼児教室の先生に泣きついたところ、先生からこんなアドバイスを受けました。

「受験までまだ一年(相談した当時は年中クラス)もありますから、根気よく行きましょう。」
「「桃太郎」ばかりでも構いません。そのうち少しずつ他の昔話も読み聞かせるようにしましょう」
「ビジュアル中心の絵本でも全く問題ありませんよ。」

先生からのアドバイスどおり、まずは「桃太郎」ばかりをひたすら読み聞かせましたが、時間が経つにつれようやく他の昔話に目を向けてくれるようになりました。
そして年長クラスに進級し、夏休みに入る頃にはすっかり昔話大好き娘になりました。
ちなみに好きな昔話は「かちかち山」「さるかに合戦」・・・って何故に仇討ち系!?
世界昔話だと「はだかの王様」がお気に入り。
そうそう「かちかち山」って実は相当グロい話だってこと、ご存じでした?

考査では昔話に関する問題は出題されませんでしたが、模擬試験ではほぼパーフェクトでした。

ところで・・・

お受験対策に昔話が必須な理由とは?

ここ数年、昔話の読み聞かせをされていない子どもが増加傾向にあるそうです。
「浦島太郎」の結末を知らなかったり、「桃太郎」の家来を知らなかったり・・・それだけ本を読まない子が多くなったことを嘆かわしく思う声は少なくありません。
本来、子どもなら昔話を知っていて当然という認識が学校サイドにあるのだと思います。
それに昔話って何世紀にもわたって語り継がれているわけですから、語り継がれるにはそれなりの理由があるんですよね。
家庭での読み聞かせや幼児ならではの好奇心を確認する手段の一環として昔話が出題されるのではなでしょうか。
一方でゲーム漬けやアニメ漬けの子どもを排除したいという目的も多少はあると個人的に思います。

ゲームやアニメもいいけど、昔話もね☆ってことで。

我が家では、この本が昔話対策に役立ちました。

母と子のおやすみまえの ぬくもりの絵本 世界のどうわ (ナツメ社こどもブックス)

新品価格
¥1,296から
(2016/10/29 08:55時点)

母と子のおやすみまえの ぬくもりの絵本 日本のどうわ (ナツメ社こどもブックス)

新品価格
¥1,296から
(2016/10/29 08:56時点)

0

bookmark_borderある意味、貴重な本

今から10年ほど前に「お受験ちゃん」と題した小学校受験合格記が出版されました。
小学校受験関連本の中でも稀有とも言える「不合格記」ですが、「不合格記」だけあって案の定Amazonや書評サイトでは酷評されまくり状態でした。

さて、この「お受験ちゃん」について・・・。

私がこの本の存在を知ったきっかけはサブカル母様のブログでしたが、既に絶版になっていたので、古本で購入しました。

著者は女性で所謂ギョーカイ人
当時保育園児の長女「ウカリちゃん」が本書の主人公。
セーラームーンのような制服にお城のような校舎、そんな娘を華麗に送迎する自分の姿に憧れて「西洋平和小学校」受験を決意。
個人経営の幼児教室に入会し、お受験の日々が始まるわけですが・・・
確かにAmazonのレビューや書評サイトで酷評される理由がわかる内容でしたし、サブカル母様が「反面教師」と評するのも納得できる内容でした。
当時、受験準備中だった私でも不合格の理由がわかる気がしたほどでした。
不合格の理由は、ズバリ「それ、やっちゃダメでしょ!」の連続だったこと。
では、どのあたりが「それ、やっちゃダメでしょ!」な点なのか、そのポイントを次のとおりにまとめてみました。

  1. ブランドで学校を選ぶ
    「西洋平和小学校」は朝の連ドラにも登場した有名お嬢様学校。
    「ウカリちゃん」の資質を度外視してブランド校を選ぶのは如何なものかと思います。
    あと、この著者は他校の説明会にも参加しているようですが、全てブランド校なんですよね。
  2. 噂に振り回されすぎ
    関東であろうが関西であろうが、スリッパの材質なんて誰も見ちゃいません。
    革のスリッパでなければいけないなんて噂をどうして信じるかな。
  3. ブランドにこだわりすぎ
    志望校選びからもわかるように、著者のブランド好きっぷりが随所に見受けられました。
    「ウカリちゃん」の受験服は全身ファミリア、著者のスーツはミスアシダにバッグはフェラガモ。
    健康診断書はあのセレブ産院。う~ん・・・。
  4. ペーパー一辺倒な印象
    本書では「ウカリちゃん」がくる日もくる日もペーパーをこなし続ける描写が多々ありますが、面接対策まで手が回らなかったのか本番は緊張のあまり、消え入るような声だったそうです。
    考査当日、一本橋遊びをしていた際に受験生の女児から「お先にどうぞ」と譲ってもらうばかりだったという点から行動観察対策もあまり行っていなかったことが本書で窺えます。
  5. 家族写真
    志望校に提出する家族写真を撮影したという描写がありますが、沖縄旅行で真っ黒に日焼けしたことに気づき慌てる筆者。
    どうにか画像修正で日焼けは処理できたものの、服装が派手な花柄って・・・。

これらの点からお分かりいただけたように、著者は、小学校受験のなんたるかをよく理解しないまま小学校受験にチャレンジしたことが窺えます。
小学校受験の何たるかをよく理解していなかったが故に妙な噂に振り回されたり学校選びを誤ったわけですが、同時に全身ブランドで固めても合格できないことや、ブランドで学校を選んではいけないと警告してくれている貴重な本でもあります。
まさにお受験版・しくじり先生とも言うべきですね。

しくじりの連続とも言うべきお受験顛末記ですが、実は、この本には五つの潤いがあります。

まず一つ目の潤いは、不合格になっても決して怨み事を言わなかったこと。
時々、不合格になった途端に志望校への怨み事をこぼすなど「すっぱい葡萄」を地で行く残念な親を見かけますが、著者は、決して「すっぱい葡萄」にならず、街で見かけたお受験親子を応援し続けていたそうです。

二つ目の潤いは、何だかんだで家族仲がいいこと。
もうね、これが一番!

三つ目の潤いは、長男を中学受験に合格させた実績があること。
きっと著者は、中学受験向きなのだと思います。でも、これってすごいことですよ!

四つ目の潤いは、著者自身が前向きな性格であること。
「ウカリちゃん」は、近所の公立小に進学することになりましたが、学校でたくさんの友だちを作り、地元のサッカーチームの紅一点として活躍しているそうです。
こうして「ウカリちゃん」が毎日を楽しく過ごせるのは、著者が前向きだからではないでしょうか。

五つ目の潤いは、著者が自分自身を楽しんでいること。
著者は仕事に育児に追われる一方でサンバカーニバルで踊るなど多彩な趣味を持っておられます。
そうです。
ママは子どもの教育一辺倒になるあまり、自分自身をないがしろにしてはいけないのです!

確かに反面教師の側面がある本ですが、自らの失敗談を出版したその勇気は評価されるべきではないかと私は思います。

尚、「お受験ちゃん」は現在は絶版とのことで電子書籍版もないようですが、マーケットプレイスで入手可能です。

めくるめく驚愕ワールド お受験ちゃん(^v^)

0