bookmark_border九九なんてカンタンだ!?

こちらの記事を丸パクリしました。
スミマセン。お許し下さい。

学力格差は2年生で固定(仮)されます。

間もなく二年生に進級する親御さんにとって算数に戦々恐々とされている方もいらっしゃるかと思います。
二年生の算数は、学力格差の始まりといわれているらしく

単位
時間
図形
繰り上がり&繰り下がり
分数
そして九九

これのどれかに躓くお子さんがいらっしゃると聞きます。
二年生に躓いたとしても三年生でまだ挽回のチャンスがありますが、二年生での躓きが克服できないまま更に三年生でも躓いたらと思うと怖いものがありますよね。
そうならないためにも日頃の予習復習って大事です!

さて・・・
話が変わりますが・・・
春休みにポピーの学習相談サービスを利用させていただいたときことです。
担当された先生は、関西の公立小で長年教鞭を取られたベテランで私立小の事情にも詳しい先生でした。
驚くことに娘の学校のことまで詳しかったりします(!)。
担当された先生から三年生の学習に向けていろいろなアドバイスをいただくことができましたが、特に様々な体験を積むことについて何度もお話されていらっしゃったのが印象に残りました。
体験を積むことでイメージが掴みやすく、思考力を問う場面に遭遇しても体験を重ねていればそれほど困ることはないとお話されてました。
例えば長さ。
先生が教鞭を取られていた当時、算数のテストに『はがきの大きさを計る時にはどんな道具を使いますか?』という問題が出題されました。
答えはもちろん「定規」
しかし、「巻尺」と答えたお子さんがいらっしゃったそうです。
先生が「巻尺」と答えた理由を尋ねたところ、当該のお子さんは「長さを計ることができれば何でも同じ」と考えていたそうで、更に聞き取りをしていくうちに実は定規を使って大きさを計ったことがないことが判明しました。
「かさ」も然りで、500mlがどれくらいの量であるかをイメージできないお子さんが多く、やはり聞き取りをしていくうちにキッチンでお手伝いをしたことがないことが判明しています。
逆にキッチンでよくお手伝いをよくしているお子さんほど「かさ」「重さ」が咄嗟にイメージできる上、思考力もあるとお話されてましたが、西村則康先生も著書「中学受験・やってはいけない小3までの親の習慣」の中でキッチンでのお手伝いを提唱しておられたのを思い出しました。
思考力のみならず、これから先成長していく上で必ず体験したことは活きると先生はお話されてました。
理科と社会の予習方法についてのアドバイスがほしくてサービスを利用させていただいたのですが、地図記号や植物の発芽と成長における名称は予習や反復学習で補えるけど、できるだけ体験を積むことを重要視してほしいとアドバイスして下さいました。
一例として、スーパーで買い物中に店内で働いている人を見かけたらどんなお仕事をしているのかをお子さんに問いかけてみたり、近所を歩きながら地図を作ることなどを教えてくださり、思わずメモをとってしまったほどです。

ここで先生のお話をまとめてみました。

  1. できるだけ多くの体験を積もう。
  2. できるだけたくさん出かけていろいろなことを発見しよう。
  3. 積極的に家事にチャレンジしてもらおう!
  4. 見聞きする前にまず体験から!

・・・と言ったところでようやくここからが本題。

よく九九の早期マスターネタを耳にしたことはないでしょうか?
特に公文や七田式に通っているお子さんほど早期マスターされたことと思います。
確かにすごいと思いますし、きっと記憶力のいいお子さんだと思います。

思うんですけど・・・

水をさすようでごめんなさいね。

お子さんは九九の答えをちゃんと理解していますか?
例えば2×3=6
2の固まりが3つあるから答えが6ですよね。
2+2+2=6ってこと。
それをきちんと理解できていますか?
それができていれば九九の早期マスターもアリだと思いますが、できていなければ失礼ですがマスターしたとは言えないと思います。
娘の通っていた幼稚園はお勉強系幼稚園だったこともあり、九九を早期マスターしたお子さんが多かったのですが、漠然と暗記しただけのお子さんが大半でした。
でもって、そんな子の親に限って早期マスター自慢をしたがるんですよ。これが。
早期マスターの弊害として、「自分は九九ができる」という自信がなまじ強いので基礎を理解したがらず3~4年生の算数で躓く傾向があるそうな。
早期マスターを悪とは言わないけど、基礎はきちんと理解できたほうが絶対にいいと思いますよ。

ちなみに我が娘は小2の夏休み前まで九九を全っっったく知りませんでした。
だって九九なんてさせたことがないからね~♪
夏休みに入ってからようやく九九学習を開始というスロースタートでした。
流れとしてはこんなカンジです。

九九アプリを使いながら百マスそろばんで基礎固め。
これを約一週間くらい。

九九アプリをゲーム感覚で遊び続けつつ、百マス計算を使って学習。
あらかじめ用意した九九下敷きを見ながら書いてもOK。

ある程度したら、今度は九九下敷きを見ないで百マス計算を使って学習。
わからないところは空白のままでOK。
答え合わせが終わったら間違えたところや空白の箇所を九九下敷きを見ながら埋める。
以下、これの繰り返し。

夏休み明けには九九はカンゼンカンペキ(←チャップ@スナックワールド)で、おかげさまで九九テストは学校・塾共に100点連発でした。
二年生の夏休み半ばから九九の勉強を始めたのに、九九を早期マスターした子をあっという間に追い越しちゃいましたよ☆
そして前述の2×3=6のように、答えの意味も自分で説明できます。

結論:
九九はスロースタートでも全くもって(←ツラヌキ@シンカリオン)問題なし!
九九を早期マスターしたところで「何故この答えなのか?」を理解できなければマスターしたとは言えないよ。

余談ですが、九九下敷きは使っても九九ポスターは一切使いませんでした。
なのに九九ポスターが増えていく一方・・・もったいないけど全部処分しました。
だって下敷きのほうがすぐに取り出せて手にとって確認できるからね~。

以上、学習についてエラっそうに語ってみましたとさ☆

【参考リンク】

百だまそろばんはコレを使いました。
公文式にはアンチテーゼを持ってますが、公文トイは絶賛しているというダブスタっぷりw

くもんの玉そろばん120

新品価格
¥2,231から
(2019/4/14 09:28時点)

計算のスピードが速くなる上に九九も鍛えられるというお買い得なドリルです。

<教育技術MOOK>陰山メソッド 徹底反復「百ます計算」

新品価格
¥540から
(2019/4/14 09:29時点)

九九下敷きならこれが一番シンプルで使いやすいです。

[中学受験]やってはいけない小3までの親の習慣

新品価格
¥1,628から
(2020/5/1 10:44時点)

0

bookmark_border勉強の丸投げは親の怠慢だよというお話。

先日、塾の面談で先生が雑談がてらこんな話をしていました。

最近、二人のお子さんが塾を辞められたそうです。
二人のお子さんは姉弟で、上が小5のお姉ちゃん、下が娘と同じ小2の男児。
ちなみに二人とも公立小。
お姉ちゃんは週に三日、弟は週に二日通っていたそうですが、一向に成果が見られず成績は下がる一方。
成果がでないことを理由に姉弟のママさんが辞めさせたそうです。

大手進学塾直営の個別指導塾に週に二日も三日も通っているのに何故成果が出ない!?
何故成績が下がる一方!?

もちろんちゃんと原因がありました。

この姉弟のママさん、個別に通えば成績が上がり勉強も遅れをとらないと思い込んでいたみたいで、フルタイム勤務を理由に家庭学習を一切怠っていたようです。
塾の宿題は全然やってこないし家庭学習もほとんどやらない上にあまつさえ、保護者向けの授業レポートはいつも未読。
そら成果が出るわきゃないわな。
成果がでないのも成績が下がる一方なのも塾が悪いと思い込んで憚らないママさんは、最後まで自分に原因があることに気づくことはありませんでした。
成果がでないのは塾のせいではなくフルタイム勤務を言い訳にして家庭での学習管理を疎かにしたママさんに原因があるのです。

ところで・・・

佐藤ママこと佐藤亮子さんの受け売りではありませんが、学習習慣を身につけることも日頃から学習管理するのも親の役目だと思っています。
学年が上るほど親が勉強を教えられなくなりますが、学習管理や進捗管理だったらできるのではないでしょうか。

テストの点数をExcelに記録するとか
返却された答案用紙を見て躓きやすい傾向や苦手をチェックして次に向けて対策するとか
プリント類を分類してファイリングするとか
学校や塾の授業ではどの単元を習っているのかとか
資質や理解度に合った教材を用意するとか

・・・これらが私が漠然と考えている家庭での学習管理です。
もちろん間違っているものがあるかも知れませんし、学校や塾の授業の進捗次第で変更もありうるので管理方法は都度更新されるんじゃないかな・・・っていうか試行錯誤?
学習管理も進捗管理も言わば我が子へのマネージメントじゃないかなって思うんです。
だとしたら親のマネージメント力って大切なのかもね。たとえるならアイドルとマネージャーの関係みたいなカンジ?

ここで前述のフルタイム勤務ママの話に戻りますが・・・

全てのフルタイムワーカーがお子さんの学習管理をおろそかにしているとは思えません。
娘の学校にも当時通っていた幼児教室にもフルタイムワーカーのお母様がいらっしゃいましたが、皆さん工夫されてましたよ。
一番多かったのがおばあちゃんがマネージメントしているご家庭でしたが、ご夫婦で連携されてるご家庭もありましたし、中には元大手進学塾講師というキャリアを活かしたお母様もいらっしゃいました。
それにひきかえ、ことあるごとに仕事を言い訳にするママさんって普段から言い訳がましいんだろうなってことが容易に想像できます。
仕事にかまけてお子さんの学業を丸投げするなんて言語道断ってもんで、塾をサービス業と勘違いしている典型だわね。
そういえば、教育を外部に丸投げしている家庭の子どもに賢い子がいないと思うのは気のせいかな?
教育を外部に丸投げすることって言い換えると親子のコミュニケーションを外部に丸投げしてるのと同じことだかんね。

最後に・・・

お子さんがどこで躓いているのか?
現時点での進捗はどうなっているのか?
お子さんの得意と苦手は?

これを把握しているだけでも全然違うと思います。

以上、学習についてエラッそうに語ってみましたとさ。

基礎を徹底的に強化するなら断然これ!
動画アプリを見ながら学習できるのでイメージしやすいし、しっかり基礎が身につくこと間違いなし!

3年生の学習 国語・算数・理科・社会 (学研おうちゼミ)

新品価格
¥3,672から
(2019/2/20 10:44時点)

これさえあれば、そろばんを習う必要なし!
時間を図ることが百マスの鉄則ね☆
九九を確実にマスターするのにも百マスが大いに役立ちました。
陰山信者なもんでつい(笑

陰山英男の徹底反復「百ます計算2 2けたと1けた」 (教育技術MOOK 陰山メソッド)

新品価格
¥540から
(2019/2/20 10:45時点)




前述にも名前が挙がった佐藤ママこと佐藤亮子さんの著書。
この本をよくご覧いただくとお分かりいただけるかと思いますが、決して勉強一辺倒ではない教育をされていたことが伺えます。
勉強も大切ですが、それ以上に大切なのは一緒にゲームをしたり童謡を歌ったり読み聞かせをするなどの親子のコミュニケーションであるとこの本には書かれていますが、全くもってそのとおりです!

佐藤ママの子育てバイブル 三男一女東大理III合格! 学びの黄金ルール42

新品価格
¥1,620から
(2019/3/18 09:33時点)

【参考リンク先】

  • まさか 子どもの勉強を塾に丸投げしてませんよね?
    群馬県の学習塾「サクセス」のブログです。
    塾はサービス業ではないということがよくわかる内容ですので是非ご覧ください。
  • 「灘→東大理Ⅲ」3兄弟の母が教える”必勝法”
    今回のエントリーで何度も名前が挙がった佐藤ママこと佐藤亮子さんのコラムです。
    学習管理やマネージメントの参考になりました。
  • 【ホラー】確実に勉強しない子を育てる親 5つの特徴
    家庭学習の習慣が身についていないとどんな恐ろしいことになるか・・・タイトルのとおりもはやホラーです。
  • 塾に通っているのにあなたのお子さんの成績がさっぱり伸びない理由
    塾に丸投げしてはいけないということをいち早く記事にされていらっしゃいます。
    こちらのブログの方がより細かに具体的に記事にされていらっしゃいますので、是非ご一読ください。
    ちなみに、今回のエントリーは断じてこのブログの模倣ではないということだけ念のために申し上げます。いや、ホントだって。
  • 0

    bookmark_border私的通信教育考

    表題のとおり、個人的見解と称して通信教育についてエラッそうに書いていることをお許しください。
    あくまで個人的な意見であり、断じて一般論ではございませんので悪しからずご了承ください。

    さて・・・

    我が家ではこの春から全家研ポピーを始めることになりました・・・というお話を以前にさせていただきました。
    まだスタートすらしていないのにあれこれ語るのは如何なものかと思いますので全家研ポピーについての成果報告は一学期末までお待ちください・・・って待っている人っているのか!?
    それはさておき、基礎を徹底的に強化したいと考えている我が家にとって全家研ポピーを選んだことは正解だったと確信しております。

    前置きはここまでにしておいて、ここからが本題。

    今や数多くある通信教育ですが、お子さんの資質や発達、性格を考慮した上で選ぶことができる一方で、数多くあるからこそ、お子さんをよく観察した上で慎重に選んだほうがいいと思うんですよ。
    例えばタブレット学習。
    昨今、タブレット学習が大人気なようですが、タブレット学習ほど向き不向きが大きいものはないと思っています。
    その理由は打たれる様のブログを是非ご覧下さい。
    個人的な意見として、タブレット学習で学んだことをアウトプットできる・・・タブレットで学んだことを紙ベースに書くことができるお子さんが向いているんじゃないかな。

    学んだ内容をそのままノートにメモするもよし
    タブレットで学んでから市販のプリントを使うもよし

    やっぱり書くことが一番ってことね。
    タブレットと書くことを上手く融合できる分にはタブレット学習ほど便利なものはないけど、打たれる様のブログにもあるようにタッチしただけで学んだ気分になるという落とし穴にはまらないようにしたいですよね。
    ちなみに我が家では、これを絶賛愛用中!
    アプリで学んで且つ紙ベースで解くという理想的な学習スタイルが気に入ってます。
    アプリで学ぶことでイメージしやすいので娘との相性もよかったみたいですし、二年生の学習で取りこぼしがなかったのはこれのおかげ♪
    もうすぐ終了しますので、そろそろ三年生の分を準備しようかな。

    2年生の学習 国語・算数・理科・社会 (学研おうちゼミ)

    新品価格
    ¥3,240から
    (2019/2/10 10:36時点)

    3年生の学習 国語・算数・理科・社会 (学研おうちゼミ)

    新品価格
    ¥3,672から
    (2019/2/10 10:37時点)

    あと中受を控えているご家庭にはおなじみのZ会。
    これも向き不向きがハッキリしていると思います。
    基礎学力が十分身についていて且つ学習に貪欲なお子さんや元々地頭のいいお子さんにはぴったりだと思いますが、学習進捗がゆっくりであったり基礎学習が不十分なお子さんには苦痛なだけではないでしょうか。
    ちなみに我が家では今のところZ会を利用する予定はありませんが、6年生に進級したタイミングでポピーから乗り換えるかも知れません。

    ・・・と、通信教育ほどお子さんの相性が左右するものはないってことなんだろうね。きっと。

    最後に私自身の過去のしくじり話でこのエントリーを締めくくりたいと思います。

    中学生の頃、進研ゼミの宣伝マンガにまんまと乗せられて入会したことがありました。
    進研ゼミの宣伝マンガといえば大袈裟でわざとらしさがおなじみですが、あのマンガを真に受けるなんてアホですね~w
    入会特典としてユニポスカセットがもらえたときにはテンションがあがりましたっけ。
    当時の進研ゼミは読者投稿コーナーに力を入れおり、読者投稿だけの冊子が毎月付録でついてくるほどでした。
    冊子の中身はイラストコーナーが中心で、イラストの大半が「キャプテン翼」や「聖闘士星矢」でした。この他にも白倉由美さんの漫画が連載されていたり、読者が描いた漫画が掲載されたりと往年のオタク雑誌「ファンロード」を意識したような内容でした。
    こうして読者投稿にすっかり夢中になってしまい肝心の教材は蔑ろと本末転倒。
    こんなんで成果など上がるわけがなく僅か半年で退会させられることになりましたが、このしくじりが時を経て活きるとは当時の私は知る由もなかったことでしょう。
    かつて勝新太郎氏が「無駄の中に宝がある」と語っていたことがありましたが、本当にそのとおりですね。
    さて、前述の読者投稿だけの冊子ですが、まだあるのかな?
    仮にまだあったとしても切り替えのできるお子さんなら問題ありませんが、私のように簡単に脇道にそれるお子さんはおまけの多い通信教育は避けた方が賢明かもしれません。

    今日の格言(←イナズマイレブンかよw)
    無駄の中に宝

    0

    bookmark_border3年生に向けての学習準備と教材についてのお話。

    早いものでもう冬休み。そして間もなく三年生に進級。時間が経つのって早いなぁ・・・しみじみ。
    そういえば小学生になってから時間が経つのがやたらと早いような気がしなくもありません。
    学期末と言えば通知表。
    手前みそで恐縮ですが、我が娘はうれしいことに算数が三段階評価中「3」でした(!)。
    娘よ!あんたはエライ!!
    今学期も本当によく頑張ってましたからね!(←スミマセン!バカ親でw)

    で、通知表の話が出たところでここからが本題。

    早いもので、もうすぐ三年生になるわけですが・・・
    三年生になって戦々恐々としているのが五段階評価の通知表先取り授業
    ヒー!!コワイヨコワイヨ((((;゚Д゚))))
    まず通知表
    娘の学校では三年生以降は五段階評価になります。
    「目指せ!オール5!!」とは言わないけど、「大半が3・ところどころ4」だったらそれで十分と考えてますが・・・ダメ?甘い?
    何しろ娘の学校では内部進学の必須条件が通知表3以上なので尚更怖いやら心配やら。
    通知表と同じくらい戦々恐々としているのが、少しずつ始まる先取り授業
    洛南のように極端に学年を超えた先取りはしないにせよ、どれくらいのペースで先取り授業をするのか読めないので、三学期半ば頃から徐々に三年生に向けての準備を始める予定です。
    このブログでも何度か話題にしては二転三転しましたが、次の教材で対策することに決めました。

    現在、これの二年生版に取り組んでいますが間もなく終了!
    実はコレ、娘が最も気に入っている教材だったりします。
    基礎を取りこぼさずに済んだのはこの教材のお陰なので、今では基礎強化に欠かせません。

    3年生の学習 国語・算数・理科・社会 (学研おうちゼミ)

    新品価格
    ¥3,672から
    (2018/12/18 10:39時点)

    こちらの二年生版に取り組んでますが、もうすぐ終了。
    特に娘は読解力問題につまづきやすい上に読解力の得手不得手が大きいのでこのドリルが役立ちました。
    六年生の学習が終わるまでずっと使い続けることに決めました。
    音読大事!

    小3/特訓ドリル 読解力: ワンランク上の学力をつける!

    新品価格
    ¥778から
    (2018/12/18 10:41時点)

    二年生では同じシリーズの「チャレンジテスト」が基礎を仕上げるのに役立ちましたが、三年生からはこちらに変更。
    直接書き込めるみたいですけど、ノートを使って繰り返し使いたいなぁ。

    算数3年 (小学標準問題集)

    新品価格
    ¥972から
    (2019/2/26 10:35時点)

    国語3年 (小学標準問題集)

    新品価格
    ¥972から
    (2019/2/26 10:36時点)

    今年もやります「ハイレベ100」!
    昨年同様、夏休みから着手する予定です。
    特に「国語」が娘にとって相性が合うみたいで、3年生になっても続けたいとのことでした。
    算数ではどうしても解けない問題が散見されましたが、後回しにしちゃっても学年をまたいでも全然大丈夫!
    時間がかかってもいいから少しずつ歳月をかけてクリアしていけばそれでOK!
    以前購入した「ハイクラス」もいいんですけど、やっぱり行き着く先はハイレベ100になっちゃいます。

    ハイレベ100小学3年国語

    新品価格
    ¥864から
    (2019/4/14 16:28時点)

    ハイレベ100小学3年算数

    新品価格
    ¥864から
    (2019/4/14 16:29時点)

    例によって「うんこ漢字ドリル」。
    もう既に取り掛かってます。
    漢検対策はこのドリルと過去問だけで十分でした。
    ちなみに三年生の一学期中に8級を受験予定。

    日本一楽しい漢字ドリル うんこ漢字ドリル 小学3年生

    新品価格
    ¥1,058から
    (2018/12/23 11:18時点)

    ご存じ!西村先生の「つまづきをなくす」シリーズ。
    1080円で三年生まで使えるというコスパ的に申し分なしの問題集です。
    二年生の算数では大活躍しましたので、三年生に進級しても引き続き活用します。

    つまずきをなくす 小1・2・3 算数 平面図形

    新品価格
    ¥1,080から
    (2018/12/19 10:34時点)

    四年生~六年生版もあるでよ。

    つまずきをなくす 小4・5・6 算数 平面図形

    新品価格
    ¥1,080から
    (2019/2/6 10:00時点)

    つまずきをなくす 小4・5・6 算数 立体図形

    新品価格
    ¥1,080から
    (2019/2/6 10:00時点)

    ・・・ところで

    今回から「教科書ワーク」「教科書ぴったりテスト」は購入しないことにしました。

    理由はコレ!



    2019年3月から全家研ポピー始めることにしました。
    お試し教材を取り寄せましたが、娘との相性が良かったみたいなので早速契約してきました。
    まだスタートしていないので何とも言えないですが、まずは半年間様子を見て、継続の可否を決めたいですね。

    そもそも何故、全家研ポピーなのか?
    外部受験するかもしれないのに何故Z会四谷大塚じゃないのか?
    全家研ポピーを選んだ理由は次のとおりです。

    1. お試し教材を見て基礎強化に活用できると思ったから。
    2. 塾と併用しても負担にならないと判断したから。
    3. 教科書準拠版なだけでなく、授業の進度に合わせて教材を用意してくれる上に先取り授業にも対応可能だから。
    4. 娘の学校の副本とテストが「新学社」のものだから。
      要するにポピーを作ってる会社のことね。
    5. ポピー会員の中には私国立小に通うお子さんも多数。
      全家研ポピー=公立小というイメージがありますが、実は意外に私国立小に通うお子さんが多いそうで、特に国立小に通うお子さんが多いとのこと。
      ちなみにポピー会員の中には娘の学校の生徒さんも多数だとか。
    6. 教材に対応した動画授業サービスが使えるから。
    7. 料金が安い!実はこれが一番の理由だったりしてw

    私が基礎にこだわる理由は基礎なくして応用はあり得ないと考えているからで、基礎がキチンとできていないことには話にならないんじゃないかなってね。
    だったらその基礎をとことんまで強化しようって考えに至ったんですよ。
    基礎の強化に最適だと判断したのが全家研ポピーでした。

    さて、料金についてですが・・・

    ポピーの年間総額が37200円。
    「教科書ぴったりテスト」と「教科書ワーク」を国算理社フルセットで購入してら10192円。
    どう見ても後者の方が安いですよね。
    値段だけでみるとポピーの方が割高に感じられますが、実は割高であって割高ではありません
    これだけ教材が充実している上に動画授業は利用できるわ家庭での指導方法についてサポートしてくれるフリーダイヤルがあるわでコスパ的にもお得だと思うんですよ。
    まぁ、正直言うと「こころの文庫」はいらないかなw
    ただ、前述でも書いたようにまだスタートすらしていませんし、一学期末の成果で継続の可否を決めたいと考えてますので現時点では何とも言えません。
    そんなわけで一学期末の成果についてのレポートを書きたいと思いますので乞うご期待(←誰も待ってないってw)。

    【参考リンク】

    0

    bookmark_border漢検を受検してきたというお話part2

    先日、娘が漢検9級を受検してきました。
    二年生で習う漢字全般が出題内容ですので、習得度を確かめる方法としても漢検はやはり有効ですよね。
    娘の場合は至って学年相応ですが、漢検って競って受検するものではなりませんので、これでいいと思ってます。
    前回のエントリーでは、二年生の二学期中に9級を受検したいと書きましたが、予定どおりってとこかな。
    でもってこれまた前回のエントリー同様、開始から30分足らずで会場から出てきた娘ですが、娘によると「どうしてもわからなかった問題が二問あった」だそうですが大丈夫でしょう・・・多分。

    大丈夫、大丈夫。
    合格してるって。

    娘が漢検の準備を始めたのは夏休みが終わる直前でしたっけ。
    過去問を3周分コピーしてひたすら解き続け、間違えたら都度漢字辞典や
    あのドリルでチェックするという方法をとってました。
    第一週目から正答率9割台を常にキープして時々全問正解というカンジでしたので概ね良好だったんじゃないかな・・・と思うことにしよう。
    今回までは「いちまるくん」を使ってましたが、あのドリルと過去問を併用する方がやりやすいみたいなので、8級以降は使わないことにしました。
    9級受検が終わった次なる目標はお正月明けの算数検定10級。
    こちらも至って学年相応の出題内容ですが、大丈夫でしょう・・・多分。

    算数ついでにもうひとつ。
    なんか、こんなドリルが出てるみたいです。

    日本一楽しい算数ドリル うんこ算数ドリル 文章題 小学2年生

    新品価格
    ¥1,242から
    (2018/10/31 08:40時点)


    中身をチェックしていないので何とも言えませんが、文章題が苦手な子には苦手克服のとっかかりとしていいかもしれませんね。

    最後に・・・

    漢検のご褒美を娘と約束していましたが、これが欲しいそうです。

    イナズマイレブン~ペンギンを継ぐ者~ (1) (サンデーうぇぶりSSC)

    新品価格
    ¥756から
    (2018/10/31 08:47時点)


    今では「イナズマイレブン」と「シンカリオン」に夢中だからなぁ。

    0

    bookmark_border読書感想文はコレにしました。

    先週から夏休みがスタートしました・・・が、学校で夏休みのワークを殆ど終わらせてしまったため、残っている宿題と言えば

    毎日のショートダイアリー&お天気の記録
    学校で育てた植物の観察日記二日分
    「せんせい、あのね」ノート
    一日分の絵日記
    コンクール用ポスター
    アイデア工作
    読書感想文

    くらいになりました。
    日記系以外は極力、今月中に終わらせることを目標にしています。
    とは言ったものの、工作があまり得意ではない私と娘ですのでどうなることやら・・・トホホ。
    アイデア工作については、パクリにならない程度にネットで元ネタ探しをしようと目論んでます。
    ある程度アレンジを加えたらパクリにならない・・・かな!?
    コンクール用のポスターは自由に書かせるつもりですので、こちらは半日で終わるんじゃないかな。

    さて・・・

    今年から夏休みの宿題に読書感想文が加わりました。
    で、娘が選んだ本がコレ

    りゆうがあります (PHPわたしのえほん)

    新品価格
    ¥1,404から
    (2018/7/27 16:08時点)


    幼稚園の卒園間際に買った本ですが、えらく気に入ったようで未だに読み続けています。
    良く言えば想像力豊かで悪く言えば屁理屈ってとこでしょうが、よくもまぁ次から次へとアホな「理由」が思いつくもんだと感心してしまいます(笑)
    でも、この本って捉え方によっては想像力を鍛えるきっかけになるんじゃないかって気がするんですよね。
    それにこの本には年齢制限はないと思っていますので、できれば長く読み続けて欲しい一冊です。
    読書感想文を書くのは今回が全く初めてですので、書き方は塾の先生に教わるそうです。
    うん、それがいいよ。

    ちなみにこちらも娘のお気に入り。

    りんごかもしれない

    新品価格
    ¥1,512から
    (2018/7/27 16:13時点)


    一見、何の変哲もないただのりんごですが、実は・・・!?
    いろんな想像力を掻き立てる内容ですので、これからも読み続けてほしいです。

    二年生になるとそろそろ絵本を卒業する頃ではないか・・・?
    と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、私個人の考え方としては今すぐ絵本を卒業する必要はないと思ってます。
    例えば急に「かいけつゾロリ」にシフトしたとします。
    「かいけつゾロリ」シリーズって割と文字数が多いので、読んではみるものの字を追うことが精一杯になって肝心のストーリーが頭に描けないこともあります。
    ただ字を追いかけているだけなので、そのうち読むのも嫌になって挙句に本嫌いに・・・なんてこともありえますので、無理をさせる必要はないと思ってます。
    同じ読ませるなら音読の練習ができる文字数の絵本でOKかな・・・てなことを考えておりますが、実は絵本と同時進行で前述の「かいけつゾロリ」を読んでたりします。
    一冊の本を何日かに分けて音読しているので、まずはこれで十分じゃないかって思います。
    何回か繰り返すうちにきっとストーリーが頭に描けると思うよ。
    ちなみに、先日、こちらの本を音読で読み終えたばかりです。

    かいけつゾロリけっこんする! ? (19) (かいけつゾロリシリーズ ポプラ社の新・小さな童話)

    新品価格
    ¥972から
    (2018/7/27 16:35時点)

    本を読むことって大事なことだけど、無理をさせて本嫌いにしてしまっては本末転倒。
    まずは、好きな本だけでも十分じゃないかというのが私のお粗末な持論だったります。

    最後に・・・

    今、娘が欲しがっている本がこちら。

    水不足のサバイバル (科学漫画サバイバルシリーズ)

    新品価格
    ¥1,296から
    (2018/7/27 16:29時点)


    校内の図書館で見つけてから何回か繰り返し読んでいるそうです。
    そこまで気に入ってるんなら買ってあげようかな。

    【参考リンク】
    『こどもの本』総選挙公式サイト

    0

    bookmark_border夏休みドリルはこれで決まり!

    昨年の夏休み、娘にこのドリルを買い与えました。

    小学1年 (学研の夏休みドリル)

    新品価格
    ¥605から
    (2018/7/4 09:13時点)

    ・・・が、しかし・・・

    夏休みが始まった直後にドリルを開くとほとんど終わっていたというオチでしたとさ。
    夏休み前に勝手にドリルを終わらせてしまった我が娘ですが、それだけ基礎が十分にできていたんだと解釈してます。
    何より勝手にドリルやワークを進めるということは、それだけ自主的に勉強しているということだから、いいことじゃありませんか(!)
    こうして基礎は十分にできている娘ですが、発展問題になった途端に躓く傾向があります。
    一緒に取り組みつつ反復していくうちにしっかり理解するという傾向が強いので、娘にはモジュール学習が必要不可欠です。
    学校選びの際にはモジュール学習を必ず行う学校を選んだほどですから。

    ・・・さて

    もうすぐ夏休みが始まります。

    今年の夏休みドリルはこれを選びました。

    ハイレベ100小学2年算数

    新品価格
    ¥864から
    (2018/7/4 09:31時点)

    ハイレベ100小学2年国語

    新品価格
    ¥864から
    (2018/7/4 09:31時点)

    そして、このドリルを選んだ何よりのきっかけはこちらのブログに出会ったことです。
    打たれる様の大ファンなのでつい・・・。
    当初、ハイレベ100など娘には不向きじゃないかと思いましたが、打たれる様のブログを拝見させていただくうちにハイレベ100に興味を持つようになりました。
    ハイレベ100の中身を何度もチェックしていくうちに娘にチャレンジさせたいという思いが強くなり、今年の夏休みドリルはこのハイレベ100に決めました。
    夏休みドリルという名目ですが、三学期始めまでにすべて終わらせることを目標にしています。
    それに娘の学校では三年生から徐々に先取り授業にシフトするのでいい機会かも知れません。

    てなわけで・・・

    夏休みドリルはハイレベ100で決定!

    0

    bookmark_border家庭学習用ワークはほどほどに

    以前、塾の先生から「ドリルやワークの購入は最小限にしてください」と言われました。
    できるだけ購入を最小限にしようと意識してはみたものの・・・っていうか、最小限になっているのかどうかも怪しいところ。
    今のところ、購入したワークはどれも万遍なく進めていると思いますし、夏休みワークをわざわざ買い揃える必要がなくなったので結果オーライってことでw
    ・・・さて
    まだ二年生に進級して間もないというのに、気が早いというのか今から三年生に進級した際のワーク選びについて考えているわけですが・・・
    次のワーク類だけは引き続き使おうと決めています。

    3年生の学習 国語・算数・理科・社会 (学研おうちゼミ)

    新品価格
    ¥3,672から
    (2018/6/9 08:21時点)


    ただいま、二年生の「おうちゼミ」を使っていますが、現時点で進捗は二分の一を超えたあたりです。
    特に娘が動画アプリを気に入ったようで、お陰様で順調なペースを保てています。
    楽しみながらもしっかり学習できるというよく工夫された作りなので、放っておいても勝手に勉強してます(本当!)。
    動画を見て、紙ベースで解いて、アプリで解答できるのにこのお値段は美味しい!

    小学3年 国語 ハイクラスドリル: 1日1ページで全国トップレベルの学力!

    新品価格
    ¥1,188から
    (2018/6/9 08:27時点)

    小学3年 算数 ハイクラスドリル: 1日1ページで全国トップレベルの学力!

    新品価格
    ¥1,188から
    (2018/6/9 08:29時点)

    現在、「チャレンジテスト」を使っていますが、三年生になったらコレに切り替える予定です。
    娘の学校では、三年生以降から徐々に授業が先取りになりますので、授業対策ってことで。

    あとは、単元に応じて陰山メソッドを選ぼうか。
    現在、「たんい」に取り組んでいる最中ですが、このシリーズはどうも娘と相性がいいみたいようなので躓きそうな単元に限り購入予定かな。

    あと、教科書対策については教科書ぴったりテストの国語のみ購入予定です。

    ・・・話が変わって恐縮ですが

    打たれる様が奨学社のハイレベ100最レベを推奨されてました。
    最レベの中身は近所の本屋さんでチェックしましたが、よく作られた問題集だと思いますし偏差値60後半から70台の難関校を目指すご家庭や入塾テストで上位スコアをはじき出したいご家庭であれば是非、購入すべきドリルだと思います。
    当初は娘には不向きかも知れないと思っていましたが、何度か最レベをチェックしていくうちに、ぜひ娘にもチャレンジさせたいと思いました。
    この最レベって塾の模擬試験対策になるんじゃないかと密かに目論んでおります。

    蛇足ですが、打たれる様サブカル母様と同じくらい大ファンなブロガーさんなもんでつい。

    以上、お後がよろしいようで。

    0

    bookmark_border算数検定を受検したという話

    娘の通う学校では検定試験が盛んで、ほぼ全員が何らかの検定試験を受検しているほど。
    娘も年明け早々に漢検10級を受検し、お陰様で満点合格を果たすことができました。
    漢検が終了してしばらく経過した今年4月・・・かねてより準備していた算数検定を受検しました・・・って、準備らしい準備と言えば、あらかじめコピーしておいた過去問6回分を3周くらいかな。
    本来なら一年生のうちに受検させてあげたかったのですが、漢検と日程が重なってしまったため、二年生に進級してからの受検となりました。
    11級の内容はほとんど一年生の初歩的な算数のおさらいといったカンジですので、いい復習になると思いました。

    ・・・で、検定試験当日

    漢検の時と同じく試験会場に入ってから僅か30分としないうちに出てきた娘。
    これまた漢検の時と同じく楽しそうな顔で出てきました。
    娘によると過去問で解いた内容に似たような問題が多数出題されたそうですが、それにしても早すぎやしないかい?

    検定試験終了から約3週間が経過した本日は合格発表の日でしたが、結果は無事合格!!
    やったー!おめでとー!
    後日、結果が郵送されるとのことですが、娘は自分の採点結果を早く見たいそうです。
    早くも10級受検にやる気満々の我が娘ですが、まずは今秋受検予定の漢検9級が終わってからということで。
    早くて年内、遅くとも年明けに受検予定です。
    ちなみにこの算数検定、6級以上取得できれば中学受験の際に加点対象になったり、自己推薦の際の基準になるとか!?
    ただし学校によって基準が異なるので詳しくはこちらをご覧下さい。
    中学受験のために取得するもよし
    復習のためにチャレンジするもよし
    算数に自信を持たせるきっかけ作りにするもよし
    算数の躓き対策で活用するもよし
    漢検同様受検して損はないと思います。
    どうですか!?

    こちらのテキストを活用しました。
    次の受検もこちらのテキストを活用する予定です。

    実用数学技能検定過去問題集 算数検定10級

    新品価格
    ¥864から
    (2018/5/7 10:26時点)

    親子ではじめよう 算数検定10級

    新品価格
    ¥972から
    (2018/5/7 10:27時点)

    【参考リンク】
    オフィシャルサイト

    0

    bookmark_border家庭学習のお供

    以前書いたこちらのエントリーの続きということで。

    進級に向けての先取り学習

    二年生に進級してまだ一か月も経っていませんが、それでも予習復習は毎日欠かさずしている・・・つもりです。
    塾の先生からワークをたくさん買い与えないようにとアドバイスされたこともあり、必要最小限のワークやドリルを揃えるようにしています。
    一年生の頃は、苦手を克服することにとらわれては単元別のドリルをやたらと買い揃えてましたが、今にして思えばそこまでしなくてもよかったのかもね。

    ・・・で、ワークやドリルを最小限に抑えるようになった今、こちらのワークを予習のメインにしています。

    2年生の学習 国語・算数・理科・社会 (学研おうちゼミ)

    新品価格
    ¥3,240から
    (2018/4/27 09:07時点)


    アプリの動画を見ながらワークに直接書きこんで学習できるスグレモノ。
    アプリの動画を見ることでイメージもしやすいし、確実に理解するには書くことが一番!という考え方なので、このワークは私にとっても娘にとっても理想的です。
    学習進捗に応じてアプリの中で動物キャラのお世話ができるというポストペットを彷彿させる要素も含まれているなど予習がしんどいものにならない工夫がされています。
    このワーク、娘の性に合っているのか今では自分から積極的に学習にとりかかるようになりました。
    筆算の繰り上がりと繰り上がりをカンゼンカンペキ(←「スナックワールド」が好きなもんでw)に近い勢いで理解できたのもこのワークのお陰。
    4科目分が一冊にまとまっている上に、動画つきアプリや陰山先生のアドバイスDVDがついているのに3,000円(外税)だなんてお買い得だわ。
    教科書ワークと併用しながら活用できるので、教科書の取りこぼし対策にもなると思います。
    でもって一学期が中盤から後半にさしかかったあたりから、これを使っておさらいする段取りです。

    小学2年算数チャレンジテスト

    新品価格
    ¥1,026から
    (2018/4/27 09:13時点)

    小学2年国語チャレンジテスト

    新品価格
    ¥1,026から
    (2018/4/27 09:14時点)

    ハイレベル版は二学期の中盤から後半にさしかかったあたりかな。

    そうそう・・・
    二年生になると、単位の問題が少しずつでてきますよね。
    塾の先生によると、この単位の問題で算数に躓く子が出始めるそうです。
    そこで、単位対策としてこちらのドリルを用意しました。

    陰山メソッド徹底反復たんいプリント―小学校1~6年 (ニガテ克服シリーズ 5)

    新品価格
    ¥540から
    (2018/4/27 09:18時点)


    陰山信者なもんでw
    6年生まで使えるのにこのお値段は安すぎる(!)
    単位対策ドリルはこれ一冊で十分かも知れません。

    0