bookmark_border基礎学力づくりならポピーが一番

0

このブログで再三に渡って推しまくっている全家研ポピー、二学期も絶賛フル活用中です。
特に我が家では基礎を最重要視しているので、ポピーと「おうちゼミ」は必要不可欠な教材であり、基礎学力を最重要視することで中受を乗り越えられると確信しています。
以前もこのブログに書いたことがありましたが、全家研ポピーを使っている私立っ子は意外に多いそうで、特に授業対策に役立っているという話です。
私立中によっては学校の通知表を推薦の対象にしていることがありますので、学校の授業は決しておろそかにすることができません。
その授業の対策に最も役立つのがポピーだと思ってます。

はっきり言って全家研ポピーはZ会のような中受対策のための教材ではありませんし、全家研ポピーだけでは中受に太刀打ちできません。
しかし、中受を乗り越えるための基礎を作ることならできると思います。
また、ポピーには2~3問程度ですが、思考力の基盤となる問題が必ず含まれていますのできっと中受対策の最初の一歩になるんじゃないかな。
ちなみに娘は小町算を面白がって解いてました。
年に二度、算数・数学思考力検定に基づいて作られた「算数マスターズ」がついてくるのでトレーニングに最適ですし、難しかったら後回しにすればOK!
学年が終わるまでに解き終わればいんです。

娘は現在小3ですが、小3~小4って学力が分かれるある意味恐ろしい学年でもあります。
特に小4で取りこぼすと進級後に取り戻すことが困難と聞きますので尚更のこと。
やっぱり毎日コツコツ基礎を積み重ねることは大切です☆

【参考リンク】

  • 小学ポピーの朝学習で自主的に机に向かう習慣がついている3年生女子の口コミ
  • 中学受験対策には学習教材ポピーが最適!
  • 3年生の学習 国語・算数・理科・社会 (学研おうちゼミ)

    新品価格
    ¥3,740から
    (2019/11/3 16:05時点)



    関係ありませんが、娘にねだられて買った本です。
    近所の本屋さんで買いましたが、売り切れ寸前でした(!)

    【DVD付】外来生物 (学研の図鑑LIVE eco) 3歳~小学生向け 図鑑

    新品価格
    ¥2,200から
    (2019/11/4 08:00時点)

    bookmark_border小学校のテストは100点が当たり前・・・のカラクリ。

    0

    巷ではよく「小学校のテストは100点が当たり前」という話を耳にしますが、小学校のテストは本当に100点が当たり前なのでしょうか?

    率直に申し上げると半分イエスで半分ノーだと私は思います。

    では、半分イエスの場合。
    私国公立にかかわらず、今では小学校の大半がいわゆる業者テストを使ってます。
    主に採用されている出版社としては

    スヌーピーの表紙でおなじみの「教育同人社
    当ブログ一推し・全家研ポピーを制作している「新学社
    学校教材の最古参「文渓堂
    学校教材の大手「光文書院

    あたりでしょうか。
    一例として、光文書院のテスト販売一覧をご覧ください。
    個人的にリサーチしたところ、次のように区分けされていることがわかりました。
    A→基礎のみ
    P→基礎+プレテスト(多分、小テストっぽいものかな)付
    A+V→基礎+活用力(応用力や思考力)
    A+V+P→基礎+活用力+プレテスト付
    C→上記サイトによると「配当時間が少ない単元を合併した,枚数が少ないテスト」と書かれてましたが、比較的易しめのテストでは?とも取れますが、詳細は不明。
    ご存知の方は、コメント欄やメールフォームなどからお教えいただけると嬉しいです。

    「小学校のテストは100点が当たり前」と主張される方は、恐らくAかPのテストを指しているのではなかと思います。
    もしもそうだとしたら、その主張はあながち間違いではないでしょう。
    点数が低いほど基礎を取りこぼしているということになるでしょうから、100点ではなかったとしてもせめて90~80点台は取りたいですよね。
    だから「小学校のテストは100点が当たり前」と主張されている方は、基礎ができて当たり前と主張していることになるのかな。

    では、これがもしもA+Vを採用しているとしたら?・・・と言ったところで、ここからは半分ノーの場合になります。

    塾の先生によると基礎はしっかりできているけど応用に弱いというお子さんは少なくないそうです。
    基礎がしっかりできているので、応用の考え方に不慣れなだけで、場数を踏むしかないのでしょうね。きっと。
    中には理解がゆっくりなために応用が苦手というお子さんもおられるでしょう。
    こうしたお子さんには段階を踏んだスモールステップがいいそうです(塾の先生談)。
    A+Vの場合、学年があがる毎に100点連発が難しくなると思いますので、「小学校のテストは100点が当たり前」という主張は「それは違うぞ!」ということになるでしょう。
    恐らく・・・ですが、私国立ではA+Vまたは文渓堂のTを採用してるんじゃないかな。

    では、最後にこのエントリーの結論☆

    1. 採用しているテストのランクによって「小学校のテストは100点が当たり前」という主張は左右される
    2. 業者テストと一口に言ってもレベル分けされているよ
    3. 業者テストっていろいろ種類があるんだね

    以上、お後がよろしいようで♪

    【参考リンク】

  • 【親なら気になる】いつまで簡単?算数のテストで100点取れなくなる分岐点
  • 【噂の真相】公立の小学校のテストは100点が当然?
  • 小学時代の基礎学力の重要性
  • bookmark_border「クレヨンしんちゃん」を視聴禁止にしている家庭について気付いた点を書いてみる。

    0

    いつも当ブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
    twitterに入り浸っているうちにすっかり更新が滞ってしまい面目ありません。
    一ヶ月ぶりのエントリーとなりましたが、どうかお付き合いいただけると幸いです。
    決して放置していたわけではありません・・・と言い訳。(←見苦しい)

    さて・・・

    これから書くお話は、あくまで私の周辺を考察しただけに過ぎず、決して一般論ではないとだけ申し上げます。

    娘が通っていた幼稚園には一定数、「クレヨンしんちゃん」の視聴を禁止している家庭がありました。
    理由は「お尻を出して下品」だの「親を呼び捨てにしているから」だのとのことですが、親を呼び捨て云々は一体いつの話だよ・・・。
    要するに下品ネタ満載で子どもが真似すると困るからだと言いたいみたいです。
    中には堂々と『「クレヨンしんちゃん」が始まったらうちではすぐにテレビを消すの』と得意気にうそぶく母親もいましたが、その母親の関連エントリーはこちら
    『「クレヨンしんちゃん」が始まったらうちではすぐにテレビを消すの』と得意気にうそぶいてコネ合格じゃ世話ねぇやw

    で、「クレヨンしんちゃん」を視聴禁止にしていることを得意気に自慢する母親たちですが、その子どもがことごとく賢くないのは何故でしょうね。
    「クレヨンしんちゃん」を視聴禁止にしている家庭の子ってどの子も利発さや行動力がまるで感じられないのです。
    それは幼稚園の参観や行事などでも随所にあらわれてました。

    ぼ~っと上の空の子
    何かにつけて反応が鈍くてどんくさい子
    できないことがあるといつまでもメソメソ泣き続けて最後まで達成できない子
    ・・・そして、自分の判断で行動ができない子

    はい、かなりどぎつい事を書きました。
    どぎついですが、私の周辺にいる「クレヨンしんちゃん」を視聴禁止にしている家庭の子はほぼ100%こんな子ばかりでした。
    少なくとも地頭のいい子や頭の回転が速い子なんてひとりもいませんでしたし、早い話が思考力が育っていないということです。
    もっとどぎついことを言わせてもらうと、「クレヨンしんちゃん」を視聴禁止にしている家庭の子ほど学力面で躓きやすい傾向がありました。

    では、ここからが本題。

    「クレヨンしんちゃん」を視聴禁止にすることと思考力が育たないことの因果関係についてです。

    「クレヨンしんちゃん」はハッキリ言ってお下品です。
    しかし、テレビと現実の区別をつけさせることは躾のひとつであり、言わば保護者の役目ではないでしょうか?
    相手は子どもですので、一度で理解できないでしょうから何度でも繰り返し教え続けるしかありません。
    安易に「クレヨンしんちゃん」を視聴禁止にすることは言うなれば躾を怠けているのと同じことであり、それこそ「臭いものには蓋」というもの。
    視聴禁止にしたら賢い子に育つと考えているのならそれは短絡的だわね。
    テレビの世界と現実の区別がついている子こそが本当の意味での賢い子だと思うけどね。
    あと、「オケツぶりぶり~」だけど、あれにしたって「そんなことをしている子を見たことがある?」と問いかけてみるといいよ。
    恐らく「ない」と答えるでしょう。
    そこから話を切り出すの。
    「そうだよね。そんな子いないよね?」
    「それに野原しんのすけは本当にはいないんだよ。あれはテレビの中だけのお話なんだよ」
    日ごろから絵本の読み聞かせをしていれば自ずと空想と現実の区別がつくでしょうし、何よりもテレビと現実の区別をつけることで考える力が育つと思ってます。
    そして物事の分別をキチンと身につけるためにも空想と現実を区別する躾は必要なのです。

    これ、実は小学校受験にもおおいに関係があります。

    一例をご紹介すると、面接官が「大きくなったら何になりたいですか?」という質問に対し、「ライダー」や「プリキュア」と答えたために不合格になった実例があります。
    何故だかおわかりですか?
    テレビと現実の区別がついていない・・・いわば家庭の躾が怠慢だと判断されるからです。
    テレビと現実の区別がついていない子は、発想力や想像力が乏しいと見なされる可能性があります。
    ついでに言うと少年犯罪を引き起こす少年少女の多くは空想と現実の区別がついていないことが判明しています。

    そして、テレビと現実の区別がついていない子が不合格になる最大の理由・・・

    年齢相応の躾が身についていないと判断される恐れがあるからです。
    一般的にテレビと現実の区別がつくのは6歳ごろと言われていますが、区別がついていないようでは年齢相応の躾が身についていないと見なされても仕方ないでしょう。
    年齢相応の躾が身についていない子ほど不合格になりやすいのが小学校受験だからね。

    前述で、発想力や想像力が乏しいと書きましたが、「真似するから」という理由で「クレヨンしんちゃん」を視聴禁止にすることは想像力を育むチャンスを保護者自ら奪っているも同然です。
    真似することがよくないことをキチンと説明すれば子どもはちゃんと理解できるはずですし、真似してもいいこととダメなことを区別する力を身につけることで物事の区別がつく賢い子になれます。
    物事の区別がつく・・・即ち想像力を豊かにすることにもつながります。
    そうした説明をせず頭ごなしに視聴禁止にしているようでは、躾をおろそかにしていると思われても仕方がありませんし、それ以上に想像力を育てるチャンスを保護者自ら奪っていることになるのです。
    これでは賢い子になれるわけがありませんよね。
    小学校受験ついでにもうひとつ。
    娘が通っていた幼児教室には娘も含め「クレヨンしんちゃん」が大好きな子が多かったですが、全員合格してますよ。
    ついでに言うと、我が家では原則視聴禁止の番組はありませんが、観る番組はよく話し合ってから決める方針です。
    ただ、娘の場合は「プリキュア」も「アイカツ」も「プリパラ」もまるで興味なしでしたので、番組選びは比較的ラクでした。
    「クレヨンしんちゃん」に至っては我が家では推奨番組ですし、映画は毎年恒例。
    ちなみに今は「イナズマイレブン」と「シンカリオン」に夢中です。

    最後になりますが・・・

    「クレヨンしんちゃん」にしても他の番組にしても安易に視聴禁止にする前に、テレビと現実の区別をつける躾を真剣に考えてみてはいかがでしょう。
    お子さんを賢い子にしたいのならね。
    以前、「アンパンチは暴力だ」という意見があったそうですが、その母親の子どもは確実に頭の悪い子に育つでしょうね。
    だって母親が「臭いものには蓋」思考じゃ賢い子に育てるなんてム~リ~

    ついでに・・・

    以前、デーモン閣下がテレビでこんなことを仰ってました。

    「自分が子どもの頃は親と一緒に『11PM』を観て楽しんでいた」
    「『11PM』が始まると親が寝ている自分を起こしに来る」

    デーモン閣下の頭の良さの秘密がわかったような気がしました。

    【参考リンク】

  • テレビと現実の違いを判断できる子に必要なこと
  • 架空の幼稚園に通い現実との区別がつかない子ども
  • 「我が子には“クレヨンしんちゃん”見せてません」って自慢できることなのか?→賛否両論が集まり話題に
  • bookmark_border小3一学期の結果発表~っ☆

    0

    http://blog.yodoya.net/aki_yodoya/2019/02/10/%e7%a7%81%e7%9a%84%e9%80%9a%e4%bf%a1%e6%95%99%e8%82%b2%e8%80%83/
    以前、上記のエントリーにて『全家研ポピーについての成果報告は一学期末までお待ちください』と書きました。
    で、予告したとおり結果発表したいと思います☆
    って誰も待ってないって?こら失礼w

    まず、結論から申し上げますと・・・

    全家研ポピーはこれからも続けます。

    ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、全家研ポピーはZ会と違って中学受験対策のための教材ではありませんし、進研ゼミやスマイルゼミにようなタブレット学習でもありません。
    昔ながらの紙ベースオンリーの教材です。

    また、先取り学習を期待されているご家庭にとっては不向きな教材ですし、洛南のような難関校に通うお子さんにも不向きな教材です。
    学校の授業進度や学校で使っている教科書を中心とした教材です。

    中学受験ももちろん大切ですが、我が家ではそれ以前に基礎学力と学校の授業を最重要視しているので、どうしても全家研ポピーが必要でした。
    個別塾で中学受験に照準をあてた授業を受ける一方でポピーの教材を繰り返し解き、解説文を繰り返し音読することで力をつけることを目指したその結果・・・

    算数と理科が学年の中で比較的上位という成果をあげることができました~☆
    ワ~☆パチパチ!

    ですが、国語と社会が今一歩のところで力及ばず・・・orz
    先生によると国語も社会も基礎は概ね理解できているけど、応用面とアウトプット面が今ひとつ弱いとのことでした。

    国語にかんしては読解力が弱い点や理解違いが多かったこと
    先生からは「読解力がまるでないわけではない」と再三、強調されました。
    社会にかんしては基礎は概ねできてはいるけど、それらを組み合わせた応用の点が弱かったこと

    これまでの取り組みを引き続き行ってくださいとのことでした。

    以前、読解力についてこのブログに書いたことがありましたが、読解力トレーニングはまだまだ続きます。
    三年生になると算数と理科で躓くお子さんが少なからずいらっしゃるそうです。
    にもかかわらず娘が成果を挙げることができたのは、コツコツと地道にポピーに取り組み、振り返りや復習に活用できていたからだと思いましたので、これからもポピーを使った基礎強化を続けようと決めました。

    基礎学力の強化は是非ポピーをご活用ください!

    bookmark_border読解力を鍛えよう

    0

    久方ぶりのブログでスンマセン(;´Д`)
    断じて放置しているわけではありませんので許してね☆テヘペロ(←反省の色なし)

    久方ぶりのブログはお受験に無関係なネタとなりますが、どうか最後までお付き合いいただけると嬉しいです。

    突然ではありますが、・・・

    AIが人間から仕事を奪うと言われるようになって久しいですが、AIから仕事を奪われないためにはAIにはできないことをするしかないと言われています。
    それが、「思考力」であったり「読解力」だったりするわけですが、特に「読解力」は侮れません。

    読解力はないけど賢い人ってお目にかかったことあります?
    読解力はないけど頭がキレる人っていましたっけ?
    読解力はないけど状況判断に長けている人なんていませんよね?

    もっとも読解力のない人でソシャゲやネトゲに廃人レベルになるまでハマっている人はいるでしょうけど。

    そもそも読解力って何?

    読んで字の如く。書いて字の如く。
    読み解く力のことね・・・ってそのまんまだし。
    この文章から何を伝えようとしているのか?どんな意図があるのか?などを見抜く力のことなんじゃないかな。
    それを鍛える方法はただひとつ、本を読むことしかありません。

    ところで、志望校の赤本をご覧になられたことがありますか?
    特に国語なんてめちゃくちゃ長文ですよね。
    「うちの子にこんな長文が解けるのか」と不安になる方もいらっしゃるかと思います。
    こうして入試でも試されるほど読解力は重要視されているということだと思いました。
    我が娘も文章問題が決して得意とは言いがたく、テストや塾では何かと難航していました。
    また、自分からなかなか本を読もうとしないので当初は「あんなに読み聞かせをしたのに何故!?どうして!?」って悩みましたが、もしかすると、まだ読解力が成長と発達に追いついていないのかも知れない・・・そう考えた時からできる範囲でトレーニングを始めました。
    塾の先生や担任の先生からいろいろと助言していただいた内容でトレーニングを始め現在に至ります。
    トレーニング内容は次のとおりです。

    1. 読解力特訓ドリルを一日一ページ
    2. 音読。
      問題文は必ず音読する習慣作りから始めました。
      この他にも定期的にポピーの「心の文庫」を使った音読トレーニングを続けています。
    3. 読み聞かせの再開。
      小学校に進学したのを境にぱったり読み聞かせをやめてしまいましたが、この度より読み聞かせを再開することにしました。

    その結果、徐々に読解力が身につくようになりましたのでひとまず成功と言えるかな。
    前述で「自分からなかなか本を読まない」と書きましたが、まるで読めないわけではなく現にイナズマイレブンのノベライズ版はめちゃくちゃ真剣に読んでますからね。
    積極的に読みたがらないことを今でも悩んでますが、いずれ時期がくるだろうと思うようにしてます。
    てなわけで、このトレーニングはこれからも続けます。

    最後に・・・

    ネットでは特に顕著ですけど、誰かを安全圏から批判する人ってどうしてこんなに読解力がないのかな?っていつも思うんですよ。
    どうして最後まで読まずに得意げになって批判するのかなってね。
    斜め読みして理解した気になっているのかな?
    これまで目にした批判の大半が読解力のなさを露呈しているものばかりだったので尚更です。
    他人をあれこれ批判する前にとりあえず本でも読もうぜ!
    ついでに言うと、このブログのコメントについても最後まで目を通してくださった上で批判される方には必ずコメントをお返ししますし、むしろ大歓迎です。
    逆にさわりだけ読んで批判する人は華麗にスルーしますのでよしなに☆

    では今日はこの辺で~☆

    【参考リンク】

  • AIにはない “文章読解力” というチカラ。正しく身につける3つの方法
  • AI(人工知能)に奪われない仕事やスキルを理解し、将来の職を考えよう
  • AIの発達=【読解力が必須】の理由を知らないとヤバい!!
  • 低下する子どもの読解力「読書よりも親子の時間を」
  • 娘の読解力トレーニングはこのドリルが欠かせません。

    小3/特訓ドリル 読解力: ワンランク上の学力をつける!

    新品価格
    ¥778から
    (2019/6/28 09:27時点)

    娘がメチャクチャ真剣に読んでいたのがコレ

    小説 イナズマイレブン アレスの天秤 (1) (小学館ジュニア文庫)

    新品価格
    ¥756から
    (2019/6/28 09:29時点)

    これを繰り返し読み聞かせする予定です。

    かわいそうなぞう (おはなしノンフィクション絵本)

    新品価格
    ¥1,188から
    (2019/6/28 09:31時点)

    ちいちゃんのかげおくり (あかね創作えほん 11)

    新品価格
    ¥1,404から
    (2019/6/28 09:31時点)

    アニメ版 ガラスのうさぎ

    新品価格
    ¥1,296から
    (2019/6/28 09:32時点)

    関係ありませんが、私が初めて最後まで読んだ活字がこれでした。
    今でも大切にしている本です。

    新選組銘々伝 (徳間文庫)

    中古価格
    ¥1から
    (2019/6/28 09:46時点)

    bookmark_border続・私的通信教育考

    0

    このエントリーの続きということで。

    私的通信教育考

    娘が全家研ポピーを初めて一ヶ月経過しましたが、現時点の進捗は概ね良好です。
    授業の進度を考慮しながら取り組むようにしているので、教材を溜め込むようなことはありません。
    例えばポピー4月号。
    この教材は3月上旬に届きましたが、授業の進度に合わせて取り組みたかったのですぐには取り掛かりませんでしたが、漢字や四則計算などは早々と終わらせていました。
    新学期が始まると同時に教材に着手し、当初の予定どおり4月の終わりごろと同時期に終わらせることができたのです。
    5月号が既に手元に届いていますが、算数のみが間もなく終了します。他の科目はまだ手をつけていないのでそろそろかな。
    上記エントリーにも書いたと思いますが、一学期の成績表でポピー継続の可否を決めようと思ってます・・・が、大丈夫だと確信しております。

    ところで・・・

    よく通信教育を溜め込んでストレスになっているという話を聞きます。

    何故、教材が溜まるのか!?

    保護者が授業の進度を把握していたり教材を管理していれば溜め込むようなことはないと思ってますし、何よりもお子さんに学習習慣が身についていることも教材を溜め込まない条件ではないでしょうか。
    小学生がひとりで学習管理することなど困難ですし、保護者の学習サポートは必要不可欠だと思ってますので尚更です。
    なので、教材を溜め込むのは子どもの責任ではないと言いたいです。

    ついでに言うと、よくこんな口コミを耳にしたことがありました。
    「進研ゼミの問題は学校のテストと同じだ」と。
    この噂は概ね事実です。
    ただし、条件つきですが。
    進研ゼミを溜め込まずに毎日こつこつやる子は自然とテストの出題傾向が把握できるようになると思いますし、その結果として大概のテストでいい点がとれるってことじゃないかな?
    そういう子は進研ゼミであろうがZ会であろうが教材を溜め込まず効率よく学習するだろうと思うし、ポピー一択でもテストでいい点がとれると思うよ。
    以上のような条件に当てはまっていれば、進研ゼミの噂は事実と言えるでしょう。

    最後に・・・

    通信教育は親のサポートが必要不可欠。
    これに尽きます。

    【参考リンク】

    1. お子さんが進研ゼミをやってる方
    2. 小4の子がちゃれんじをやりきれない
    3. 塾ナビでのポピーの口コミ



    bookmark_border習い事についての考え方

    0

    元ネタはまたしてもこちらです。
    打たれる様、スミマセン!!

    我が子の自慢し過ぎは良くありませんよ…さんへ

    これから書く内容は「あくまで」私個人の考え方であり、一般論ではないことを先にお伝えしたいと思います。

    さて・・・

    いろいろと習い事を検討されている方や習い事の始め時or辞め時にお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
    母としては辞めさせたいと思っている習い事でも、子どもにしてみれば「絶対にやめたくない」と反発。
    何とも頭の痛い問題ですよね・・・。
    前述のブログにも同じことが書かれていますが、いくら子どもが「辞めたくない」「続けたい」と意固地になったところで碌に自主トレやおさらいをしない上にあまつさえ成果が出ないことには月謝がもったいないんじゃないのかなって思うんですよ。
    練習はしないわ一向に成果があがらないわ。ただ単に楽しいから続けたい・・・ってもはや習い事とは言えないんじゃないの?という気持ちが抑えられません。
    わざわざ月謝を払って習う意味ってあるのかな?ってね。
    月謝を払うからには何らかの成果がでないと困るし、たとえ下手だったとしても自宅で自主トレをするなど努力をしていればそれは立派な成果です。
    やっぱり習い事をするからには何らかの成果がないと続ける意味ってなくね?というのが私の考え方です。

    少し話が変わりますが・・・

    我が娘は小3に進級したのを境に2年続けていたバレエを辞めました。
    実を言うと、それ以前に幼稚園年中から幼稚園年長まで他のところでバレエを習っていたことがありましたが、それはまた別の機会に。
    理由は、諸般の事情によりインター系学童に通わなければならなくなったから。
    娘や夫といろいろ話し合いをした上で決めたことでした。
    娘はもっとバレエを続けたかったと思いますが、「インター系学童が4年生で退所しなければならないこと」「5年生からまたバレエができること」を伝えたところ納得してくれたようでした。
    ただし、バレエを再開したければ毎日5分間のストレッチをするように話しましたが、見事にサボってます(苦笑
    はっきり言って娘にバレエの素質があるとは思えませんし、ズバ抜けて上手なわけではありません。それに娘がコンテンポラリーを踊る姿は想像できません。
    それでもいくつかの成果を得ることができました。

    発表会を3度も経験したこと。うち一回は妖精の役で舞台に立たせてもらえたこと。
    以前のバレエ教室では全くできなかったY字バランスや開脚前屈ができるようになったこと。
    普段から立ち方を意識するようになったこと。

    特に妖精の役が決まった時は毎日、自主トレをしていましたが、舞台が終わるとまたダラケ出しましたがw
    教室までご挨拶に伺った際に5年生に進級したら戻ってくることを約束し、2年間続けていたバレエは一旦終了となりました。

    そして今・・・

    週に一度の個別指導と、これまた週に一度のインター系学童に通いながらJET&英検取得を目指しています。

    ちなみに習い事を増やす気は全くございません。

    話を戻してと・・・

    成果が得られない習い事など習い事ではないと前述で申し上げました。
    ついでに言うと、家庭で取り組めることをわざわざ月謝を払って習いに行くなどナンセンスだとも思っています。
    例えば科学実験教室。
    気を悪くされた方はごめんなさいね。
    科学実験教室って本当に習う必要ある?
    それ、本当に必要?
    大きなお世話だといわれればそうなんですけど、科学ってわざわざ月謝を払って習うものなのかな?という疑問が以前からありました。
    科学実験教室に行ってどんな成果が得られるの?
    理科的な好奇心って家庭ではぐくまれるものじゃないの?
    道端の草に興味を引かれるだけでも十分理科的好奇心が育っていると思うし、動物園に行ってワクワクすることも然り。
    西村則康先生も仰ってましたが、家事のお手伝いこそ究極の科学実験だそうですよ!
    書店に行けば科学実験キットが2000円以下で売られてますし、顕微鏡なんてきょうび2000円台で買えます。
    万博公園でとことん遊びつくことだってできるし、科学博物館で科学を楽しむことだってできます。
    こうしてわざわざ科学実験教室に行かなくても科学に触れることなんていくらでもできちゃいますよ。
    言っちゃ悪いけどさ、科学実験教室に通うってことは、子どもが本来体験すべき機会を丸投げしてることなんじゃないのかなって気がするのよ。
    ただし、もともと理科的体験を十分していて尚且つ科学に貪欲になったお子さんや、お子さん自ら習いたがっているようであれば科学実験教室はアリだと思います。
    だけど、大抵は親が強制してたりしてね。

    そうそう・・・

    このブログをご覧の皆様は「youtuberアカデミー」なるものをご存知でしょうか?
    学生ベンチャーらしく、子どもたちに動画作成を通じて自己表現力を養いながらyoutuberへの夢を満たすことが目的なんだそうです。

    ハッキリと申し上げましょう。

    これを習わせる親はいろいろとどうかしてるぜと。

    「youtuberアカデミー」の存在を初めて知ったときの私の反応は( ゜Д゜)ポカーンでした。
    確かに子どもたちの将来の職業にyoutuberがランクインしていますが、そんなところに通ってyoutuberになったつもりになって完結ってこと?
    夢を見させるだけの習い事なんてさ、それ何て情弱ビジネス?
    それと、売れてるyoutuberの皆さんをよ~くご覧ください。何故売れてると思いますか?
    動画編集スキルが高いから?
    それも一理ありますが、一番の理由は発信スキルが高い&頭の回転が速い。これに尽きます。
    hikakinさんやはじめしゃちょーさんをご覧いただくとおわかりいただけるかと思いますが、頭の回転がものすごく速いですよね?
    それ以上に彼らには独自の「売り」があります。これが大きい。
    発信スキルや頭の回転の速さは習い事ごときでは身につきませんよ~。
    子どもたちに夢を与えてると言えば聞こえはいいですが、夢見心地にさせるだけの習い事なんてさ子どもに現実逃避を教えてどうすんの?ってカンジ。
    確固たる目標がないことには夢は所詮夢でしかないよ~。
    この「youtuberアカデミー」、講師陣を見ると有名youtuberが誰一人としていないんですよね。
    youtuberでもなんでもないズブの素人たちが指導しているだけなのよ。なかなかアコギですな。
    これを習わせてるようでは、自称・お受験カウンセラーに大金をつぎ込む親と同レベルってもんで、こんな親が子どもの教育をダシにした詐欺にひっかかるんだろうね。きっと。

    最後に・・・

    成果の出ない習い事をいつまでも続けることって、そのうち教育費が圧迫する遠因になったりしてね。

    あと、こちらの動画を是非ご覧ください。
    「youtuberアカデミー」についてシバターさんが一刀両断されていらっしゃいます。
    またシバターさんご自身の習い事論もお話されてますので一見の価値あり!

    今年の夏休みに買おうとしている顕微鏡。
    先日、某科学館に行った際に大型顕微鏡に夢中になっていたので丁度いいかなと。

    【 Alnair 】 顕微鏡 小学生 標本 顕微鏡マイクロスコープ スタンド 100倍 400倍 1200倍 コンパクト生物顕微鏡 はじめての顕微鏡セット 小型顕微鏡 マイクロスコープ 子供 クリスマス 誕生日プレゼント 進学祝い 入学祝い 自由研究

    新品価格
    ¥1,980から
    (2019/5/5 08:28時点)

    触れる図鑑 一瞬で氷る水 科学実験 実験 科学 工作 手芸 夏休み 自由研究 工作

    新品価格
    ¥864から
    (2019/5/5 08:30時点)

    Sendida 電気回路実験キット 直列回路 並列回路 電気 電力 知育 学習玩具 おもちゃ 科学教育機器 学校 理科 科学 サイエンス実験 実験からわかる電気回路

    新品価格
    ¥1,049から
    (2019/5/5 08:31時点)

    bookmark_border九九なんてカンタンだ!?

    0

    こちらの記事を丸パクリしました。
    スミマセン。お許し下さい。

    学力格差は2年生で固定(仮)されます。

    間もなく二年生に進級する親御さんにとって算数に戦々恐々とされている方もいらっしゃるかと思います。
    二年生の算数は、学力格差の始まりといわれているらしく

    単位
    時間
    図形
    繰り上がり&繰り下がり
    分数
    そして九九

    これのどれかに躓くお子さんがいらっしゃると聞きます。
    二年生に躓いたとしても三年生でまだ挽回のチャンスがありますが、二年生での躓きが克服できないまま更に三年生でも躓いたらと思うと怖いものがありますよね。
    そうならないためにも日頃の予習復習って大事です!

    さて・・・
    話が変わりますが・・・
    春休みにポピーの学習相談サービスを利用させていただいたときことです。
    担当された先生は、関西の公立小で長年教鞭を取られたベテランで私立小の事情にも詳しい先生でした。
    驚くことに娘の学校のことまで詳しかったりします(!)。
    担当された先生から三年生の学習に向けていろいろなアドバイスをいただくことができましたが、特に様々な体験を積むことについて何度もお話されていらっしゃったのが印象に残りました。
    体験を積むことでイメージが掴みやすく、思考力を問う場面に遭遇しても体験を重ねていればそれほど困ることはないとお話されてました。
    例えば長さ。
    先生が教鞭を取られていた当時、算数のテストに『はがきの大きさを計る時にはどんな道具を使いますか?』という問題が出題されました。
    答えはもちろん「定規」
    しかし、「巻尺」と答えたお子さんがいらっしゃったそうです。
    先生が「巻尺」と答えた理由を尋ねたところ、当該のお子さんは「長さを計ることができれば何でも同じ」と考えていたそうで、更に聞き取りをしていくうちに実は定規を使って大きさを計ったことがないことが判明しました。
    「かさ」も然りで、500mlがどれくらいの量であるかをイメージできないお子さんが多く、やはり聞き取りをしていくうちにキッチンでお手伝いをしたことがないことが判明しています。
    逆にキッチンでよくお手伝いをよくしているお子さんほど「かさ」「重さ」が咄嗟にイメージできる上、思考力もあるとお話されてましたが、西村則康先生も著書「中学受験・やってはいけない小3までの親の習慣」の中でキッチンでのお手伝いを提唱しておられたのを思い出しました。
    思考力のみならず、これから先成長していく上で必ず体験したことは活きると先生はお話されてました。
    理科と社会の予習方法についてのアドバイスがほしくてサービスを利用させていただいたのですが、地図記号や植物の発芽と成長における名称は予習や反復学習で補えるけど、できるだけ体験を積むことを重要視してほしいとアドバイスして下さいました。
    一例として、スーパーで買い物中に店内で働いている人を見かけたらどんなお仕事をしているのかをお子さんに問いかけてみたり、近所を歩きながら地図を作ることなどを教えてくださり、思わずメモをとってしまったほどです。

    ここで先生のお話をまとめてみました。

    1. できるだけ多くの体験を積もう。
    2. できるだけたくさん出かけていろいろなことを発見しよう。
    3. 積極的に家事にチャレンジしてもらおう!
    4. 見聞きする前にまず体験から!

    ・・・と言ったところでようやくここからが本題。

    よく九九の早期マスターネタを耳にしたことはないでしょうか?
    特に公文や七田式に通っているお子さんほど早期マスターされたことと思います。
    確かにすごいと思いますし、きっと記憶力のいいお子さんだと思います。

    思うんですけど・・・

    水をさすようでごめんなさいね。

    お子さんは九九の答えをちゃんと理解していますか?
    例えば2×3=6
    2の固まりが3つあるから答えが6ですよね。
    2+2+2=6ってこと。
    それをきちんと理解できていますか?
    それができていれば九九の早期マスターもアリだと思いますが、できていなければ失礼ですがマスターしたとは言えないと思います。
    娘の通っていた幼稚園はお勉強系幼稚園だったこともあり、九九を早期マスターしたお子さんが多かったのですが、漠然と暗記しただけのお子さんが大半でした。
    でもって、そんな子の親に限って早期マスター自慢をしたがるんですよ。これが。
    早期マスターの弊害として、「自分は九九ができる」という自信がなまじ強いので基礎を理解したがらず3~4年生の算数で躓く傾向があるそうな。
    早期マスターを悪とは言わないけど、基礎はきちんと理解できたほうが絶対にいいと思いますよ。

    ちなみに我が娘は小2の夏休み前まで九九を全っっったく知りませんでした。
    だって九九なんてさせたことがないからね~♪
    夏休みに入ってからようやく九九学習を開始というスロースタートでした。
    流れとしてはこんなカンジです。

    九九アプリを使いながら百マスそろばんで基礎固め。
    これを約一週間くらい。

    九九アプリをゲーム感覚で遊び続けつつ、百マス計算を使って学習。
    あらかじめ用意した九九下敷きを見ながら書いてもOK。

    ある程度したら、今度は九九下敷きを見ないで百マス計算を使って学習。
    わからないところは空白のままでOK。
    答え合わせが終わったら間違えたところや空白の箇所を九九下敷きを見ながら埋める。
    以下、これの繰り返し。

    夏休み明けには九九はカンゼンカンペキ(←チャップ@スナックワールド)で、おかげさまで九九テストは学校・塾共に100点連発でした。
    二年生の夏休み半ばから九九の勉強を始めたのに、九九を早期マスターした子をあっという間に追い越しちゃいましたよ☆
    そして前述の2×3=6のように、答えの意味も自分で説明できます。

    結論:
    九九はスロースタートでも全くもって(←ツラヌキ@シンカリオン)問題なし!
    九九を早期マスターしたところで「何故この答えなのか?」を理解できなければマスターしたとは言えないよ。

    余談ですが、九九下敷きは使っても九九ポスターは一切使いませんでした。
    なのに九九ポスターが増えていく一方・・・もったいないけど全部処分しました。
    だって下敷きのほうがすぐに取り出せて手にとって確認できるからね~。

    以上、学習についてエラっそうに語ってみましたとさ☆

    【参考リンク】

    百だまそろばんはコレを使いました。
    公文式にはアンチテーゼを持ってますが、公文トイは絶賛しているというダブスタっぷりw

    くもんの玉そろばん120

    新品価格
    ¥2,231から
    (2019/4/14 09:28時点)

    計算のスピードが速くなる上に九九も鍛えられるというお買い得なドリルです。

    <教育技術MOOK>陰山メソッド 徹底反復「百ます計算」

    新品価格
    ¥540から
    (2019/4/14 09:29時点)

    九九下敷きならこれが一番シンプルで使いやすいです。

    [中学受験]やってはいけない小3までの親の習慣

    新品価格
    ¥1,628から
    (2020/5/1 10:44時点)

    bookmark_border進級にむけてのいろいろなお話

    0

    先日、無事に終業式を終え、今週から春休みに突入しました。
    私立小生活も今春で三年目となりますが、心配なことや不安なことも多いものの、何だかんだで上手くやっているようです。
    気になる成績表についてですが、算数は惜しくも3を逃したものの全教科のA項目が前回以上に増え概ね良好でした♪
    学校の先生や塾の先生によると「今の調子でがんばって下さいね」とのことでしたので、現在の学習スタイルをこれからも維持しようと思います。

    ところで・・・

    終業式にようやく算数検定の結果が返ってきましたが、おかげさまで無事合格できました!
    受検したのは10級と学年相応でしたが、算数のおさらいも兼ねてますのでこれでいいと思ってます。
    次なる目標は二学期中に漢検8級に合格することです!
    算数検定10級に無事合格したわが娘ですが、そのご褒美に「シンカリオン」のDVDをプレゼントすると約束していましたので、それはそれは喜んでいました。
    実は既に用意していたりしてw

    あと、「二年生の一年間、おつかれさまでした。」「三年生に進級してもがんばってね」という労いの意味をこめてこちらもプレゼントしたところメチャメチャ喜んでおりました。
    学校ではキャラ物の文房具は禁止されているので家庭用&塾用ということで。
    キャラ物はもう打ち止めにしたんじゃないのかって?
    文房具は大目に見て下さいよ~!

    話が変わって恐縮ですが・・・
    新学期に向けて道具類の補充をしたり新調する方もいらっしゃるかと思いますが、我が家も絵の具類や色鉛筆類を毎回補充してます。
    道具類を補充したり新調する度に名前を手書きするのって時間がかかりますし面倒ですよね~!
    新一年生のお母様は道具箱類全てに加えて算数セットにも名前を書かないといけないので特に大変だと思います。
    そんなお母様には是非こちらをお勧めします!

     

     

    「ねいみー」さえあれば、しんどい名前つけがあっという間に終わるというスグレモノ!
    名前入れが本当に快適なものになりますよ!
    私はひらがな版と漢字版を持っていますが、娘の通っていた幼稚園では漢字で名前を書かなきゃいけなかったので「ねいみー」のおかげで名前入れが楽でしたね~。
    今では道具類から靴類まで全部「ねいみー」を使って名前入れをしています。
    おひとついかがですか!?

    では、お後がよろしいようで☆

    bookmark_border勉強の丸投げは親の怠慢だよというお話。

    1+

    先日、塾の面談で先生が雑談がてらこんな話をしていました。

    最近、二人のお子さんが塾を辞められたそうです。
    二人のお子さんは姉弟で、上が小5のお姉ちゃん、下が娘と同じ小2の男児。
    ちなみに二人とも公立小。
    お姉ちゃんは週に三日、弟は週に二日通っていたそうですが、一向に成果が見られず成績は下がる一方。
    成果がでないことを理由に姉弟のママさんが辞めさせたそうです。

    大手進学塾直営の個別指導塾に週に二日も三日も通っているのに何故成果が出ない!?
    何故成績が下がる一方!?

    もちろんちゃんと原因がありました。

    この姉弟のママさん、個別に通えば成績が上がり勉強も遅れをとらないと思い込んでいたみたいで、フルタイム勤務を理由に家庭学習を一切怠っていたようです。
    塾の宿題は全然やってこないし家庭学習もほとんどやらない上にあまつさえ、保護者向けの授業レポートはいつも未読。
    そら成果が出るわきゃないわな。
    成果がでないのも成績が下がる一方なのも塾が悪いと思い込んで憚らないママさんは、最後まで自分に原因があることに気づくことはありませんでした。
    成果がでないのは塾のせいではなくフルタイム勤務を言い訳にして家庭での学習管理を疎かにしたママさんに原因があるのです。

    ところで・・・

    佐藤ママこと佐藤亮子さんの受け売りではありませんが、学習習慣を身につけることも日頃から学習管理するのも親の役目だと思っています。
    学年が上るほど親が勉強を教えられなくなりますが、学習管理や進捗管理だったらできるのではないでしょうか。

    テストの点数をExcelに記録するとか
    返却された答案用紙を見て躓きやすい傾向や苦手をチェックして次に向けて対策するとか
    プリント類を分類してファイリングするとか
    学校や塾の授業ではどの単元を習っているのかとか
    資質や理解度に合った教材を用意するとか

    ・・・これらが私が漠然と考えている家庭での学習管理です。
    もちろん間違っているものがあるかも知れませんし、学校や塾の授業の進捗次第で変更もありうるので管理方法は都度更新されるんじゃないかな・・・っていうか試行錯誤?
    学習管理も進捗管理も言わば我が子へのマネージメントじゃないかなって思うんです。
    だとしたら親のマネージメント力って大切なのかもね。たとえるならアイドルとマネージャーの関係みたいなカンジ?

    ここで前述のフルタイム勤務ママの話に戻りますが・・・

    全てのフルタイムワーカーがお子さんの学習管理をおろそかにしているとは思えません。
    娘の学校にも当時通っていた幼児教室にもフルタイムワーカーのお母様がいらっしゃいましたが、皆さん工夫されてましたよ。
    一番多かったのがおばあちゃんがマネージメントしているご家庭でしたが、ご夫婦で連携されてるご家庭もありましたし、中には元大手進学塾講師というキャリアを活かしたお母様もいらっしゃいました。
    それにひきかえ、ことあるごとに仕事を言い訳にするママさんって普段から言い訳がましいんだろうなってことが容易に想像できます。
    仕事にかまけてお子さんの学業を丸投げするなんて言語道断ってもんで、塾をサービス業と勘違いしている典型だわね。
    そういえば、教育を外部に丸投げしている家庭の子どもに賢い子がいないと思うのは気のせいかな?
    教育を外部に丸投げすることって言い換えると親子のコミュニケーションを外部に丸投げしてるのと同じことだかんね。

    最後に・・・

    お子さんがどこで躓いているのか?
    現時点での進捗はどうなっているのか?
    お子さんの得意と苦手は?

    これを把握しているだけでも全然違うと思います。

    以上、学習についてエラッそうに語ってみましたとさ。

    基礎を徹底的に強化するなら断然これ!
    動画アプリを見ながら学習できるのでイメージしやすいし、しっかり基礎が身につくこと間違いなし!

    3年生の学習 国語・算数・理科・社会 (学研おうちゼミ)

    新品価格
    ¥3,672から
    (2019/2/20 10:44時点)

    これさえあれば、そろばんを習う必要なし!
    時間を図ることが百マスの鉄則ね☆
    九九を確実にマスターするのにも百マスが大いに役立ちました。
    陰山信者なもんでつい(笑

    陰山英男の徹底反復「百ます計算2 2けたと1けた」 (教育技術MOOK 陰山メソッド)

    新品価格
    ¥540から
    (2019/2/20 10:45時点)




    前述にも名前が挙がった佐藤ママこと佐藤亮子さんの著書。
    この本をよくご覧いただくとお分かりいただけるかと思いますが、決して勉強一辺倒ではない教育をされていたことが伺えます。
    勉強も大切ですが、それ以上に大切なのは一緒にゲームをしたり童謡を歌ったり読み聞かせをするなどの親子のコミュニケーションであるとこの本には書かれていますが、全くもってそのとおりです!

    佐藤ママの子育てバイブル 三男一女東大理III合格! 学びの黄金ルール42

    新品価格
    ¥1,620から
    (2019/3/18 09:33時点)

    【参考リンク先】

  • まさか 子どもの勉強を塾に丸投げしてませんよね?
    群馬県の学習塾「サクセス」のブログです。
    塾はサービス業ではないということがよくわかる内容ですので是非ご覧ください。
  • 「灘→東大理Ⅲ」3兄弟の母が教える”必勝法”
    今回のエントリーで何度も名前が挙がった佐藤ママこと佐藤亮子さんのコラムです。
    学習管理やマネージメントの参考になりました。
  • 【ホラー】確実に勉強しない子を育てる親 5つの特徴
    家庭学習の習慣が身についていないとどんな恐ろしいことになるか・・・タイトルのとおりもはやホラーです。
  • 塾に通っているのにあなたのお子さんの成績がさっぱり伸びない理由
    塾に丸投げしてはいけないということをいち早く記事にされていらっしゃいます。
    こちらのブログの方がより細かに具体的に記事にされていらっしゃいますので、是非ご一読ください。
    ちなみに、今回のエントリーは断じてこのブログの模倣ではないということだけ念のために申し上げます。いや、ホントだって。