bookmark_border娘は「受験戦士」になるそうです

私の本棚をやたら物色したがる我が娘。
思えば赤ちゃんの頃から何故か本棚に興味があったようで、本のカバーを外してはポイッ・・・が楽しかったようです。
気が付けば床一面外されたカバーだらけという状態になり、またカバーをつけ直しては本棚に戻すという作業の連続でしたっけ。
5歳となった今は、さすがに本のカバーを外して遊ぶことはしませんが、やたらと物色したがるようになりました。
本や漫画を手に取ってパラパラとめくっては本棚に戻し・・・そりゃ5歳児にとってはつまんないものばかりだからね。
しかし、ある漫画だけは何故かいつまでも眺めつづけてるんですよね。
それがこれ

何故に「とどろけ!一番」・・・?

まぁ、確かにあなたはつい3ヶ月ほど前まではある意味「受験戦士」でしたけどね。
もちろん「答案二枚返し」はやってませんし、ましてや四菱ハイユニなんて持たせちゃいません。
っていうか、四菱ハイユニが本当にあったら欲しいかも。
何故かこの「とどろけ!一番」がお気に入りのようで、いつまでも眺めてます。

・・・で、「とどろけ!一番」って何?

ご存じない方はこちらをご覧ください。
「とどろけ!一番」とは、簡潔に申し上げると1970年代後半にコロコロコミックで連載されていた「中学受験格闘バトル」漫画で、作者は「つるピカはげ丸」で有名なのむらしんぼ先生。
ちなみにのむらしんぼ先生の近況及び最新作はこちらをご覧いただけると幸いです。

まだ卒園式も終わっていないのに何とも気の早い話ですが、娘が内部進学するのか、はたまた外部受験するのかは正直なところわかりません。
ただ、どちらの選択をしても困らないように3~4年生以降は塾or個別指導に通う予定になっていますが、一方で娘の可能性を試したい気持ちもあります。
内部進学するにせよ、外部受験するにせよ・・・いずれにせよ娘は「受験戦士」になることでしょう。
「とどろけ!一番」をよく眺めているのも実は受験戦士になるためのイメージトレーニングだったりしてw

最後に・・・

「とどろけ!一番」にご興味ある方はkindle版でご購入いただけます。

とどろけ!一番(1) (てんとう虫コミックス)

新品価格
¥462から
(2020/5/1 10:36時点)

[まとめ買い] とどろけ!一番(てんとう虫コミックス)

新品価格
¥3,234から
(2020/5/1 10:37時点)

参考リンク:
ウレぴあ総研
猫ギターの教育論

0

bookmark_border続・コピックでお絵かき

とまぁ、また懲りずにコピックで絵を描いてみました。

髪の毛と指を表現するのって難しいね。


こちらは食満留三郎・・・のつもり。
髪の毛は100番のコピックをカラーレスブレンダで薄めて灰色っぽくしました。
口元だけ石森章太郎風味なのはご愛敬。

コピックって色を混ぜていろんな色を表現したり、グラデーションを作ったりと奥が深いよね。
でも使ってて楽しい!
そうそう、楽しいのが一番。

0

bookmark_border娘は声優になるそうです

・・・というwebコミックがこちらで連載中。
気が付けば毎週の配信が密かな楽しみとなりました。
こんなに連載が楽しみな気持ちって、かつて「外道坊」の続きが待ち遠しくて漫画ゴラクの発売を今か今かと待っていたあの頃以来です。
早く続きが読みたくて、発売を心待ちにする気持ちはBBAになってもいくつになっても変わらないってことね。
こちらの漫画は発売ではなく毎週配信されるのですが、何と無料!
こんなに面白い漫画をタダで読ませてもらって申し訳なく思うほどです。
この漫画、単行本にならないかなぁ。なったら絶対に買わせていただきます。

・・・さて

もしもわが子が進路の決断を迫られる時期に「将来は声優になる!」などと宣言したらどうしますか?

  1. 黙って背中を押すのか
  2. 全力で反対するのか
  3. わが子の意思を尊重して応援するのか

恐らく大多数の親御さんは「2」を選ぶことでしょう。

そらそうよ。

大学まで行かせたのに食える保証がない職業に就こうとするなんて・・・と思うのは自然な感情だと思います。
大学までの教育費を回収しようなんて考えちゃいませんし、ましてや教育費をうんとかけて社会的地位の高い職業に就かせようなんて考えちゃいません。
もっとも毒親だったらステータスマンセーな上に回収する気マンマンだろうけど。
言ってみれば教育費ってわが子に少しでも順風満帆な道を歩ませるための先行投資だと思うのです。
わが子に険しい道を歩かせたくないと思うのは当然ですから。
しかし、「娘は声優になるそうです」(以下:本作)の作者・秋野さと様は「3」を選びました。
食える保証がない上に日の目を見ないまま廃業してしまう人は数知れず・・・そんな厳しい声優の世界に飛び込んだお嬢さんを応援するという選択をされたのです。
お嬢さんの進路を後押しする背景には秋野さと様ご自身の過去がありました。

決して恵まれたとは言い難い家庭環境
孤独な少女時代
漫画家デビューを喜んでもらえなかった悲しみ
漫画家を挫折せざるをえない事情

お嬢さんには夢を諦めさせたくないという想いが声優への道を後押しするきっかけになったと本作で述懐しておられました。

子どもの人生は子どものもの
わかっちゃいるけど険しい道は歩ませたくない
子どもの未来は子どもが切り開くもの
わかっちゃいるけど、心配せずにはいられない

秋野さと様に母の覚悟を見た気がしました。

「娘は声優になるそうです」、是非ご一読下さい。

0

bookmark_border落書き遊びについてのお話

我が家では、お絵かき用の紙は使い放題にしています。
以前は、100均で画用紙三冊セットなんかを買ってはストックしていましたが、今は使わなくなったペーパーのコピーやカレンダーの裏紙をお絵かき用や文字のお稽古用の紙として再利用。
娘が赤ちゃんの頃にはベビーコロールというクレヨンを自由に使わせていました。
赤ちゃんのちっちゃい手でも握りやすいデザインになっている上に口に入れても大丈夫というまさに赤ちゃんのためのクレヨンで、壁や床に落書きしても雑巾で簡単にふき取れるというスグレモノ。
そらもう、我が家の白い壁やら家具やらにいろいろと書きまくってくれました(笑
でも雑巾で簡単にふき取れるので、気にしない~♪ご自由にどうぞ~♪状態。
こうして赤ちゃんのころに目いっぱいいろんな場所に書きまくって気が済んだのか、2歳~3歳頃には絵本や壁には全く落書きしませんでした。
その頃から画用紙を使い放題にしていたのもありますが。
そうそう、2歳の頃には幼児教室でよく使っていたこともあり、フレーベル館の『たふっこ』を買い与えましたが、あれほどよく使っていた割には「赤」「黒」「青」以外は3年を過ぎた今も現役という・・・。
もともと教育機関用なので、バラ売りしてないんですよね。残念!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

プリヴェAG はじめてのクレヨンに「ベビーコロール」6color(ベーシック/スウィート)●2000円で送料無料【楽ギフ_包装】【あす楽】
価格:842円(税込、送料別) (2016/10/9時点)

5歳になった今は、もっぱらクーピーと鉛筆がメイン。
お受験をされる方はクーピーは必須ですよ!

・・・で

時々、娘と落書き遊びをしますが、後半からは何故か「お絵かきリクエスト」状態になるんですよね。とほほ。

お後がよろしいようで。

0